Event is FINISHED

【無料】地域産業を支える「地域デザインセンター」を構想する ~地域のひと、もの、ことをつなぐ~

Description

東京ミッドタウン・デザインハブ 第56回企画展

地域×デザイン -まちを編みなおす20のプロジェクト-


※一部のみの参加も可能です。


【プログラム】

【第1部】

3月4日(金)13:00~13:45

テーマ
 地域が動き出すプロジェクトデザイン 〜自走する成果づくりの実践〜

出演者
 木下富美子(株式会社博報堂 ブランドデザイン/北海道江差町顧問「内閣府地方創生人材支援制度による派遣」)

地域の課題はそれぞれ、関係者の視点によっても様々です。
何が解決すべき課題なのか?
その見極めと、その解決に必要な関係者を一つのチームにし、それぞれが各々のメリット(モチベーション)で動き出すようにすること。これが、地方創生につながる持続的なプロジェクトマネジメントの要諦だと考えます。
いくつかの実践例を交えながら、「地域が動き出すプロジェクトデザイン」について皆さんとご一緒に考えていきたいと思います。

・沖縄離島ガイドプロジェクト「おくなわ」
・栃木県宇都宮市都市ブランドプロジェクト
・兵庫県豊岡市移住定住戦略「TOYOOCOM(トヨオカム)!」
・日本初、地方移住希望者価値観分析〜7つのタイプ ほか


【第2部】

3月4日(金)14:00~16:00

テーマ
 地域産業を支える「地域デザインセンター」を構想する ~地域のひと、もの、ことをつなぐ~
 ・有田焼創業400年事業から、新しい地域産業支援のかたち(仮)
 ・山形エクセレントデザイン 地域デザインプロモーションの次世代に向けた動き(仮)

出演者
 浜野貴晴(佐賀県窯業技術センター 特別研究員)
 月本久美子(山形県工業技術センター

みなさんは各都道府県に地元企業の技術相談やデザインサポートに応じてくれる機関があることをご存知ですか?

産業技術センターやデザイン支援センターなどの機関では、技術者やコーディネーターが地域の産業をバックアップしています。これまでは技術支援がメイン業務というケースが多かったのですが、これから地域を支えるデザインセンターになるためにはどのような機能が必要でしょうか?

地域の人、もの、ことをつなげている事例を講演いただき、新しいデザインセンターの役割について考えます。対象は全国の自治体のデザイン担当者を想定していますが、一般の方もご参加いただけます。


【第3部】

3月4日(金)16:10~17:00

テーマ
 地域をデザインするワークショップ

出演者
 日高 正人(パシフィックコンサルタンツ株式会社 事業マネジメント本部 地域マネジメント戦略部 部長)
東日本大震災後、被災地の県や市町村に、PMC(プロジェクトマネジメントコンサルタント)というわが国初の事業支援スキームを提唱し地域の復興や再生を実施。現在、全国各地で、地域の将来のため、再生可能エネルギーの活用を軸に、新たな地域事業や農業、商業、福祉、観光などの地域再生や地域活性化に関するエネルギーマネジメント、インフラマネジメント、ウェルネスマネジメントを初めとする総合マネジメント支援や事業調整を行っている。
また、地域経営、地方創生を初めとする各種委員会の委員や部会長も務めるほか、各地で講演、講師を務め、TV、新聞、雑誌等でコメンテータとして多数出演。
【主な出演番組】
NHK ニュース深読み
NHK クローズアップ東北
NHK クローズアップ現代
BSフジ プライムニュース
フジ 知りたがり  など

今、地方自治体の多くは、厳しい財政事情と人口問題(少子高齢化、都市部流出)を抱えています。全国の約70%の自治体が、人口5万人未満であり、地域の魅力があるにもかかわらず、人材不足、財政不足などの理由から、再生が進みにくい状況にあります。そのため各地方自治体では、存続のために、具体的・抜本的な対応策をより多く創出することが求められています。
また一方で、膨大な公共資産の老朽化や新たなエネルギーによる社会基盤の転換などもあり、新たな発想によって地域を見直すことが重要です。

そこで今回は、より深刻な課題を抱える自治体や民間企業の方を対象に、地域を一緒にデザインしたいと思います。地域にあるものを発掘し、そこから魅力を引き出すワークショップです。

<形式>
・テーブル毎に2~3自治体(事前に特徴からグループ分けします)
・ファシリテータ 各テーブルに1名(パシフィックコンサルタンツ)
・総合コーディネート 日高正人(パシフィックコンサルタンツ)、勝瀬典雄(兵庫県立大学大学院経営研究科客員教授)

<進行>
・基本説明(地域をデザインすることの意味)15分
・ワークショップ①(地域のあるものを発掘)15分
・ワークショップ②(魅力を引き出す)10~15分
・講釈(魅力を実現するには)10分



会場
 東京ミッドタウン・デザインハブ 
 インターナショナル・デザイン・リエゾンセンター
 東京都港区赤坂9-7-1 ミッドタウン・タワー5F

主催
 東京ミッドタウン・デザインハブ

企画運営
 日本デザイン振興会、事業構想大学院大学

参加費
 無料

定員
 80名(定員になり次第締め切ります)

オフィシャルサイト
 http://www.jidp.or.jp/lds2016/

企画展会期
 2月18日(木)〜 3月6日(日)11:00〜19:00 会期中無休・入場無料


※このイベントは「東京ミッドタウン・デザインハブ 第56回企画展 地域×デザイン -まちを編みなおす20のプロジェクト-」の一プログラムとして開催します。


※本申し込みにより得た情報は、学校法人日本教育研究団ならびに公益財団法人日本デザイン振興会が定めるプライバシーポリシー(http://www.jidp.or.jp/lds2016/privacy.html)に則り、情報の配信に利用させていただきます。なお、管理者は学校法人日本教育研究団となります。
Event Timeline
Updates
  • イベント詳細情報を更新しました。 Diff 2016-02-17 07:03:38
More updates
Fri Mar 4, 2016
1:00 PM - 5:00 PM JST
Add to Calendar
Venue
東京ミッドタウン・デザインハブ
Tickets
これからの地域デザインセンターを考える会議
Venue Address
東京都港区赤坂9-7-1 ミッドタウン・タワー5F Japan
Organizer
地域×デザイン -まちを編みなおす20のプロジェクト-
1,199 Followers