Event is FINISHED

ごみをアートに変えよう〜「綿棒」を使って、形のふしぎを考えるデザインワークショップ

ガラクタはどう姿を変えるのか? NOSIGNER太刀川 英輔氏による、創作型・体感型ワークショップ
Description

目の前にあるものは、発想によってどう形を変えるのか?


ある人にとっては、捨ててしまうような素材も、

ある人にとっては、活かせる素材となる。


7月20日から渋谷・ユーロスペースでロードショーされる映画『ヴィック・ムニーズ / ごみアートの奇跡』は、ごみをアートに変えたという、実話のストーリーです。


このワークショップでは、同映画のロードショーを記念し、TEDxTokyo 2013でもスピーカーを務められて話題となった太刀川 英輔さん(NOSIGNER)をお迎えして、「綿棒」を使った形のふしぎを考えるワークショップを開催します。


綿棒を使って、正四面体・正六面体・正八面体・正20面体をつくりながら、それらの形の数学的な理由や、強度の理由を肌で体験するワークショップです。人のチカラ、デザインのチカラによって、そこにある価値はどう変わるのか。ふだんは使い捨てている素材が、美しいアートになる瞬間をぜひ体験ください。


※デザインのセンスや経験は全く問いません。どなたでもお楽しみ頂ける内容です。



<概要>

日時:2013年6月8日(土)13:30〜15:00(開場13:00)

場所:東京ミッドタウン・デザインハブ・リエゾンセンター

http://www.liaison-center.net/?page_id=725

参加費:2,000円(ワークショップ費・材料費込)

※未来を変えるデザイン展は無料でご覧頂けます。

※カード利用明細をもって、領収書とさせていただきます。日本財団が発行する領収書が必要な方は、お手数ですがイベント名を明記の上、以下までお問合わせ先までご相談ください。

csr@ps.nippon-foundation.or.jp

ワークショップ講師:

太刀川 英輔(NOSIGNER 代表)

主催:日本財団・未来を変えるデザイン展



<講師プロフィール>


太刀川 英輔(NOSIGNER)

社会に機能するデザインの創出と、デザイン発想を体系化し普及させることを目標として活動するデザイン事務所、NOSIGNER代表。平面/立体/空間を横断するデザインを得意とし、新領域の商品開発やコンセプトの設計、ブランディングを数多く手掛け、数多くの国際賞を受賞。経済活動としてのデザインのみならず、科学技術、地場産業、新興国支援など、ソーシャルデザインの活動を続けている。

http://nosigner.com



<映画紹介>


ドキュメンタリー映画『ヴィック
・ムニーズ / ごみアートの奇跡』

http://gomiart.net/

30以上の賞を受賞!世界中が感動した現実を動かした真実のストーリー。

有名な現代芸術家であるヴィック・ムニーズが活動拠点ニューヨークのブロンクスから故郷ブラジル、リオ・デ・ジャネイロ郊外にある世界最大のごみ処理場「ジャウジン・グラマーショ」へと旅をする。

そこで彼は、“カタドール”といわれるリサイクル可能な素材を拾い集める人々のポートレイトを写真におさめていく。そしてごみ山で集めたガラクタで、カタドールたちの巨大ポートレイトのモザイク画を制作していく…。

一瞬でも彼らを別の世界に連れ出すことが出来れば、彼らの人生を変えることができるのではないか?ムニーズは、制作した作品を世界的に有名なオークションで販売し、そのお金をカタドールに全額寄付して次々と人生を変えていくが…。アートが現実社会を変える、人を変えていく壮大な試みが、今、明らかになる。

Event Timeline
Sat Jun 8, 2013
1:30 PM - 3:00 PM JST
Add to Calendar
Venue
東京ミッドタウン・デザインハブ・リエゾンセンター
Tickets
ワークショップ参加費(材料費込) ¥2,000

On sale until Jun 8, 2013, 1:00:00 PM

Venue Address
東京都港区赤坂9-7-1 ミッドタウン・タワー5F Japan
Organizer
日本財団 未来を変えるデザイン展(CSR企画推進チーム)
69 Followers