Event is FINISHED

アフリカの動物保護区でキャンプをしてみた ~象のUNKOとチョークアーティストによるアフリカ報告会~

Description
象のUNKOが紙になることを知っていますか?

日本で唯一!?の象糞紙を作っている中村亜矢子さんと、チョークアートのCHIEさんが去年末に行ってきたアフリカのボツワナでのキャンプ。
そこでは日本では決して味わえない、自然、動物、空気、UNKOがありました。
そんな貴重な写真とお話をする報告会を開催します!

合わせて、報告会の週には蔵前4273の店先をお借りして、チョークアートのCHIEさん、お二人共に親交があり今回のイベントの企画でもある縁縁Creative Baseの動物墨絵師の佐藤周作の作品展も開催します!
作品はもちろん、象のUNKOの紙に描いています。
物販も少しご用意予定です^^

とても遠いイメージのアフリカですが、行ってみてわかったこと、そして日本にいるからこそ伝えたい事、ぜひ聞きに、見に来てください!

◆開催日時◆
2016年1月30日(土)
19:00~21:00

◆料金◆
[報告会]
3,000縁(1ドリンク+軽食付き)
※追加のドリンクはキャッシュで頼めます。

◆場所◆
蔵前4273カフェ
東京都台東区蔵前4-27-3
070-6511-4273
https://www.facebook.com/kuramae4273/

◆企画◆
縁縁Creative Base

◆プロフィール◆
象のUNKOペーパー作家
中村亜矢子
「象を殺さないと獲れない象牙より、象が生きている証の象のUNKOの方が価値があるに決まっている!!」を合言葉に、象のUNKOペーパーを使ったアート展開催したり独自の切り口から、象牙の為の密猟で15分に一頭殺されているアフリカゾウの現状などを知らせ、環境活動を行っている。
https://www.facebook.com/zounounko.deppa/

CHIE
今年の1月1日より、華々しく住所不定無職デビューを果たした野人女。
オイルパステルチョークでウェディングボードを描いたり、何店舗かのメニューボードを彩る。
あやこさんの作るゾウのウンコ紙と相性抜群。
アフリカカラハリ砂漠でのキャンプや、アメリカ西海岸でバス8時間待ちぼうけ、北アルプス縦断、槍ヶ岳・西穂高岳診療所での就労を経て、現在は南米を放浪し、エルニーニョ現象を止めるべく冒険家として活躍中。
Event Timeline
Sat Jan 30, 2016
7:00 PM - 9:00 PM JST
Add to Calendar
Venue
蔵前4273
Tickets
当日会場にて現金支払い3,000円
Venue Address
東京都台東区蔵前4-27-3 Japan
Organizer
縁縁Creative Base
13 Followers