Event is FINISHED

【2/29(月)】ビートたけし・西島秀俊らが主演の映画『女が眠る時』公開記念 ウェイン・ワン監督トークショーを代官山 蔦屋書店 Anjin にて開催

Description

2013年に初めて日本で開催された国際的な文芸フェスティバル「東京国際文芸フェスティバル(文芸フェス)」。今年も3回目となる文芸フェスが3月2日から3月6日にかけて開催されます。そして、そのプレイベントとして2/27公開の映画『女が眠る時』の監督を務めたウェイン・ワンのトークショーを行います。


日時:2月29日(月)開場:19時00分 開演:19時30分
会場:Anjin(東京都渋谷区猿楽町17-5 代官山蔦屋書店 2号館 2F)
主催:BACH http://www.bach-inc.com/top.html


『スモーク』や『ブルー・イン・ザ・フェイス』などで知られる映画監督のウェイン・ワンが、スペイン人作家ハビエル・マリアスの短編小説『女が眠る時』を映像化。主演にビートたけし、西島秀俊など、豪華なキャストを迎えたこの作品世界や文学との関わりについて、監督自身と翻訳家・鴻巣友季子が語ります。


■ 出演

ウェイン・ワン(映画監督)
鴻巣友季子(翻訳家)

・ファシリテーター
幅允孝(ブックディレクター)


■ イベントの予約方法
本イベントは無料ですが、事前のお申し込みが必要です。
当日は1ドリンク(1000円)のご注文をお願いしております。

・参加者多数の場合、立ち見となる可能性がございます。
・また、お席によっては壇上が見切れてしまう場合がございます。
・未就学児童のイベント参加はご遠慮いただいておりますので、ご承知くださいますようお願いいたします。


■ 出演者プロフィール

ウェイン・ワン(映画監督)

1949年、香港に生まれる。
高校を卒業した18歳でアメリカ・カリフォルニアに移住。オークランドのカリフォルニア美術工芸大学で映画制作を学ぶ。
処女作は、75年、リック・シュミットと共同監督した卒業制作の「A Man, A Woman, a Killer」。
サンフランシスコの中国系タクシー運転手をテーマにし、低予算で制作した監督第2作「Chan is Missing」 (82)がニューヨークの批評家に絶賛される。その後、映画『ジョイ・ラック・クラブ』(93)で映画ファンの注目を 集め、『スモーク』(95)がベルリン国際映画祭銀熊賞に輝いた。
他に代表作品はマドンナ出演の『ブルー・イン・ザ・フェイス』(95)、ジェレミー・アイアンズとコン・リー共演の『チャイニーズ・ボックス』(97)、『赤い部屋の恋人』(01)、ジェニファー・ロペス主演のハリウッドスタイルのロマンティック・コメディ『メイド・イン・マンハッタン』(02)などで、数多くの作品を世に出している。『千年の祈り』(07)でサン・セバスチャン国際映画祭金貝賞(最優秀作品賞)を受賞。


鴻巣 友季子(翻訳家)

J・М・クッツェーやマーガレット・アトウッド、アンドリュー・ミラー、アリス・マクダーモットなど英語圏の現代作家の作品を翻訳、紹介すると同時に、ゼロ年代からは古典文学の新訳にも力を注いでいる。
また、翻訳のあり方や方法論に関する評論を続けている。
文学とワインを論じ合わせ、両者に通底する本質を考察する異色のワイン文学論「カーヴの隅の本棚」を「文學界」に足かけ9年、103回に亘って連載。
国内外の文芸評論も行う。朝日新聞書評委員(2007年~2011年)、毎日新聞書評委員(2011年~現在)。
週刊朝日および週刊ポスト書評委員、週刊新潮定期寄稿者。NHKラジオ第1「すっぴん!」内「新刊コンシェルジュ」担当。

主な訳書

クッツェー「恥辱」(ハヤカワepi文庫)、「エリザベス・コステロ」「遅い男」(以上、早川書房)、アトウッド「昏き目の暗殺者」(早川書房)、「ペネロピアド」(角川書店)、ミラー「器用な痛み」(白水社)、ブロンテ「嵐が丘」、ミッチェル「風と共に去りぬ」(1〜5巻)(以上、新潮文庫)、ウルフ「灯台へ」(河出書房新社 世界文学全集Ⅱ-1)

主な著書

「カーヴの隅の本棚」(文藝春秋)、「熟成する物語たち」(新潮社)、「明治大正 翻訳ワンダーランド」(新潮新書)、「本の森、翻訳の泉」(作品社)、「翻訳問答」「翻訳問答2 創作のヒミツ」(左右社)(片岡義男との対談集 左右社)、「全身翻訳家」(ちくま文庫)、「翻訳教室 はじめの一歩」(ちくまプリマー新書)、「孕むことば」(中公文庫)、「翻訳のココロ」(ポプラ文庫)


幅 允孝(はば よしたか)

1976年愛知県津島市生まれ。有限会社BACH(バッハ)代表。ブックディレクター。未知なる本を手にしてもらう機会をつくるため、本屋と異業種を結びつけたり、病院や企業ライブラリーの制作をしている。代表的な場所として、国立新美術館『SOUVENIR FROM TOKYO』や『Brooklyn Parlor』、伊勢丹新宿店『ビューティアポセカリー』、『CIBONE』、『la kagu』など。その活動範囲は本の居場所と共に多岐にわたり、編集、執筆も手掛けている。著書に『本なんて読まなくたっていいのだけれど、』、『幅書店の88冊』、『つかう本』。『本の声を聴け ブックディレクター幅允孝の仕事』(著・高瀬毅/文藝春秋)も刊行中。愛知県立芸術大学非常勤講師。www.bach-inc.com





Event Timeline
Updates
  • タイトル は 【2/29(月)】ビートたけし・西島秀俊らが主演の映画『女が眠る時』公開記念 ウェイン・ワン監督トークショーを代官山 蔦屋書店 Anjin にて開催 に変更されました。 Diff 2016-02-27 04:43:35
More updates
Mon Feb 29, 2016
7:30 PM - 9:30 PM JST
Add to Calendar
Venue
Anjin
Tickets
イベントチケット
Venue Address
東京都渋谷区猿楽町17-5 代官山 蔦屋書店 2号館 2F Japan
Organizer
BACH
166 Followers