Event is FINISHED

酒井順子×尾畑留美子×田中雅子 「私たちが佐渡に惹かれる理由について」

Description

佐渡や日本海側を愛するエッセイスト・酒井順子さん。

佐渡にUターンし、昔ながらの酒造りに新たな風を吹き込む酒蔵の専務・尾畑留美子さん。

佐渡に縁もゆかりもないスタートから、いまや日々佐渡のPRを行っている広報担当者・田中雅子さん。


ほぼ同世代で、バブル期には東京で大学生~会社員生活をどっぷりと送っていた女性3人が、日本最大(沖縄本島除く)の離島・佐渡の魅力をそれぞれの立場から語りつつ、地方が持つ可能性や今新たに始まりつつある地方との関わり方・働き方などを紹介していただくイベントをB&Bで開催します。


国が声高に「地方創生」という掛け声をかけ始め、若者やリタイア世代の興味関心も地方に向き始めている中で、現実はどうなのか、ざっくばらんに語り合っていただきます。


どうぞお楽しみに!


【出演者プロフィール】

酒井順子

エッセイスト。昭和41年生まれ。立教大学観光学部卒。高校在学中から雑誌『オリーブ』にコラムを執筆する。 2004年『負け犬の遠吠え』(講談社)で講談社エッセイ賞、婦人公論文芸賞を受賞。2015年刊の「裏が、幸せ。」(小学館)では、佐渡を含む“裏日本”の知られざる魅力を紹介しつつ、「一周遅れのトップランナー」としての日本海側の可能性に迫る。


尾畑留美子

尾畑酒造専務、5代目蔵元。昭和40年、佐渡島の旧真野町(現佐渡市)で尾畑酒造の次女として生まれる。

佐渡高、慶応大法卒。日本ヘラルド映画(当時)に入社し宣伝プロデューサーとして「氷の微笑」「レオン」

などを手掛ける。平成7年、酒蔵を継ぐため佐渡島に戻った。

きき酒マイスター、日本酒造組合中央会需要開発委員。他、農水省、総務省などの委員をつとめる。

尾畑酒造は明治25(1892)年の創業で、主力製品は地酒の「真野鶴」。


田中雅子

PRプラナー。昭和42年生まれ。新宿区の生まれ育ちで、都立新宿高校、早稲田大学教育学部卒。

博報堂に入社後、PR専門職として大手自動車会社や化粧品メーカー、飲料メーカーなどを20年間担当。

退社後、平成26(2014)年から佐渡市広報戦略官(非常勤職員)として佐渡のPRに携わっている。


【日時】
2016年2月27日(土)
15:00~17:00 (14:30開場)

【場所】
本屋B&B
世田谷区北沢2-12-4 第2マツヤビル2F

【入場料】
1500yen+500yen/1drink




Event Timeline
Sat Feb 27, 2016
3:00 PM - 5:00 PM JST
Add to Calendar
Venue
B&B
Tickets
前売/席確保(1500+500yen 1drink) ¥2,000
Venue Address
東京都世田谷区北沢2-12-4 2F Japan
Directions
下北沢駅南口徒歩30秒
Organizer
本屋B&B
10,541 Followers