Event is FINISHED

金井真紀×ドリアン助川 「新宿は今も昔も文学の街なのか?」 『酒場學校の日々 フムフム・ぐびぐび・たまに文 學』(皓星社)刊行記念

Description

 19656月、詩人の草野心平は新宿御苑に「酒場學校」を開く。昭和の詩人、作家、画家、有名無名の酔客たちが夜な夜な酒を酌み交わし、歌い、議論し、ときに喧嘩になった。心平の死後、新宿ゴールデン街に場所を移して「酒場學校」の灯を守り続けたのが禮子ママ、83歳。だが、201310月、惜しまれつつ閉校する。

 金井真紀は、酒場學校の最後の5年を客として、禮子ママの代役として、見守った。そこへ客として通ったのがドリアン助川。酒場にいくと、生きているひとにも既に死んでいるひとにも会える。宝物のような言葉や風景が落ちているが、それらはすぐに消えてしまう。くだらないことをたくさん、大事なことをすこし、学ぶ。酒場は人生の學校なのだ。

今宵、酒場で学んだことを大いに語り合う!

【出演】

金井真紀(うずまき堂代表、ライター、イラストレーター、放送作家、書籍編集、酒場のママ)

ドリアン助川(作家、詩人、ミュージシャン)


【日時】
2015年2月20日(土)
19:00〜21:00 (18:30開場)

【場所】
本屋B&B
世田谷区北沢2-12-4 第2マツヤビル2F

【入場料】
1500yen+500yen/1drink



Event Timeline
Sat Feb 20, 2016
7:00 PM - 9:00 PM JST
Add to Calendar
Venue
B&B
Tickets
前売/席確保(1500+500yen 1drink) ¥2,000
Venue Address
東京都世田谷区北沢2-12-4 2F Japan
Directions
下北沢駅南口徒歩30秒
Organizer
本屋B&B
10,551 Followers