Event is FINISHED

B to H Architecture - 人と建物を繋げる建築デザイン

Description

コンピュテーショナルデザイン、デジタルファブリケーションのケーススタディプロジェクトとコンセプチュアルデザインを紹介するSCフェア展示連動レクチャー。

コンピュテーショナルデザインとデジタルファブリケーションに取り組む2名の建築家が、現代における建築デザインと、そのテクノロジーの発達によって可能となる未来についてを、模型とケーススタディを交えながら語ります。

テーマは、B to H Architecture” 。(BBuilding/Business, HHumanbeingsの意

BtoB, BtoC といった既存のカテゴリーではなく、人間のライフスタイルに直接語りかける商業建築を考えるシンボリックなイメージとして、このテーマを掲げました。

現在さまざまな分野におけるテクノロジーのかつてない発達が、人々の消費行動は確実に変化し始めています。

それは建築デザインの世界においても同様で、コンピュテーショナルデザイン、デジタルファブリケーションといったテクノロジー進化は、建築デザインにおける既存の制約を取り除きつつあります。そのような状況の中、建築デザインにおけるテクノロジーの発達がもたらすものとはなんなのでしょうか。


私たちは、資本主義のツールと化してしまった建築デザインを、再び人々が希求する、リアルが尊重されライフスタイルへと取り戻してくれるKEYが、テクノロジーの発達の中にあると考えています。


(今回私たちの掲げるB to H Architecture は、そのひとつの具体例です。)


講演者は、ノンスケール株式会社所属建築家森信真樹とインド、ニューデリーの建築デザイン事務所・rat[LAB] 代表のSushant Verma


コロンビア大学大学院で、アルゴリズム建築を専攻し、エクセレンス イン デザインアワードを受賞し、2015年、トライアンフパビリオン国際デザインコンペで最優秀賞を獲得した森信真樹と、インドで生まれ、ロンドンAAスクールでコンピュテーショナルデザインを専攻し、今をときめくザハハディドの事務所に勤め、現在はニューデリーでrat[LAB] を共同主催する若きインドのホープ、Sushant Verma の2によるジョイントレクチャーを通し、最先端の建築デザインとその未来を一緒に考えてみませんか


※レクチャーで使用するプロジェクトは下記の通りです。

1.2015年トライアンフパビリオン国際デザインコンペ優秀案

  (デジタルファブリケーションの実例)

2.郊外都市のショッピングモールデザイン(コンピュテーショナルデザインの応用実例)

3.商業施設の新しいプラットフォーム(コンピュテーショナルデザインを応用したコンセプト提案)


◆開催日時:123日(土) 14:00~(開場13:30~)

開催場所:渋谷 FabCafe Tokyo

◆スケジュール

開場 1330 ~

レクチャー&質疑応答 1400 ~ 1600

懇親会 1600 ~ 17:00

ノンスケール株式会社 www.nonscale.com

rat[LAB] www.rat-lab.org/

◆レクチャー紹介:  http://www.nonscale.com/ja/news-archive/#post-1796

Event Timeline
Updates
  • イベント詳細情報を更新しました。 Diff 2016-01-15 05:27:15
Sat Jan 23, 2016
2:00 PM - 5:00 PM JST
Add to Calendar
Venue
渋谷FabCafe
Tickets
参加無料
Venue Address
東京都渋谷区道玄坂1-22-7 道玄坂ピア1F Japan
Organizer
ノンスケール株式会社
22 Followers