Event is FINISHED

真魚八重子×渡邉大輔「日本映画は再起動するか——「ポストシネマ」時代の邦画地図」 @yaeko_mana @diesuke_w

Description
  • 当日券は3100円 (1ドリンク付き)です。ゲンロン友の会会員証または学生証のご提示で2600円になります。
  • お席はチケット購入順ではなく、当日ご来場になった方から順にご案内致します。開場は開演1時間前の18時となります。
  • 友の会会員限定指定席にはキャッシュバックはありません。複数席を予約される場合は、お連れの方が友の会会員でなくても結構です。


【イベント概要】

長らく「冬の時代」と言われてきた20世紀末を抜けて、「邦画バブル」と呼ばれて久しい昨今。テレビ局映画、若手インディペンデント映画、新世代ドキュメンタリー、そして新たな批評の書き手や媒体の登場……確かに、ゼロ年代以降の流動化・多元化した映画をめぐる状況(ポストシネマ?)の中で、これまでにない「邦画」の姿がはっきりと現れつつあるように見える。日本映画はいま、ほんとうに面白くなっているのか? これからどこに向かっていくのか?

『キネマ旬報』『映画秘宝』はじめ各種媒体で活躍し、初の著書『映画系女子がゆく!』では多くの映画ファンの心を掴んだ真魚八重子と、2016年1月より『ゲンロン観光通信』に「ポスト・シネマ・クリティーク」を連載中の渡邉大輔。

出自の異なる書き手ふたりが、共通して熱い注目を送る白石晃士監督作品を中心に、「Jホラー」以降の現代日本映画をめぐってトーク。2010年代も折り返し地点を迎えたいま、近年の邦画の情勢を概観し、未来への見取り図を引き直す!


【登壇者より】

今、日本は先進国とは思えぬほど、経済面も含めて何かが欠けている。その欠落は、まっさきに生活において余剰の部分にしわ寄せとなって現れる。その身近な例が映画だ。「人気漫画の映画化ならファンが来るだろう」「女の客を呼ぶためにはわかりやすい恋愛映画にしとけ」といった安直さ。そのうえカメラの低価格化で他の技術面は置いてきぼりにした、インディペンデントの映画がわんさか作られる。「何を撮りたい」ではなく「何か撮りたい」という、志だけが先走った作品の数々。そして意味不明なご当地映画や、テレビドキュメンタリー番組を有料で上映する映画館。

玉石混交の石が9割を占める中から、1割の玉を見出すには、人生はあまりに短すぎる。そんな精神状態で語るのは無謀な気もするが、そこまで追い詰められたことを語るのは、意義があるかもしれない。そして、映画について書きたい人々がネットに溢れるいま、自分自身の存在意義を再確認する価値も――喋りは下手ですが。(真魚八重子)


【登壇者プロフィール】

真魚八重子(まな・やえこ)

愛知県生まれ。映写技師や派遣社員を経て、現在は映画著述業。映画秘宝』や朝日新聞映画欄、ハニカム他で執筆中。共著に日本映画は生きている 監督と俳優の美学(岩波書店)、江戸川乱歩映像読本厭な映画(洋泉社)ほか。初の著書映画系女子がゆく!(青弓社)も好評発売中。


渡邉大輔(わたなべ・だいすけ)

1982年生まれ。映画史研究者・批評家。専攻は日本映画史・映像文化論・メディア論。現在、跡見学園女子大学文学部助教、日本大学藝術学部非常勤講師。2005年、東浩紀主宰のメールマガジン『波状言論』でデビュー。以後、映画評論、映像メディア論を中心に、文芸評論、ミステリ評論などの分野で批評活動を展開。著作に『イメージの進行形』(人文書院)、共著に『日本映画の誕生』(森話社)『見えない殺人カード』(講談社)『ソーシャル・ドキュメンタリー』(フィルムアート社)『アジア映画で<世界>を見る』(作品社)など多数。2016年1月より『ゲンロン観光通信』にて「ポスト・シネマ・クリティーク」を連載中。


【注意事項】

  • チケットキャンセルの場合の払い戻しは受け付けられません。予めご了承ください。
  • 当日、ゲンロン友の会会員証または学生書提示で500円キャッシュバックいたします(併用不可、学生証は国立公立学校または学校法人が発行したもの)。
  • チケット料金は税込価格です。
  • イベントの録画・録音はご遠慮下さい。
  • 本イベントはインターネットでの動画配信を予定しており、ご来場のお客様の映像が映り込む可能性がございます。予めご了承ください。
  • 未成年の方にはアルコールを提供できません。
  • 18歳未満の方は23時以降の参加はできません。
  • 保護者が同伴しない18歳未満の方は22時以降の参加はできません。
  • 小学生以下のお子様のご入場は保護者の方の同伴が必要となります。
  • 参加者が80名を越えるイベントでは、お席が立ち見になる場合があります。予めご了承ください。


Event Timeline
Updates
  • 会場住所 は 東京都品川区西五反田1-11-9 司ビル6F に変更されました。 Diff 2016-01-29 12:19:55
More updates
Tue Feb 2, 2016
7:00 PM - 9:00 PM JST
Add to Calendar
Venue
Tickets
前売券 1ドリンク付 ※当日、友の会会員証/学生証提示で500円キャッシュバック ¥2,600
友の会会員限定最前列席 前売分 1ドリンク付、共有サイドテーブル・電源あり ※ キャッシュバックはありません ※複数予約される場合はお連れの方が会員でなくても結構です ¥2,600
Venue Address
東京都品川区西五反田1-11-9 司ビル6F Japan
Directions
JR・都営浅草線・東急池上線五反田駅西口から徒歩3分 東急池上線大崎広小路駅から徒歩4分 五反田駅西口を出て左側(池上線寄り)の通りを大崎広小路方面に直進し、橋を渡った先にある「天下一品」「松屋」と同じビルの6Fです。
Organizer
ゲンロンカフェ
4,752 Followers