Event is FINISHED

【グリーンズ共催】3/16(水)green drinks Shinagawa 「バベルの学校」上映会

Description
詳細はこちらからご確認ください↓

▼イベント概要

こんにちは、グリーンズの正太郎です。品川シーズンテラスと協力して開催している「green drinks Shinagawa」。2016年は1-3月まで毎月「映画上映会」です! お仕事帰りにふらっと立ち寄りください◎

【日時】
2016年3月16日(水)
18:30〜21:30
(18:30 開場/受付開始&軽食タイム、19:30から上映会開始予定です)

【上映作品】
「バベルの学校」

【参加費】
2,000円(1ドリンク/軽食付き)

グリーンズ本がセットになったチケットも販売!定価よりも少しだけお得です◎

+『「ほしい未来」は自分の手でつくる』 ¥2,800
+『ソーシャルデザイン』 ¥2,900
+『日本をソーシャルデザインする』 ¥2,900

※事前決済をお願いしています。

【定員】
50名

【参加方法】
Peatixで事前決済をお願いしています

※会場に到着されましたら、「QRコード」をご準備ください
※当日のキャンセルについての返金はありません。
※参加費はNPO法人グリーンズの活動費として、大切に活用させていただきます◎

【会場】
品川シーズンテラス : ホール
東京都港区港南1丁目2番70
<電 車> JR品川駅 港南口(東口)より徒 歩 6 分
<バ ス> 都営バス 芝浦中央公園入口よりすぐ


【スケジュール】
18:30 会場/受付開始&軽食タイム
19:30 上映開始
21:00 交流タイム
21:30 終了

【映画紹介 (cinemoより)】
アイルランド、セネガル、ブラジル、モロッコ、中国…。11歳から15歳の子どもたちが世界中からフランスのパリにある中学校にやって来た。24名の生徒、20の国籍、そして24のストーリー。家庭的な事情でやってきたもの、辛い母国の生活から逃れてきたもの、亡命を求めてやってきたもの、または単によりよい生活を求めて移民して来たものなど理由は様々。

フランスに来たばかりの彼らが入ったのは適用クラス。このクラスでフランス語を学び、話せるようになるための集中トレーニングを受け、やがては通常のクラスに移るために、他の教科も学んでいく。

国籍も宗教もフランスに来た理由も違う子どもたちの中には時に大声で口論し、泣き、自暴自棄になる子も。ブリジット・セルヴォニ先生は、そんな子どもたちを驚くほどの辛抱強さで見守り、なだめ、そして導いていく。

国籍も宗教も家庭のバックグラウンドも違う十代の生徒たちが、異国の地フランスで、言葉もままならないなか葛藤を抱えて新生活を初め、時にぶつかりながらも様々な壁を乗り越えて友情を育んでいく。そんな彼らの姿は私たちに未来への希望を見せてくれる。

ジュリー・ベルトゥチェリ監督作品(『パパの木』、『やさしい嘘』(カンヌ映画祭批評家週間賞))。

<予告編>



Event Timeline
Wed Mar 16, 2016
6:30 PM - 9:30 PM JST
Add to Calendar
Venue
Tickets
参加費(1ドリンク/軽食付き) ¥2,000
『「ほしい未来」は自分の手でつくる』セット ¥2,800
Venue Address
東京都港区港南1-2-70 Japan
Directions
JR品川駅 港南口(東口)より徒歩 6 分
Organizer
NPO法人グリーンズ / greenz.jp
3,828 Followers