Event is FINISHED

赤阪友昭✕小島ケイタニーラブ「フォースの実践 〜祈りの形とその力 〜月を巡る旅のお話 vol.09」

Description

月や天体を道しるべに森羅万象の世界を知っていくプロジェクトとして、写真家の赤阪友昭さんとミュージシャンの小島ケイタニーラブさんをお招きし、隔月で開催しているお話会。

これまでに山形の月山に始まり、島根(出雲)の星の神様、京都の祇園祭など、人間と自然、信仰との関わりを、赤阪さんの写真やお話や小島さんの歌でお届けしてきました。

9回目の今回は、「祈り」がテーマです。
以下、お話の導入です。
初めてのご参加でも聴きやすいお話ですので、どうぞお誘い合わせの上お気軽にご参加ください。


ここ2ヶ月の間に二つのフィールドワークの旅をしました。ひとつは、11月に島根県松 江市の佐太神社で行われた神等去出神事。旧暦10月に出雲に集う神々を祀る神在祭のク ロージングであるこの神事は、陰陽五行思想に沿ってみれば陰の極から陽の季節への転換 を司る大切な儀礼となります。そして、ふたつめは12月に宮崎県西都市の銀鏡神社で執 り行われた銀鏡神楽です。イノシシの生首を奉納し、星の神々の降臨を請う舞が一晩中徹 夜で続きます。今回は、この二つのフィールドワークから見えてきた「祈りの形と力」に ついてお話をしてみたいと思います。それはまるであの <フォース> の実践の場と云っ てもいいかもしれません。


祈りは、ある意味で呪術です。その形式あるいは技を極めながらも心の純粋性を保つこと ではじめて成立するものだと言えるでしょう。人間ですから、いろんな心を持っていま す。畏れや慢心は常のことです。それでも、ある一瞬、究極の自分に集中することで自ら の中に存在する宇宙と繋がることもあります。この二つの祭祀儀礼に関わる人々にとって 最も大切なことは、宇宙と繋がることでこの星に生きるあらゆる命を調和に導くこと、そ れだけです。そのためにはあらゆる謀(はかりごと)を手放して、究極の純粋性の中で行 う必要があります。そこでは、<フォース> が実践されているのです。日本には <祈り > という形式において究極の純粋性が未だ存在しています。今回の旅は、そのことを深 く再認識させてくれました。今月のあ。わ。の月ではそんな二つのフィールドワークで見 てきたことを少し詳しく分かち合いたいと考えています。ぜひご参加ください。

銀鏡神楽にちなんだ振る舞い酒をご用意しております。お楽しみに。


【日時】

1月25日(月)

20:00〜22:00(開場19:30)


【入場料

1500yen+500yen/1drink


【場所】

本屋B&B

東京都世田谷区北沢2-12-4 2F






Event Timeline
Mon Jan 25, 2016
8:00 PM - 10:00 PM JST
Add to Calendar
Venue
B&B
Tickets
前売/席確保(1500+500yen 1drink) ¥2,000
Venue Address
東京都世田谷区北沢2-12-4 2F Japan
Directions
下北沢駅南口徒歩30秒
Organizer
本屋B&B
10,565 Followers