Event is FINISHED

2016Fintech最前線 進む金融イノベーションの裏側を聞く

Description

Fintechとは、金融(Finance)と技術(Technology)を合わせた造語です。

古くから言葉自体はありましたが、2014年に本格的に盛り上がり、特に米国ではFintech関連スタートアップへの投資額が大きく伸張しました。2015年も世界的な盛り上がりを見せ、11月までの米国のFinTech関連投資は68億ドル(約8000億円)で前年比1.5倍、アジアでは33億ドル(約4000億円)で前年比5倍の伸びになっているといいます。


注目を集めているFintechについて、アスキーのスタートアップ・ベンチャー応援チーム「大江戸スタートアップ」主催の本セミナーでは、最前線にいる各プレーヤーの現場の声をお届けします。

Fintechの何がスゴイのか、どう面白くなっていくのかを、Fintech研究所を設立したマネーフォワード、国内オンライン証券の草分けであるマネックス証券、さらに起業家とタッグを組んだ革新的なビジネスの立ち上げを目指す三菱UFJの各プレイヤーの視点からお届けいたします。

セミナーではさまざまな質疑応答も含めて、金融・テクノロジー双方について、来場者のみなさんの知見を深められればと思います。金融・IT関連業界の事業者様、Fintech関連動向に興味を持っている方、学生の方もご興味があればぜひお越しください。


登壇者紹介

瀧 俊雄氏(マネーフォワード取締役 兼 Fintech研究所長)

1981年東京都生まれ。 慶應義塾大学経済学部を卒業後、野村證券入社。野村資本市場研究所にて、家計行動、年金制度、金融機関ビジネスモデル等の研究業務に従事。スタンフォード大学経営大学院、野村ホールディングスの企画部門を経て、2012年よりマネーフォワードの設立に参画。

飯田 敦氏(マネックス証券 執行役員 マネックス・ラボ室長)

1999年慶應義塾大学大学院、理工学研究科を卒業後、ソニー株式会社に入社。ブルーレイディスクの開発や、CLIE、VAIOの商品企画を担当。2006年に現マネックスグループに入社、企画室を経て、2008年よりマネックス証券にて、新サービスの企画・開発を担当。2014年7月より執行役員マネックス・ラボ室長(現職)。担当した資産管理ツール「MONEX VISION」が、2010年グッドデザイン賞を受賞。

藤井 達人氏(三菱UFJフィナンシャル・グループ)

大手ITベンダーにて大手金融機関のメインフレーム開発、インターネットバンキングの立上げ、金融機関向けのコンサルティング業務に従事。その後、大手コンサルティング会社を経て三菱東京UFJ銀行のイノベーション事業に参画し、フィンテック導入のオープンイノベーション事業を担当。「BTMU Fintech Challenge 2015」「MUFG Fintechアクセラレータ」「BTMU 銀行APIハッカソン」の設立を主導。


『2016Fintech最前線 進む金融イノベーションの裏側を聞く

●開催概要

■日時:2016年1月27日(水)

    受付開始 18時30分 開演 19時 終了予定 21時30分

※ビル正面玄関の受付は20時までとなりますのでご注意ください。遅れてのご参加の場合は主催者までご連絡をお願いいたします。

■場所:株式会社KADOKAWA KADOKAWA富士見ビル

     東京都千代田区富士見2-13-12

■入場料:2000円(学生500円)

■募集人数:合計50名(予定)

■主催:KADOKAWA


■内容

第一部:各社プレゼンテーション(予定)

マネーフォワードFintech研究所/マネックス証券/三菱UFJフィナンシャル・グループ

第二部:各社トークセッション

 登壇者:

・瀧 俊雄氏(マネーフォワード取締役 兼 Fintech研究所長)
・飯田 敦氏(マネックス証券 執行役員 マネックス・ラボ室長)
・藤井 達人氏(三菱UFJフィナンシャル・グループ)

ほか予定

※セミナー後に交流の時間を用意しています。
※プログラム内容は予定です。都合により変更となる場合があります。


■当日スムーズにご入場いただく為、下記の準備を事前にお願いいたします。

[スマートフォンをお持ちの方]

"PeaTiX"アプリをダウンロードしてください。

アプリ内には入場に必要なチケット(QRコード)がございますのでそちらを入場時にご提示ください。

- iOSアプリはApp Storeにて" peatix "で検索、またはこちらからダウンロード!

- AndroidアプリはGoogle playにて" peatix "で検索、またはこちらからダウンロード!

(共に"PeaTiX for Orgnaizers"ではございませんのでご注意ください。)


[スマートフォンをお持ちでない方もしくはアプリをダウンロードできない方]

購入完了メール内の”ウェブで確認”より表示されるQRコードをご提示、あるいはQRコードが印刷された用紙を入場時にご提示ください。

[携帯電話(フィーチャーフォン)でお申し込みの方]

お支払い時にご登録いただくメールアドレスが携帯電話の場合、迷惑メール防止の為に受信設定をしているとチケットに関するご案内メールを受け取れない場合があります。受信設定をしている場合は、「@peatix.com」からのメールが受け取れるよう設定の上、支払い手続きを行ってください。

---------------------------------------------

■領収書について

Peatixでは領収書の代わりに支払いの証明として利用いただける領収データ(PDF)をダウンロードいただけます。

■チケット受渡方法

チケットご購入後、登録されたメールアドレスにQRコード付Eチケットメールをお届け致しますので、イベント当日、開場受付にてメールの画面をご提示いただくか、またはプリントアウトした用紙をお持ちください。上記でご説明しているPeatixのスマートフォンアプリが便利です。

------------------------------------------

当セミナーについてのお問い合わせは「主催者へ連絡」よりお願いいたします。

-----------------------------------------

ASCII

Event Timeline
Updates
  • イベント詳細情報を更新しました。 Diff 2016-01-23 02:20:51
More updates
Wed Jan 27, 2016
7:00 PM - 9:30 PM JST
Add to Calendar
Venue
Tickets
一般 ¥2,000
学生 ¥500

On sale until Jan 27, 2016, 12:00:00 PM

Venue Address
東京都千代田区富士見2-13-12 Japan
Directions
http://ir.kadokawa.co.jp/company/location.php
Organizer
ASCII(ASCII STARTUP/TECH ASCII/Web Professional)
1,510 Followers