Event is FINISHED

ナフテージ・ジョハール × 鈴木ユキオ、チェイ・チャンケトヤ × 白井剛『Dance Archive Boxes @TPAM2016』/ Navtej Johar × Yukio Suzuki,Chey Chankethya × Tsuyoshi Shirai"Dance Archive Boxes @TPAM2016"

Description

保存ではなく上演を目的としたダンスアーカイブを作家自ら作るというこのプロジェクトは、もともとシンガポールの演出家 オン・ケンセンの提案を受けて、2014年に日本のコンテンポラリーダンスのアーティストと共に始まったものです。このプロジェクトは、議論を重ねアーキビスト(☆)がアーカイブボックスを作成した第一期と、ユーザー(☆☆)となるアジアのアーティス トがアーカイブボックスをもとにするパフォーマンスをシンガポールで上演した第二期から構成されました。ダンスは、瞬時に生成して消滅する、身体の動きを扱います。それ故に、ダンスのアーカイブという問いは、ダンスとその歴史は誰に属するのかとい う所有を巡る問題を投げかけてきます。私はダンス・ドラマトゥルクとしてこの行程に寄り添いましたが、日本でこのプロジェクトを上演するにあたって、過去のダンスの遺産をどう考えるかという問いを、「老いと踊り」というテーマと重ねて、新たに立て 直す必要性を感じました。そこで今回は、東南・南アジアからの若手、中堅アーティストに加え、日本の伝統芸能からも、ボック スを受け取ってパフォーマンスを行うユーザーを招いています。この度のプレゼンテーションは、アーキビストとユーザーのパフ ォーマンス+ダイアローグ、ダンスアーカイブボックスプロジェクトの展示、ダンスのアーカイブと老いを巡るシンポジウムの三部から、構成されます。


☆アーキビストとは、自らの作品をアーカイブし、アーカイブボックスを作った人で、第一期では伊藤千枝、黒田育世、白井 剛、鈴木ユキオ、手塚夏子、矢内原美邦、山下残の七人。 ☆☆ユーザーとは、アーカイブボックスを受け取りパフォーマンスを行った人で、第二期ではラニ・ナイル、パドミニ・チェター 、チェイ・チャンケトヤ、プリティ・アトレーヤ、ヴェヌーリ・ペレラ、マーギー・メドリン、マンディープ・ライキーの七人。


This dance archive project is for having artists archive their own choreography, not for presevation but for presentation, which was conceived and proposed by the Singaporean director Ong Keng Sen and started in 2014 involving Japanese contemporary dance artists. The project consisted of two stages: archivists* had discussions and created their archive boxes in the first stage, and Asian artsits as users** presented performances in response to the archive boxes in Singapore in the second stage. Dance is about physical movements that instantly emerge and disappear, so the notion of dance archive raises a question about ownership: to whom dance and its history belongs. As a dance dramaturg who was involved in this process, I would need to rebuild this question about dance heritage by layering it with the theme of “aging body in dance” in order to present this project in Japanese context. Therefore, in this presentation, in addition to young and mid-career artists from Southeast- and South Asia, we also invite artist of Japanese traditional performing arts as users who shall receive the archive box and respond to it. The presentation shall consist of three parts: performances plus dialogues by archivists and users, exhibition of the dance archive box project, and a symposium entitled the archiving body in dance.


*Archivists archived their own works and created archive boxes. The seven archivists in the first stage were Chie Ito, Ikuyo Kuroda, Tsuyoshi Shirai, Yukio Suzuki, Natsuko Tezuka, Mikuni Yanaihara and Zan Yamachita. **Uses received the archive boxes and responded to them. The seven uses in the second stage were Rani Nair, Padmini Chettur, Chey Chankethya, Preethi Athreya, Venuri Perera, Margie Medlin and Mandeep Raikhy.



ナフテージ・ジョハール

伝統と現代を自由に横断するダンサー、振付家。バーラタナチャム、ヨガ、フィジカルシアターといった複数の身体言語を作品に用いて、階級やジェンダーや文化の問題内におけるエロティシズムのありかを突き止めようとしている。これまでCharles Wallace FellowshipとTimes Of India Fellowshipのフェローの経験があり、現在はベルリン自由大学国際研究センターのインターウィービングパフォーマンスカルチャーズ・フェロー。また、アショカ大学(インド)の教員も務めている。そしてヨガ、ダンスシアター、アーバンアクティビズム、野良動物の保護のためのNPOであるStudio Abhyas(ニューデリー)の創設者・ディレクターである。

Navtej Johar

Navtej Johar is a dancer/choreographer whose work freely traverses between the traditional and the contemporary. Drawing upon plural vocabularies of bharatanatyam, yoga and physical theater, his work seeks to examine the place of eroticism within hierarchies of class, gender, and culture. A recipient of the Charles Wallace and the Times of India Fellowships, he is currently a fellow at the “Interweaving Performance Cultures,” International Research Center, at Freie University, Berlin; is on faculty at the Ashoka University, India; and is the founder-director of Studio Abhyas, New Delhi, a nonprofit organization dedicated to yoga, dance-theater, urban activism and the care of stray animals.


鈴木ユキオ

「YUKIO SUZUKI Projects」代表/振付家・ダンサー。世界40都市を超える地域で活動を展開し、しなやかで繊細に、且つ空間からはみだすような強靭な身体・ダンスは、多くの観客を魅了している。‘08年にトヨタコレオグラフィーアワードにて次代を担う振付家賞(グランプリ)を受賞。’12年フランス・パリ市立劇場Danse Elargieでは10組のファイナリストに選ばれた。

Yukio Suzuki

Choreographer, dancer, and head of “Yukio Suzuki Projects”. Has performed in over 40 cities throughout the world, fascinating audiences with his flexible yet delicate and powerful body and dance style. Winner of the Toyota Choreography Next Generation Choreographer Award in 2008, selected one of ten finalists at the 2012 Danse Ėlargie competition at the Théâtre de la Ville in Paris.


チェイ・チャンケトヤ

5歳からカンボジア古典舞踊の女役を習いはじめる。これまでワールド・ダンス・アライアンス(WDA)のブリスベン、香港、ニューデリーのコレオグラフィック・ラブズにおいて、世界的に有名なコンテンポラリーダンスの振付家たちと作品をつくってきた。また、ヨーロッパ、米国、そしてアジア各地を広くツアーするEmmanuèle Phuon、ピーター・チン、アルコ・レンツなど作品に主要ダンサーとして参加した。彼女自身、カンボジアで屈指の創造力に富む振付家であり、古典舞踊とコンテンポラリーダンスの両方で多くの作品を創作している。2014年には一部アジアン・カルチュラル・カウンシル(ACC)の助成を受け、フルブライト奨学生としてUCLAでダンス・振付の修士号を得た。彼女はドイツの振付家アルコ・レンツがカンボジアのダンサーたちとつくった作品『Crack』において中心的ダンサーを務め、この作品は2012年9月にスイスのチューリヒ・シアター・スペクタクルでZKB Patronage Prizeを受賞した。彼女はまた2013年のモー・オースティン舞台芸術賞の受賞者である。現在はアムリタ・パフォーミング・アーツの芸術監督を務めている。

Chankethya Chey

Chey Chankethya began training in Cambodian classical dance in the female role at the age of five. Kethya has worked under some of the world’s leading contemporary choreographers at World Dance Alliance choreographic labs in Brisbane, Hong Kong and New Delhi and has been a featured dancer in works by Emmanuèle Phuon, Peter Chin, Arco Renz and others which have toured extensively to Europe, the US and throughout Asia. Kethya is one of Cambodia’s most prolific choreographers and has created a large body of work in both classical and contemporary forms. Kethya received her master’s degree in dance/choreography from UCLA as a Fulbright Scholar, supported in part by the Asian Cultural Council in 2014. Kethya was a featured dancer in CRACK – a new work of Cambodian contemporary dance by German choreographer Arco Renz that was awarded the 2012 ZKB Patronage Prize in Zurich Switzerland in September 2012. She is also the Mo Ostin Performing Arts Award winner, 2013. She is an artistic director of Amrita Performing Art.


白井剛

1998年1998年「Study of Live works 発条ト(ばねと)」設立。2006年より新たな活動単位である「AbsT」をベースに、ソロ/振付作品 の他、音楽家や美術家とのコラボレーション等を行う。バニョレ 国際振付賞(2000)、トヨタコレオグラフィーアワード次代を 担う振付家賞(2006)、日本ダンスフォーラム賞(2006、2011)受賞。文化庁メディア芸術祭アート部門審査委員会 推薦作品(2011)選出。07年から、ダムタイプの藤本隆行ら10 人のアーティストによる『true/本当のこと』に参加し、国内外に てツアーを行う。09年『blue Lion』、10年『静物画-still life』を京都で創作初演した。

Tsuyoshi Shirai

Established “Study of Live Works Baneto” in 1998. Since 2006, has created solo and choreography works based on his new unit “AbsT” as well as collaborated with musicians and artists. Bagnolet International Choreography Award (2006), Toyota Choreography Next Generation Choreographer Award (2006), Japan Dance Forum Award (2006 and 2011). Japan Agency for Cultural Affairs Media Art Festival Art Category Review Committee recommendation (2011). Since 2007, has toured in Japan and overseas with true, a performance by Dumb Type’s Fujimoto Takayuki and nine other artists. Createdblue Lion (2009) and still life (2010) in Kyoto.

Event Timeline
Wed Feb 10, 2016
4:00 PM - 6:30 PM JST
Add to Calendar
Venue
Tickets
一般 ¥1,000

On sale until Feb 9, 2016, 11:59:00 PM

Venue Address
神奈川県横浜市中区新港1-1, 1-1, Shinkou, Naka-ku, Yokohama Japan
Directions
みなとみらい線 「馬車道駅」または「日本大通り駅」より徒歩約6分, 6 min walk from Minatomirai Line Bashamichi Station or Nihon-Odori Station
Organizer
TPAM - Performing Arts Meeting in Yokohama
216 Followers