Event is FINISHED

高橋恭司写真私塾「E’cole de Takahashi」 12月19日の写真術勉強会「ダダイズムと写真」の募集を開始。

Description

EDIT LIFE TOKYOでは毎月2回、写真家、高橋恭司の写真私塾「E’cole de Takahashi」を開講しています。

12月19日(土)に開催される「写真術勉強会」の募集を開始しました。
次回のテーマは「ダダイズムと写真」です。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

高橋恭司私塾『E’cole de Takahashi』
写真術勉強会Vol.03:「ダダイズムと写真」
日程:2015年12月19日(土)OPEN 14:30/勉強会 15:00〜17:30/CLOSE 18:00
参加費:¥3,000(当日お支払いください)
定員:15名 *どなたでもご参加いただけます。下記Peatixよりお申し込みください。
会場:EDIT LIFE TOKYO(東京都渋谷区神宮前2-27-6 TEL:03-5413-3841)

*参加費は当日お支払いをお願い致します。

【高橋恭司 写真術勉強会|今後のスケジュール】
第4回目:2016年1月30日(土)15:00開始

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー


募集開始にあたって、前回の講義「ポップアート写真」について振り返ります。

奇しくもパリのテロの1週間後の勉強会になり、途中からテロの話に大きく影響されました。高橋は、芸術の死(ベンヤミン)以降の表現のひとつとして、ポップアートを考えているようです。ポップアートと死ということを伏線に話は始められ、「有名」というウォーホルが提起した問題に重ねるように、無差別テロの話に移っていきます。今回の勉強会にあたって用意されたのは、フランスの思想家ジャン ボードリヤールのテキストです。図版は、ウォーホル、ホッパー、ルシエ、ポルケ、リヒター、カプロー、ハミルトン。コマーシャリズムと表現の曖昧な領域を鋭く嗅ぎわける、批判性の強い作品が勉強会に提示されました。この先、そして現在、ポップアート以降、写真行為、及び表現は、どのようなことになっていくのでしょう。注意深く話は進められました。


写真私塾「E’cole de Takahashi」の講義内容は、写真を読み解くための「写真術勉強会」と、写真を撮るワークショップ「ロードムーヴィ」の2講座。「写真術勉強会」は毎回テーマを掲げて、高橋恭司がどのように写真と向き合っているのかを知ることで、写真をより深く読み解くための技術を学びます。


では、12月19日の講義にてお会いしましょう。





Event Timeline
Sat Dec 19, 2015
3:00 PM - 6:00 PM JST
Add to Calendar
Venue
EDIT LIFE TOKYO
Tickets
12月19日 写真術勉強会「ダダイズムと写真」

On sale until Dec 18, 2015, 6:00:00 PM

Venue Address
東京都渋谷区神宮前2-27-6 RIO神宮前1F Japan
Organizer
EDIT LIFE TOKYO
329 Followers