Event is FINISHED

ヤマザキマリ×とり・みき 「われらが愛する、ルネサンスの職人画家たち ~ボッティチェリ、ラファエロ、レオナルド・・・偉大なる『変人』たちの列伝!~」

Description

ルネサンス期の画家の工房は、実は、現代日本の漫画家の仕事場に酷似していた!?

『プリニウス』(「新潮45」で連載中)ではタッグを組み、常に漫画界に風雲を巻き起こす“最強の二人”、ヤマザキマリと、とり・みきがラカグで熱血トーク!

このイベントは、「芸術新潮」1月号(12月25日売り号)から始まる二人の新連載「リ・アルティジャーニ ルネッサンス画家職人伝」の開始と、『ヤマザキマリの偏愛ルネサンス美術論』(集英社新書)刊行を記念し、開催されます。

ルネサンスとはなにか、そして、そこで活躍していた画家たちとは!? お二人と一緒に振り返ってみませんか。


*当日、会場で書籍、雑誌を買われた方を対象に、ヤマザキさん、とりさんのサイン会を行います。時間の都合上、お一人さまにおけるサイン本の冊数を決めさせていただく場合がございますことをご了承ください。


*******************************

◆プロフィール

ヤマザキマリ

漫画家。1967年東京都出身。1984年に渡伊、フィレンツェの国立アカデミア美術学院に入学し美術史・油絵を専攻。1997年に漫画家としてデビュー。2010年古代ローマを舞台にした漫画「テルマエ・ロマエ」で2010年度漫画大賞受賞、第14回手塚治虫文化賞短編賞受賞、世界8カ国語に翻訳される。著書に『モーレツ!イタリア家族』『ルミとマヤとその周辺』『ジャコモ・フォスカリ』『スティーブ・ジョブズ』など。文筆作品では『ヤマザキマリのリスボン日記』『テルマエ戦記』『望遠ニッポン見聞録』『男性論』など。最新刊に『ヤマザキマリの偏愛ルネサンス美術論』。


とり・みき

漫画家。1958年熊本県生まれ。1979年「少年チャンピオン新人まんが賞」応募作の『ぼくの宇宙人』が佳作第一席に入りデビュー。以後ギャグマンガをメインにしながら、エッセイコミックやシリアスなSF・ホラー物も手がける。1994年『DAI-HONYA』、1998年『SF大将』で星雲賞、1995年『遠くへいきたい』で文春漫画賞を受賞。主な作品に『クルクルくりん』『愛のさかあがり』『石神伝説』『冷食捜査官』等がある。マンガ以外に『とり・みきの映画吹替王』『街角のオジギビト』などの研究書も。劇場版アニメ『WXIII機動警察パトレイバー』では脚本も担当。

ともに現在、「新潮45」で『プリニウス』を連載中!(現在13巻まで発売中)


※購入されたチケットは理由の如何を問わず、取替・変更・キャンセルはできません。ご了承ください。
※開場は開演の30分前になります。

Event Timeline
Updates
  • タイトル は ヤマザキマリ×とり・みき 「われらが愛する、ルネサンスの職人画家たち ~ボッティチェリ、ラファエロ、レオナルド・・・偉大なる『変人』たちの列伝!~」 に変更されました。 Diff 2015-12-17 07:38:52
Sat Jan 16, 2016
5:00 PM - 6:30 PM JST
Add to Calendar
Venue
Tickets
自由席 ¥2,000

On sale until Jan 16, 2016, 2:00:00 PM

Venue Address
東京都新宿区矢来町67 Japan
Organizer
主催:新潮社 共催:ラカグ
4,160 Followers