Event is FINISHED

未来を変えるデザイン展 ストーリーナイト vol.4【Resilience】キリン、HONDA、三菱商事、リバースプロジェクト

復興から未来を変える。企業のイノベーター・イントラプレナーたちの挑戦
Description

山積する社会課題を「企業」は、どう解決してゆくのか?


人口爆発、貧困、環境破壊、エネルギー問題、高齢化社会、コミュニティの崩壊…私たちが直面する社会課題は、あらゆる分野に広がり、現在の生活に影響を与えるだけでなく、次世代への負の遺産になっています。


これらの社会課題に挑み、未来の社会システムをデザインするのはだれか?

社会課題解決の先に広がる新しいマーケットは、誰が構想するのか?


間違いなくその重要なステークホルダーのひとつであるのが「企業」です。


5月16日〜6月11日まで六本木ミッドタウン・デザインハブにて開催されている「未来を変えるデザイン展」は、そんな、企業による“社会課題を解決する取り組み”を紹介する企画展。全19社の取り組みを紹介しています。


このストーリーナイトは、実際に各プロジェクトで活躍されている方々をお招きし、直接その取り組みを聞ける機会。各プロジェクトの概要を聞くとともに、実際に担当者としてプロジェクトにどう取り組んできたのか。どう様々な壁を乗り越えてきたのかを聞く、トークイベントです。企画展内の5つのテーマにあわせて、全5回開催します。



今回(vol.4)のテーマは「復興」

キリンビール株式会社、本田技研工業株式会社、三菱商事株式会社、株式会社リバースプロジェクトの4社から現場で活躍する担当者の方をお招きし(プロフィールは下記参照)復興分野における各社の“未来を変える”取り組み、社会課題解決への挑戦についてお聞きします。


各社のプロジェクトを牽引する担当者が一同に集まる、またとない機会。現場感溢れるトークやメディアでは語れない本音は、きっと、みなさんの“未来を変える”一歩に役立つはずです。当日はゲストスピーカーとの交流・対話の時間も予定しています。企業から社会課題に取り組む、イノベーター/ソーシャル・イントラプレナーとのひと時を、ぜひお楽しみ下さい。


<当日の内容>

・企業における社会課題解決プロジェクトのご紹介(各社プレゼンテーション)

・ゲストスピーカー、参加者同士の交流(ドリンキング&ネットワーキング)

・全ゲストスピーカーによる対話セッション



<概要 >

日時:2013年6月4日(火)19:00〜21:00(開場18:30)

場所:東京ミッドタウン・デザインハブ・リエゾンセンター

参加費:3,000円(アルコール・ソフトドリンク 1ドリンク付)

※未来を変えるデザイン展は無料でご覧頂けます。

※カード利用明細をもって、領収書とさせていただきます。日本財団が発行する領収書が必要な方は、お手数ですがイベント名を明記の上、以下までお問合わせ先までご相談ください。

csr@ps.nippon-foundation.or.jp

主催:日本財団・未来を変えるデザイン展

スピーカー:

古賀 朗(キリンビール株式会社 CSV推進部 キリン絆プロジェクト)

今井 武(本田技研工業株式会社 役員待遇参事 グローバルテレマティクス部 部長)

中川 剛之(三菱商事株式会社 環境・CSR推進部 復興支援チームリーダー)

龜石 太夏匡(株式会社リバースプロジェクト 代表取締役社長)



<ゲストスピーカー>


キリンビール株式会社

古賀 朗(CSV推進部 キリン絆プロジェクト)

1983年、キリンビール㈱広島支店に入社。 広島市北部エリア等を担当。

1991年、同 本社宣伝部。商品企画部にて、SP担当、メディア担当。

1997年、同大阪支社東大阪支店にてエリア営業。

2001年、同 近畿圏統括本部流通部にて量販営業。

2006年、同 西日本統括本部熊本支社 支社長。

2008年、同 近畿圏統括本部神戸支社 支社長。

2011年9月、同 CSR推進部 CSR推進担当、キリン絆プロジェクト。

2013年1月、組織変更により、キリン株式会社CSV推進部 キリン絆プロジェクト。現在に至る。

キリン絆プロジェクトでは、農業・水産業の復興支援を担当。今までの職務経歴では、全く通用しないことも多々あるものの、できるだけ現地に寄り添い、多くの方々との絆を大切にしながら、復興支援に取組んでいる。佐賀県出身。妻と二女。自宅は奈良市で単身赴任中。



本田技研工業株式会社

今井 武(役員待遇参事 グローバルテレマティクス部 部長)

「世の中の役に立って、使って便利で楽しいものを提供したい」創業者本田宗一郎の残してくれたこの言葉を座右の銘とし、入社して以来情報系・ナビゲーション分野に携わる。2002年に自動車向け情報提供サービス「インターナビ」を立ち上げる。テレマティクスという新しい市場を切り開き、国内で170万人ものユーザーを抱えるまでに育て上げた。車両情報を活用した独自の交通情報サービスや、防災・減災ナビゲーションなど、様々な世界初のサービスを実用化。2011年の東日本大震災発生翌朝には、被災地域の移動支援のため車両走行実績情報「通行実績マップ」を即座に公開。その取り組みに対し、2011年グッドデザイン大賞や災害情報学会廣井賞などを受賞。2011年には自動車技術会フェローに認定された。豊富な情報の分析・活用によって安全で快適なモビリティー社会をめざし、様々な取り組みを進めるとともに、これらを日本だけでなく世界も視野に推進中。



三菱商事株式会社

中川 剛之(環境・CSR推進部 復興支援チームリーダー)

環境関連のコンサルティング会社を経て、2009年に三菱商事入社。投融資案件に対する環境面・社会性面のリスクマネジメントやCSR活動の企画・運営を担当する。震災直後、先遣隊の一員として被災地に入り、会社をあげた社員ボランティア活動を立ち上げる。2年間で被災地での活動に参加した社員は2,000名を超え、現在もその活動は続いている。被災した大学生への奨学金や、被災地で活動するNPOへの助成金事業も継続する傍ら、2012年3月に『三菱商事復興支援財団』を設立。被災地における雇用の維持・創出を目的として、再建・起業に取り組む被災地の事業者への直接的な支援に着手する。金融機関と協働し、投融資による支援を展開しており、これまでに14件の事業者に対する支援(総額約8億円)を決めた。2012年4月から復興支援チームリーダーとなり、被災地域の中長期的復興を見据えた継続的かつサステナブルな支援施策を推進している。



株式会社リバースプロジェクト

龜石 太夏匡(代表取締役社長)

映画脚本家・プロデューサー。1994年に大学在学中に兄弟二人と共に、渋谷にセレクトショップ『PIED PIPER』をオープン。2000年に伊勢谷友介との出会いから映画界に進出。2002年に念願だった映画制作を行い、伊勢谷友介監督作品『カクト』で原案・脚本・出演を担当。2008年には『ぼくのおばあちゃん』で脚本・プロデュースを担当。2009年に伊勢谷友介と共に、「人類が地球に生き残るために今を生きる大人は何をすべきか」を理念に株式会社リバースプロジェクトを立ち上げる。リージャパン株式会社とデットストックのデニムをリデザインしたプロジェクト「LeeBirth」や、南魚沼市で無農薬無化成肥料米「RICE475」を発売、東日本大震災では救援物資などを被災地へ送りながら、現地の雇用創出のためにクラウドファンディングサイト「元気玉プロジェクト」を立ち上げるなど、未来に継続する社会を目指し、アートとクリエイティビティの観点から衣・食・住の様々なプロジェクトを展開中。2012年に『セイジ-陸の魚-』で脚本・プロデュースを担当。翌年、2013年に株式会社リバースプロジェクトの代表取締役に就任。


Event Timeline
Updates
  • イベント詳細情報を更新しました。 Diff 2013-06-03 06:38:16
More updates
Tue Jun 4, 2013
7:00 PM - 9:00 PM JST
Add to Calendar
Venue
Tickets
参加費 ¥3,000
参加費(学生・枚数限定) ¥1,000
参加費(学生・枚数限定) ¥1,000
Venue Address
東京都港区赤坂9-7-1 ミッドタウン・タワー5F Japan
Organizer
日本財団 未来を変えるデザイン展(CSR企画推進チーム)
69 Followers