Event is FINISHED

未来を変えるデザイン展 ストーリーナイト vol.1【Community】富士通、リコー、ヤマハミュージックジャパン

コミュニティから未来を変える。企業のイノベーター・イントラプレナーたちの挑戦
Description

コミュニティの分野で、企業はどのように“社会課題解決”に取り組んでいるのか?


人口爆発、貧困、環境破壊、エネルギー問題、高齢化社会、コミュニティの崩壊…私たちが直面する社会課題は、あらゆる分野に広がり、現在の生活に影響を与えるだけでなく、次世代への負の遺産になっています。これらの社会課題に挑み、未来の社会システムをデザインするのはだれでしょうか。社会課題解決の先に広がる新しいマーケットは、誰が構想するのでしょうか。間違いなくその重要なステークホルダーとなるのが「企業」です。


5月16日〜6月11日まで六本木ミッドタウン・デザインハブにて開催されている「未来を変えるデザイン展」は、そんな、企業による“社会課題を解決する取り組み”を紹介する企画展。全19社の取り組みを紹介しています。


このストーリーナイトは、実際に各プロジェクトで活躍されている方々をお招きし、直接その取り組みを聞ける機会。各プロジェクトの概要を聞くとともに、実際に担当者としてプロジェクトにどう取り組んできたのか。どう様々な壁を乗り越えてきたのかを聞く、トークイベントです。企画展内の5つのテーマにあわせて、全5回開催します。


今回(vol.1)のテーマは「コミュニティ」

富士通株式会社、株式会社ヤマハミュージックジャパン、株式会社リコーの3社から現場で活躍する担当者の方をお招きし(プロフィールは下記参照)、コミュニティ分野における各社の“未来を変える”取り組み、社会課題解決への挑戦についてお聞きします。


ヤマハミュージックジャパンは「音楽の街づくりプロジェクト“おとまち”」を、富士通株式会社は「高齢者ケアクラウド」を、リコーは「農村部でのスモールビジネス創出」を推進しています。


各社のプロジェクトを牽引する担当者が一同に集まる、またとない機会。現場感溢れるトークやメディアでは語れない本音は、きっと、みなさんの“未来を変える”一歩に役立つはずです。当日はゲストスピーカーとの交流・対話の時間も予定しています。企業から社会課題に取り組む、イノベーター/ソーシャル・イントラプレナーとのひと時を、ぜひお楽しみ下さい。



<当日の内容>

・企業における社会課題解決プロジェクトのご紹介(各社プレゼンテーション)

・ゲストスピーカー、参加者同士の交流(ドリンキング&ネットワーキング)

・全ゲストスピーカーによる対話セッション



<概要 >

日時:2013年5月23日(木)19:00〜21:00(開場18:30)

場所:東京ミッドタウン・デザインハブ・リエゾンセンター

参加費:3,000円(アルコール・ソフトドリンク 1ドリンク付)

※未来を変えるデザイン展は無料でご覧頂けます。

※学生向けに枚数限定で特別料金(1,000円)をご用意しました。

 既に申し込まれている学生の方がいらっしゃいましたら、個別にご連絡下さい。

※カード利用明細をもって、領収書とさせていただきます。日本財団が発行する領収書が必要な方は、お手数ですが以下までお問合わせ先までご相談ください。

csr@ps.nippon-foundation.or.jp

スピーカー(※順不同・企業名順): 

生川 慎二(富士通株式会社 ソーシャルクラウド事業開発室・シニアマネージャー)

佐藤 雅樹(株式会社ヤマハミュージックジャパン 音楽の街づくりプロジェクト リーダー)

瀬川 秀樹(株式会社リコー 研究開発本部 未来技術総合研究センター 所長)

主催:日本財団・未来を変えるデザイン展



<ゲストスピーカー> ※順不同・企業名順


富士通株式会社

生川 慎二(ソーシャルクラウド事業開発室・シニアマネージャー)

医療・介護・行政・民間企業・NPOの各得意技を結集し、超高齢社会の到来に向け、在宅医療を基点とした高齢者の包括的な生活支援プラットフォーム構築に取り組む高齢先進国モデル構想に参加。震災発生後、富士通災害支援特別チームを企画し、実践部隊として被災地支援に関わる。行政・NPO・ボランティアに対し、クラウドによる情報管理の仕組みを支援する。一企業や一個人の枠におさまらない社会課題に対し、ICTの技術を活用し、日本の良さである「支え合い」を社会システム化し、日本発モデルとして展開を目指す。一般社団法人 高齢先進国モデル構想会議 理事。


〜これまでのキャリア〜

富士通システムズ・ウエスト CRMソリューション部、富士通株式会社 マーケティング本部/ソーシャルクラウド事業開発室(現在)



株式会社ヤマハミュージックジャパン

佐藤 雅樹(音楽の街づくり[おとまち]プロジェクト リーダー)

株式会社ヤマハミュージックジャパン 事業企画部 事業開発課 音楽の街づくりプロジェクトリーダー 。音楽空間のデザインからディレクション、プロデュースまでを手掛ける。

家具事業部 リビング事業部 デザイン設計室で、企業の役員室や公共施設、ホテルなどの特注家具、インテリアの設計を担当することからキャリアをスタートし、その後企画推進・事業開発部門を歴任。社内アイデアコンテストの事業アイデアコンテンツのプロデュースや、新市場としての「大人の音楽クラブ」のパイロット展開などを推進した。その後、国内営業におけるマーケティングを企画、推進する部門にて音楽の街づくりを担当し、現在に至る。

最近の関心事はサスティナブルコミュニティや街づくり、市民祭や音楽祭など 古い街並みめぐりと古道や暗渠の発見は密かな趣味。


〜これまでのキャリア〜

ヤマハ株式会社 家具事業部 リビング事業部 デザイン設計室/楽器統括本部 企画推進室/サウンドラボプロジェクト(事業開発)/全社プロジェクト 未来部門プロデューサー/国内楽器営業本部 音楽普及統括部(新市場開発)/国内営業本部 事業企画グループ/事業企画部 事業開発課(現在)



株式会社リコー

瀬川 秀樹(研究開発本部 未来技術総合研究センター 所長)

大阪大学工学部卒業後、リコーに入社し、光ディスクの原盤用フォトリソグラフィーの開発を行う。また、90mmMO(光磁気ディスク)国際標準化委員会(ISO)の日本代表団メンバーを務め世界各国へ出張するようになる。技術企画に異動した後、インターネット勃興期のシリコンバレーに駐在し、CVC(Corporate Venture Capital)活動及び新規事業の立ち上げ(と撤退)を行う。日本に帰国後、将来の事業を見据えた技術企画を担当。2009年からの2年半は多くの新規事業の立ち上げを行う。現在は、未来を創る技術開発の部門を担当。常に新しい領域に身を置き、挑戦し、足掻き、多くの失敗をしてきた。4年半前に「BOP志チーム」を立ち上げ、リーダー(座長)を担当。

〜これまでのキャリア〜

株式会社リコー 研究開発部門/技術企画部門/商品用技術戦略部門/新規事業開発部門/研究開発部門(現在)




Event Timeline
Updates
  • イベント詳細情報を更新しました。 Diff 2013-05-22 11:28:25
More updates
Thu May 23, 2013
7:00 PM - 9:00 PM JST
Add to Calendar
Venue
Tickets
参加費 ¥3,000
参加費(学生・枚数限定) ¥1,000
参加費(学生・枚数限定) ¥1,000
Venue Address
東京都港区赤坂9-7-1 ミッドタウン・タワー5F Japan
Organizer
日本財団 未来を変えるデザイン展(CSR企画推進チーム)
69 Followers