Event is FINISHED

佐々木俊尚×曲沼美恵「『動くひと=ノマド再考』鬼才・黒川紀章の予言から21世紀的カプセル・ライフを考える」『メディア・モンスター』(草思社)『中銀カプセルタワービル 銀座の白い箱舟』(青月社)刊行記念

Description
建築家・黒川紀章は、未来の予言者だった――。

えっ!? なんのこと? いまさら、そう言われても、ちょっと意味不明ですよね。

黒川紀章と言えば、晩年の選挙出馬時の派手なパフォーマンスから、多くの人に、奇抜な面白おじさんというイメージだけを残して2007年にこの世を去りました。

でも、それはメディアに登場することが好きだった鬼才・黒川紀章のひとつの顔でしかありません。

実際の黒川氏は、前衛建築家として、1970年代から情報化社会のノマド的働き方や、狭小カプセル住宅などを提案し、情報武装した「個人」が未来をどう生き抜くかを予見した先駆的な思想家でもあったのです。

数多くの本を出版したにもかかわらず、毀誉褒貶が激しかった黒川氏の人生には謎が多く、晩年の唐突な行動も重なって、あまり本格的に語られることがありませんでした。

そこで今回、黒川氏に関する初の本格的評伝『メディア・モンスター 誰が「黒川紀章」を殺したのか?』(草思社)および『中銀カプセルタワービル 銀座の白い箱舟』(青月社)の刊行を記念し、著者でジャーナリストの曲沼美恵さんと、黒川氏のノマド論にいち早く注目してきたジャーナリストの佐々木俊尚さんによるトークイベントを開催。謎の多かった天才建築家の足跡をたどりながら、これからの働き方と暮らし方について、縦横無尽に語り合ってもらいます。

ゲストには、2015年10月、クラウド・ファンディングによりビジュアルファンブック『中銀カプセルタワービル 銀座の白い箱舟』の刊行を実現させた、中銀カプセルタワービル保存・再生プロジェクト代表の前田達之さんを迎え、半世紀近くを経て21世紀に根付いた素敵なカプセル・ライフの魅力にも迫りますのでお楽しみに!

【出演】
佐々木俊尚(ジャーナリスト)
曲沼美恵
(ジャーナリスト)
(ゲスト)
前田達之(中銀カプセルタワービル保存・再生プロジェクト代表)

【日時】
2016年1月13日(水)
20:00~22:00 (19:30開場)

【場所】
本屋B&B
世田谷区北沢2-12-4 第2マツヤビル2F

【入場料】
1500yen+500yen/1drink

Event Timeline
Wed Jan 13, 2016
8:00 PM - 10:00 PM JST
Add to Calendar
Venue
B&B
Tickets
前売/席確保(1500+500yen 1drink) ¥2,000
Venue Address
東京都世田谷区北沢2-12-4 2F Japan
Directions
下北沢駅南口徒歩30秒
Organizer
本屋B&B
10,537 Followers