Event is FINISHED

劇団青年座 第208回公演 『崩れゆくセールスマン』 6/15(土)14:00

作=野木萌葱 演出=黒岩亮
Description
◆公演日程 ※クリックした日時の購入画面が開きます。
6月14日(金) 19:00
   15日(土) 14:00
   16日(日) 14:00
   17日(月) 19:00
   18日(火) 19:00
   19日(水) 19:00
   20日(木) 14:00
   21日(金) 19:30
   22日(土) 14:00
   23日(日) 14:00
※受付開始は開演の45分前。開場は開演の30分前
 

※お支払い時の手数料負担はございません。
※チケットは購入確定後のE-mailもしくはプリントアウトしたものを受付でご提示ください。本チケットをお渡しいたします。
※複数枚ご購入のお客様は、お連れ様とご一緒でのご来場をお願い致します。

※開演時間を過ぎますと、指定のお席にご案内できない場合がございます。

 

◆PeaTiX取扱いチケット

一般:4000円

(お得な学生チケットは青年座での取り扱い)

 

◆会場

青年座劇場

(小田急線「代々木八幡駅」南口/地下鉄千代田線「代々木公園駅」1番出口より徒歩1分)

 

◆あらすじ 

「はい、ビール。今日もありがと。」

「いいよ、買い物ぐらいでさあ。」

「なに言ってんの。ほうら、上がって一休みしな。」

俺は、帝塚商事の営業マン篠崎浩二。

独り暮らしの老女福原苑子の団地に足しげく通っている。

「じゃね、そこにサイン。」

「これで純金百グラムがあたしのものなんだね。」

「ありがと、ばあちゃん。」

まずは百グラム。今ようやく蛇口が開いたところだ…

 

1980年代半ば、日本人は経験したことのない好景気に踊らされていた。

世間を震撼させた詐欺事件を背景に、人間の限りない欲望をあぶり出す。

「パラドックス定数」の野木萌葱氏、青年座へ初の書き下ろし作品!

+・・・+・・・+・・・+・・・+・・・+・・・+・・・+・・・+・・・+・・・+・・・+・・・+・・・+・・・+

 【野木萌葱(のぎ・もえぎ)プロフィール】

 1977年生まれ、神奈川県出身。日本大学芸術学部演劇学科劇作コース卒業。

 1998年に「パラドックス定数」をユニットとして旗揚げ、2007年の『東京裁判』初演時に劇団化する。

 史実や実際の事件を枠組みとして用い、大胆な想像力で躍動する会話劇をつくり出す。

 

◆出演

名取幸政、平尾仁、矢崎文也、石母田史朗、小豆畑雅一、石井淳、嶋田翔平

山本与志恵、ひがし由貴、野々村のん

 

◆お問合せ

 劇団青年座

 Tel:03-5478-8571

 Mail:info@seinenza.com

 http://www.seinenza.com

 

・・*・・*・・*・・*・・*・・*・・*・・*・・*・・*・・*・・*・・*・・*・・*・・*・・*・・*・・

青年座公式ツイッターはコチラ⇒https://twitter.com/#!/_seinenza

・・*・・*・・*・・*・・*・・*・・*・・*・・*・・*・・*・・*・・*・・*・・*・・*・・*・・*・・

チケット情報など、稽古場ブログ更新中!

http://blog.seinenza.com/


Event Timeline
Sat Jun 15, 2013
2:00 PM - 4:00 PM JST
Add to Calendar
Venue
青年座劇場
Tickets
一般 ¥4,000

On sale until Jun 13, 2013, 2:00:00 PM

Venue Address
東京都渋谷区富ヶ谷1-53-12 Japan
Directions
小田急線「代々木八幡駅」南口/地下鉄千代田線「代々木公園駅」1番出口より徒歩1分
Organizer
劇団 青年座
45 Followers