Event is FINISHED

Playing Piano with Speakers for Reverbs Only

Description
TITLE: Playing Piano with Speakers for Reverbs Only
ARTIST: 渋谷慶一郎(Piano)



CREDIT:
ピアノ:渋谷慶一郎(ATAK)
音響:金森祥之(Oasis Sound Design Inc.)
照明:髙田政義(RYU Inc.)

--

PLACE/DATE:
スパイラルホール(東京・青山)
2015年12月26日(土)
開場  18:00
開演  19:00
(終演後にサイン会があります。)

--

TICKET:
前売 S席7,000円/A席5,000円/P席3,000円
当日 S席8,500円/A席6,500円/P席4,500円

※音響および機材配置について協議の末、S席を20席と、P席を40席追加いたしました。
(既にチケットをご購入済みの方の変更はお受けできませんので、ご了承くださいませ)
※表記はすべて税抜価格です。

※前売券が完売した場合、当日券の発売はありません。
※チケットは、下に記載する注意事項を必ずよくお読みの上、ご購入ください。

--

Playing Piano with Speakers for Reverbs Only


このコンサート「Playing Piano with Speakers for Reverbs Only」は2015年9月に行われた完全ノンPA、アンプラグドのピアノソロコンサート「Playing Piano with No Speakers」のバージョンとして考えられた。

スピーカーを使ったピアノソロのコンサートはピアニスト自身がサウンドチェックを出来ないという弱点がある。
これは当たり前の話なのだが、リハーサルでピアノを弾きながら移動することは出来ないので、自分が弾いている音を会場の他の場所でチェックすることは出来ない。これが僕には大きなストレスだった。

先日行った「Playing Piano with No Speakers」ではそれに対して「スピーカー、マイクを一切使わないピアノの生音だけのアンプラグドなコンサートを行う」、つまりそこにあるピアノの生音を一切の拡張ナシにそのまま聴くという極限までシンプルなセッティングの中で、曲間もMCもアンコールも全て取り払って演奏してみた。
実際にそのコンサートでは自分の指が弾いているピアノの音とホールの残響だけが自分にも生々しく聴こえて、それまでのピアノソロのコンサートとは異なる感触と手応えがあった。

そのときに思ったのは、ピアノの生音はそのままに、残響のみをコントロールすることでピアノと空間の関係を新しく作ることができるのではないかということだった。

弾いているピアノの音自体はスピーカーで拡張することなく、残響成分のみを様々なサンプリング・リバーヴを使って変容させ、空間配置した16チャンネルのスピーカーから薄く再生する。言わばダブミックスのディレイのようにサンプリング・リバーヴをピアノに対して使うのだが、元のピアノの音はあくまでも生音のままのほうが良いのでスピーカーで拡張はしない。

サウンドエンジニアリングはTHE ENDの国内、国外公演をはじめ数年の僕のコンサートPAを数多く手がけ、音響の指向性や好みを熟知している金森祥之さんを迎えて、これまで存在しなかったピアノと空間の関係を作りたいと思っている。

また視覚的な情報は極限まで減らして暗闇と光の境界を作ることで演奏と聴取の集中度は驚異的に上がる。
2年前のスパイラルホールでのコンサートでも照明を担当して頂いた髙田政義さんに効果としての照明ではなく、ピアノの音と空間に対して光をどうするか考えて欲しいとお願いした。

ひとつのピアノとひとつの光、空間の残響、この要素のみでこのコンサートは構成される。

繰り返しになるがピアノの音はスピーカーで拡張しない。
ただ、聴こえない音に耳をそば立てるような懐かしい緊張度は僕は好きではない。
なのでホールに対して十分な音量を確保できるピアノが必要だと考えてスタンウェイのModel-Dというコンサートグランドを用意することにした。
2年前にスパイラルホールで使用したピアノはエレベーターで搬入できるが、生音のみのコンサートで使うには明らかに音量が足りなかった。
スタンウェイのModel-Dは長さ274cmもあるフルコンサートのグランドピアノなので、当日道路からクレーンで吊って搬入することになった。

宙に昇るピアノ。偶然なのだが、これは僕の新しいプロジェクトとも一致した。

渋谷慶一郎

--

【注意事項】
●座席はS席とA席に分かれており、それぞれで自由席となっております。当日、スタッフがご案内いたしますので、指示に従い、ご入場ください。
●席種の変更はできませんので、よくご確認の上お買い求めください。
●チケットのキャンセルはできません。あらかじめご了承ください。
●未就学児童のご入場はできません。また、公演中他のお客様のご迷惑になると判断される方のご入場をお断りする場合がございます。
●開演後の途中入退場は休憩時のみとさせていただきますので、開演時間に遅れないようご注意ください。また、ホワイエ外へ退場された場合、再入場は出来ません。
●録画・録音・複写に使用する機材(レコーダー、カメラ、ビデオ等)、ご飲食物やお煙草、危険物を会場内に持ち込むことは禁止いたします。
持ち込みや撮影を見つけた場合は、データ消去、チケット取り消し手配などスタッフの指示に従っていただいた上、ご退場いただく場合がございます。
●スタッフの指示や注意に従わなかった場合の事故やトラブルに関して、主催者は一切の責任を負いかねます。
●都合により、コンサート内容の一部を変更する場合がございます。
●チケットご購入者様には後日、Peatixを通してメールで詳細なご案内を送付させていただきます。
●お席やチケット、コンサート内容などに関するお問い合わせにはお答えできません。

ご来場くださいます皆様のご理解とご協力を、スタッフ一同、心よりお願い申し上げます。
info@atak.jp

--

主催:ATAK
協力:Takagi Klavier Inc.
会場協力:株式会社ワコールアートセンター
Event Timeline
Updates
  • イベント詳細情報を更新しました。 Diff 2015-12-11 07:46:02
More updates
Sat Dec 26, 2015
7:00 PM - 9:00 PM JST
Add to Calendar
Venue
スパイラルホール(東京・青山)
Tickets
S席(税込) ¥7,560
A席(税込) ¥5,400
P席(税込) ¥3,240

On sale until Dec 25, 2015, 12:00:00 AM

Venue Address
東京都港区南青山5−6−23 スパイラル3F Japan
Organizer
ATAK / 渋谷慶一郎
1,409 Followers