Event is FINISHED

シンギュラリティサロン@東京「第5回公開講演会」

Description

シンギュラリティサロン@東京「第5回公開講演会」を、次の通り開催します。

日時 2015年12月20日(日)13:30-15:30
場所 航空会館(東京都港区新橋 1-18-1)
題目
13:30-15:00 講演ディープラーニングによる人工知能実現の困難性と可能性」白山晋(東京大学大学院工学系研究科・システム創成学専攻・准教授

15:00-15:30 自由討論

定員 50名(先着順)
※入場料無料 ご来場の際は受付にてpeatixチケットをご提示願います。


講演概要

ニューラルネットワークは,脳の情報処理にヒントを得て生まれ,脳を模倣するように発展してきた学習器として知られている.ディープラーニングは,それまでのニューラルネットワークの欠点を補う形で提案されたものである.文字認識や画像認識などで高い性能が示され,研究が急速に進むことになる.しかし,得手不得手があることがわかってきている.また,不得手を克服するための研究も進んでいるが,画像や音声のような特徴空間を介して再構築できる対象以外では苦戦していることも明らかになってきた.

さて,ディープラーニングを“人工的に知識を取得する手段,あるいは生み出す仕組みそのもの”としてみれば,人工知能の文脈でその発展を見ていくのがよいかもしれない.一方,特徴量抽出の一つの方法や最適化問題の一つの解法手段などというような見方をすれば,脳の情報処理を模倣するという意味(意義)は薄れる場合も多い.例えば,工学では,人工知能という文脈を離れてニューラルネットワークが使われることも少なくない.「ディープラーニングによる人工知能の実現」は,“人工知能”,あるいは“知識”の定義の問題に帰着するように思える.

この講演の前半では,ディープラーニングの原理を確認するとともに,そのメカニズムについて出来るだけわかりやすく説明することで,“人工知能”,あるいは“知識”について考える契機を提供したいと思う.

後半では,個人が持つ,隠れた(あるいは隠された)知識に注目する.知能の定義の問題を残すことになるが,人間1人の知能を定量化できるか(測ることができるか)という問題について考えてみたい.具体的には,ある種の行動における個人の特性という点を考えてみたい.個人の行動の違いから隠れた知識が顕在化されうる可能性と,ディープラーニングを用いてそのような顕在化は可能かという点について考察したい.

最後に,従来のニューラルネットワークとディープラーニングの違いを再確認することで,今後の展開とともに,ディープラーニングによる人工知能実現の可能性について言及したい.

主催

シンギュラリティを語る会

シンギュラリティ(技術的特異点)とは、人工知能の能力が人類のそれをはるかに超える出来事または時点と定義され、それ以降の人類の歴史は予測できないとされています。またその時点で人工知能の能力が爆発的に進化する知能爆発が起きるとも言われています。

本公開講演会では、シンギュラリティを様々な側面から議論することによって、主として専門家と一般市民の意識改革を行うことを目指しています。


共催
株式会社ブロードバンドタワー

Event Timeline
Sun Dec 20, 2015
1:30 PM - 3:30 PM JST
Add to Calendar
Venue
Tickets
一般参加
Venue Address
東京都港区新橋 1-18-1 Japan
Organizer
シンギュラリティサロン
1,357 Followers