Event is FINISHED

松本博文×中川淳一郎 「本で書けない駒場寮のキワドい話」 『東大駒場寮物語』刊行記念

Description

明治、大正、昭和の昔から廃寮までの駒場寮の歴史と、
そこに生きた学生たちを描いた哀愁の青春ノンフィクション『東大駒場寮物語』。

本書の著者であり、元寮委員長で駒場寮存続運動にかかわった松本博文氏は、
駒場寮OBに取材し、過去資料を読み込む中で、
本には到底書けないキワどい話も多数発掘したといいます。

また、駒場寮は
3年で1単位も取らずただただ麻雀をしていた麻雀太郎」
「パンの耳だけしか食べない哲学者」といった、
奇天烈な人を集める不思議な磁場があった空間でもありました。

駒場寮に吸い寄せられた一人が、中川淳一郎氏です。
中川氏は一橋大在学中から駒場寮に出入りし、
社会人として働いていた99年からは寮の住人となり、
廃寮の瞬間に立ち合うことになります。

両氏が語る駒場寮にまつわる破天荒で奇々怪々な話を通じて、
かつて寮で行われた「クリスマス粉砕コンパ」を彷彿とさせる、
刺激的かつ不毛な夜に誘います。

松本博文(まつもろ・ひろふみ)
ルポライター、第132期駒場寮委員長、将棋観戦記者。1973年、山口県生まれ。93年、東京大学に入学し、駒場寮に入寮。東大将棋部に所属し、在学中より将棋書籍の編集に従事。同大学法学部卒業後、名人戦棋譜速報の立ち上げに尽力し、「青葉」の名で中継記者を務め、日本将棋連盟、日本女子プロ将棋協会(LPSA)などのネット中継に携わる。コンピュータ将棋の進化を描いたデビュー作『ルポ電王戦』(NHK出版新書)が話題となり、第27回将棋ペンクラブ大賞(文芸部門)を受賞。近著に『ドキュメント コンピュータ将棋』(角川新書)がある。

中川淳一郎(なかがわ・じゅんいちろう)
1973
年生まれ。東京都立川市出身。1995年一橋大学プロレス研究会(HWWA)入団。1997年博報堂入社、配属はCC局。2001年退社、無職を経てライター・編集者に。この間に駒場寮に2年間住んでいた。2006年からネットニュースの編集者。けっこう多くのニュースサイトに関与中。著書に『ウェブはバカと暇人のもの』(光文社新書)など。


【出演】

松本博文(作家・将棋書籍編集)
中川淳一郎(ライター・ネット編集者)

【日時】
2015年12月24日(木
19:30〜21:30 (19:00開場)

【場所】
本屋B&B
世田谷区北沢2-12-4 第2マツヤビル2F

【入場料】
1500yen+500yen/1drink




Event Timeline
Thu Dec 24, 2015
7:30 PM - 9:30 PM JST
Add to Calendar
Venue
B&B
Tickets
前売/席確保(1500+500yen 1drink) ¥2,000
Venue Address
東京都世田谷区北沢2-12-4 2F Japan
Directions
下北沢駅南口徒歩30秒
Organizer
本屋B&B
10,540 Followers