Event is FINISHED

『闇の中の眠り姫』+連続講座『映画以内、映画以後、映画辺境』特別編

Description
日時:2015/12/13(日) 18:00開場/18:15開演 ※受付開始時刻は17:00から
料金:一律¥2,000

※「闇の中の眠り姫」上演後、休憩を挟んで講座を開始します。
※場内は完全な暗闇を作るため、開演後の途中入場はできません。必ず開演時刻前にお越しください!


伝説の上映イベントと連続講座の合体!

映画から、いっさいの光を取り去ったら、いったい何が現れるのだろう?
人の姿を映さず、濃密な人の気配だけを表現した異色作『眠り姫』。
そのサウンドトラックを、深い深い暗闇の中で、ひたすら浴び続ける至極の80分!

2010年UPLINK初演、2012年UPLINK再演、2014年バウスシアター、京都・立誠シネマ、そして、UPLINK三度目の今回は、圧倒的な音響にリマスターしたサウンドトラックの初公開。これは、視覚を超えた映画体験!
上演後のアフター・トークは、連続講座の特別編。

『眠り姫』(2007年/80分)
声:つぐみ、西島秀俊、山本浩司
原作:山本直樹
音楽:侘美秀俊
リマスタリング:種子田郷
監督:七里 圭

連続講座『映画以内、映画以後、映画辺境』特別編
「耳から聞こえる映像はアニメーション?」
~脳内に発火するイメージのありようについて~
伊藤亜紗 × 土居伸彰 × 七里圭

闇に響く音=頭の中で見えているもの=アニメーション?
視覚を超えた映画体験から説きおこす、めくるめく脳内イメージ・トーク。
美学、現代アートの気鋭の研究者とアニメーション批評の俊英を迎え、イメージとは何か、その表現のラジカルについて問い直します。

伊藤亜紗(美学・現代アート)
1979年生まれ。東京工業大学リベラルアーツセンター准教授。もともと生物学を目指していたが、大学三年次より文転。研究のかたわら、アート作品の制作にもたずさわる。近著に、「目の見えない人は世界をどう見ているのか」(光文社新書)。他の著作に「ヴァレリーの芸術哲学、あるいは身体の解剖」(水声社)。参加作品に、小林耕平《タ・イ・ム・マ・シ・ン》などがある。

土居伸彰(アニメーション研究・評論)
1981年生まれ。アニメーションの配給等を行う株式会社ニューディアー代表。新千歳空港国際アニメーション映画祭フェスティバル・ディレクター。短編・インディペンデント作品を中心に、アニメーションの研究・評論・上映活動・キュレーションなどを行う。2016年2月には、「アニメーション概念の拡張と逸脱」を掲げるフェスティバルGEORAMA2016を都内数会場にて開催予定。

七里圭(映画監督)
早大在学中から約10年の助監督を経て2004年『のんきな姉さん』で監督デビュー。主要作に『ホッテントットエプロン-スケッチ』(06)『眠り姫』(07)『マリッジリング』(07)『映画としての音楽』(14)。短編『DUBHOUSE』(12)が、2013年の25FPS国際映画祭でグランプリ。現在、映画辺境の旅で思案中。


主催:charm point
助成:アーツカウンシル東京(公益財団法人東京都歴史文化財団)

Event Timeline
Sun Dec 13, 2015
6:00 PM - 9:30 PM JST
Add to Calendar
Venue
渋谷アップリンク
Tickets
自由席 ※チケットの払い戻し、キャンセルは受付けておりません。 ¥2,000

On sale until Dec 12, 2015, 11:59:00 PM

Venue Address
渋谷区宇田川町37-18 Japan
Organizer
UPLINK
5,592 Followers