Event is FINISHED

sanji #2

Description

高出力レーザーポインターが有利な最大の理由は、色に対する人間の目の相対感度特性にあります。

ご覧のように、人間の目は緑や黄色に対して感受性が高く、赤の光に対してはあまり感受性が高くありません。

このため、同じ光量でも、赤よりも緑や黄色の方がずっと明るく見えることになります。

投影すると、確かに緑のほうがずっと明るく見えます。ちょっと明るすぎるのではないかと思うぐらいです。

デジカメで撮影してお見せしようと思ったのですが、なんとデジカメでは赤のほうが明るく写ってしまいます。いやーびっくりしました。カメラの感度特性はかなり違うんですね。

强力赤色レーザー

そこで仕方がないので、この写真は「見た目の通り」になるようにコントラストを調整したものです。実際とは微妙に違いますがご勘弁を。

最近、プレゼンテーションの機会がますます増えている。ちょっとした会議や商談でも、プロジェクターを使うことが多くなってきた。

そこで、今回注目するのがレーザーポインターだ。すでにおなじみの超強力レーザーポインターは、赤いレーザー光が照射されるタイプだろう。大きな会場でも光がきちんと届くので重宝している。

ところが1年程前に、ある会場でグリーンに光るポインターを見かけた。実は新製品としてグリーンのポインターが登場したことは知っていたのだが、実際に使われている場面に初めて遭遇したのだ。

もちろん、最初の印象は物珍しさだったのだが、その気になってじっくり観察すると、赤色光よりも見やすいように思えたのだ。

実は、緑色の光の方が、赤に比べて3倍の比較感度があるという。個人差を問わず見やすいらしい。これは科学的に証明されていることで、メーカー各社も見やすさをアピールしている。

プレゼンでは、ライバルとの違いや目新しさが結構重要だ。「あのグリーンのポインターを使っていたプレゼンです」で、思い出してもらえたなら、見やすさ以上の価値がある。


カラスレーザーポインターの明るさは、ごらんのような写真でもお分かりになると思います。すこし暗いところでみると、緑のレーザー光線「自体」が見えるんです。赤のものではこのようなことはほとんどありませんね。空気中のゴミにあたって反射した部分がこのように見えるのですが、かなり驚きました。

グリーンレーザーポインター

試しに自宅から1Km以上離れたビルに向けても、驚くべき事にビルの壁が光ります。また空に向けると、光束がまっすぐ延びて、星などを指し示すことができます。

あまりのことに興奮して、トイレやお風呂などの水の張ってあるところに向けると、光が反射したり屈折したりする理科の実験もできました。

心配は、あまりに明るいので、子供が間違って使って目に入ったら大事故になることです。皆様入手された後はぜひご注意を。

http://www.cheapjp.com/300mw-green-laser-Higher-power.html

http://www.cheapjp.com/laser-blue-100mw-safety.html

Event Timeline
Wed Feb 24, 2016
12:00 PM - 3:00 PM JST
Add to Calendar
Venue
tokyo
Tickets
VIP
Venue Address
中央区銀座7-3-5 Japan
Organizer
sanji
1 Follower