Event is FINISHED

グリーン水素社会への展望 ~人類の持続型成長のために~

Description

正式なお申込みはコチラから → http://www.town-college.com/udx/search/001514.php


「日本再興戦略」改定2015においては、"クリーンで経済的なエネルギー需給のために新たに講ずべき具体的施策"として「CO2排出の少ない水素社会の実現」が挙げられ、水素社会の実現に向けて様々な関心が集まっています。みんなのエネルギー会議/エネルギーイノベーション研究会では、複数回にわけて水素社会の可能性について考えていきます。

第2回目は、再生可能エネルギー由来の低炭素な水素全般の研究をしている『グリーン水素研究センター』のセンター長、太田健一郎氏によるご講演。



みんなのエネルギー会議/エネルギーイノベーション研究会 <テーマ:水素社会>

グリーン水素社会への展望 ~人類の持続型成長のために

グリーン水素とは.png


化石燃料多消費による地球温暖化問題が深刻化する中で、再生可能エネルギーを用いて得られるグリーン水素への期待が広まっています。

グリーン水素は化石燃料に比べて環境への影響は二桁以上小さいと言えます。南米パタゴニアの風はグリーン水素を安価で大量に供給できるポテンシャルを有します。

一方、日本では世界に先駆けて水素を利用する燃料電池自動車も昨年発売され、水素ステーションも建設が進みつつあります。

また、超高効率の分散型エネルギーの典型である家庭用燃料電池も普及が進展しつつあります。

ここでは、人類の究極の持続型社会を可能にするグリーン水素の意義と今後の展望について解説します。


図1.jpgのサムネール画像のサムネール画像


講師:太田健一郎 名誉教授・特任教授 横浜国立大学/グリーン水素研究センター センター長

略歴: 1968年 東京大学工学部工業化学科卒

      1973年 東京大学大学院工学系研究科博士課程修了

      1973年 東京大学工学部助手

      1979年 横浜国立大学工学部助教授

      1995年 横浜国立大学工学部教授

      2001年 横浜国立大学大学院 工学研究院教授(部局化による制度変更)

      2011年 横浜国立大学名誉教授、特任教授

専門: 応用電気化学:燃料電池、水素エネルギー、工業電解、水電解

著書:  「新しい電気化学」培風館(1984)

      「原理からとらえる 電気化学」裳華房(2006)

      「水素エネルギー読本」オーム社(2007)

      「再生可能エネルギーと大規模電力貯蔵」日刊工業新聞社

      「電気化学便覧第6版」編集委員長、丸善(2013)

      「Encyclopedia of Applied Electrochemistry」Chief Ed.,Springer (2014)

主な受賞: カナダ水素協会賞(2004)

       電気化学会学会賞(2011)

主な学会、学外活動: 一般社団法人 燃料電池開発情報センター 代表

       燃料電池国際標準化委員会委員長

       経産省 産業構造審議会評価WG委員(経産省)

       日本学術会議エネルギー供給問題分科会委員長

       もと電気化学会会長(2008年)

       もと水素エネルギー協会会長(2000年~2008年)


水素関連セミナー:

2015年11月25日 水素エネルギーの応用の可能性 ~技術開発の先を含めた実現・普及に向けてのブレークスルー

2015年12月8日 グリーン水素社会への展望―人類の持続型成長のためにー


【みんなのエネルギー会議/エネルギーイノベーション研究会】

環境やエネルギー問題や市場ニーズは国際的関心として企業や大学研究者、行政の取組みが活発化するグリーンイノベーションとして注目されています。併せて地域や社会全体の関心事としてみんなで真剣に考える時代になってきたともいえます。

特に地球温暖化などの対策としてゆるく考えてきた環境やエネルギーの問題も東日本大震災以降の原子力発電事故や強制停電や節電、そして再生可能エネルギーの固定価格買取制度の実施、地域や市民による発電事業や家庭への発電設備導入などに伴い環境やエネルギー資源の課題や可能性、エネルギーを活用した様々な生活や産業のことまで、私たちの身近なものとして、学び理解し、実践することが要求されてきました。特に「スマートコミュニティ」「スマートシティ」として環境エネルギーの街づくりに於いては技術論だけでなく地域や社会の合意形成なくしてはその普及や実現は困難なものとなっています。

また、環境やエネルギーに関わる技術や研究を行う方々、その産業やビジネスに関わる方にとっても社会との合意形成や理解増進活動がこれほど重要な時期がなかったと思います。新規の事業としての取組みや物づくりなど町工場、起業やベンチャーにとっても、コミュニティビジネスやソーシャルビジネスをお考えの方にとっても環境やエネルギー事業は第四の革命と言われるように国際的にも産業革命、IT革命などの次に来る大きな変革とも言えます。このようにものづくりやまちづくりに於いては社会や地域との連携、異業種、異分野の連携により、新たなビジネス機会が訪れていることも見逃せません。

みんなのエネルギー会議/エネルギーイノベーション研究会では、こうした背景から市民参加型の環境やエネルギーの理解と普及啓発、産官学民の広域連携プラットフォームと位置付け、開催しております。

Event Timeline
Tue Dec 8, 2015
7:00 PM - 9:00 PM JST
Add to Calendar
Venue
秋葉原UDX 4F『ゲストルームE』
Tickets
無料
Venue Address
東京都千代田区外神田4-14-1 秋葉原UDX4F Japan
Organizer
UDXオープンカレッジ事務局
65 Followers