Event is FINISHED

GDC2013ローカリゼーションサミット報告会

SIG-GLocalization 第11回勉強会
Description
特定非営利活動法人国際ゲーム開発者協会日本(NPO法人IGDA日本)は5月25日(土)に東洋美術学校でグローカリぜーション専門部会(SIG-Glocalization)第11回勉強会「GDC2013ローカリゼーションサミット報告会」を開催します。参加費は無料ですので、ぜひ一度足をお運びください。また終了後に有志で懇親会(実費)を行います。学生の参加も歓迎します!

主な対象者 ゲーム翻訳者・ローカリゼーションベンダー・ローカリゼーション担当者・海外展開や海外ビジネス担当者・プロデューサー・ディレクター・その他海外ゲーム市場に興味のある方全般
必要なスキル 日本語でのコミュニケーション能力
得られる知見 ローカリゼーションや海外展開における最新トレンドなど

GDCローカリゼーションサミット
ローカリゼーションサミットはIGDAのエグゼクティブディレクターをつとめるケイト・エドワーズらによって、2009年にスタートしたサミットです。今年開催された下記講演内容について、世話人から報告を行います。

Best Practices for Leveraging Worldwide Age Ratings Submissions and Geopolitical Content Reviews (Microsoft)
Return on Investing in a Robust Localization Database (SCE)
The Emerging Landscape of African Game Development (Leti Games)
The Western Games That Conquered China (Yodo1)
Localization Microtalks: Around the World in Sixty Minutes
BBC, Cross-Media and Video Games (BBC)
Science Speaks: The Necessity of Localization (U-TRAX)
Implementing Blizzard's Localization Vision in Real Time (Blizzard)

ゲームコネクションアメリカ
ゲームコネクションは世界規模のゲームパブリッシャーとディベロッパーのビジネスイベントです。ゲームコネクションアメリカは毎年GDC期間中にサンフランシスコで開催され、数多くの企業が参加します。本イベントに参加することで世界のゲームビジネスの最新動向がつかめます。

スケジュール
12:30 開場
13:00 開会 挨拶 IGDA日本について
13:15 ローカリゼーションサミット報告① 矢澤竜太(ローカリゼーションエバンジェリスト)
13:45 ローカリゼーションサミット報告② 長谷川亮一(クルーズ)
14:15 休憩
14:30 ローカリゼーションサミット報告③ 小野憲史(IGDA日本)
15:00 ゲームコネクションアメリカ報告 渡辺裕美(Mutations Studio)
15:15 休憩
15:30 特別講演① 留学生によるブラジル人ゲーマー調査 William Iamazi Ferro(HAL東京)
15:45 特別講演② 中東ゲーム事情 佐藤翔(メディアクリエイト)
16:15 ディスカッション
16:45 終了
17:00 完全退出
17:30 懇親会(希望者のみ)

SIG-Glocalizationについて:本部会はゲームビジネスでグローバル化とデジタル流通化が進む中で、ローカリゼーション技術の向上と海外向け配信、および海外ビジネスにおける知見の共有を目的としています。

正世話人 矢澤竜太(ローカリゼーションエバンジェリスト)
副世話人 稲葉治彦(ナニカ) エミリオ・ガジェゴ(グリー) 長谷川亮一(クルーズ) 中村彰憲(立命館大学)

これまでの活動 https://sites.google.com/site/sigglocsummary/
公式サイト http://igdajgloc.blogspot.com/
Event Timeline
Sat May 25, 2013
1:00 PM - 4:00 PM JST
Add to Calendar
Venue
東洋美術学校
Tickets
一般参加
Venue Address
東京都新宿区富久町2-6 Japan
Organizer
NPO法人IGDA日本
912 Followers