Event is FINISHED

佐藤優「社会人のための使える教養」講談社早朝講座

Description

「リベラル・アーツ」のリベラルには、「奴隷ではない」という意味があります。自由人として生きていくためには学ぶべきことがある。それを教養と呼んだのです。

新自由主義的な風潮が強まるなか、ビジネスパーソンが会社の内外を生き抜くためには、実践と教養を兼ね備えた、新しいかたちの総合知が必要です。「知の巨人」佐藤優氏が、ビジネスパーソンが実社会を生きていくために欠かせない武器を伝授する、まさに「朝活」の決定版ともいえる講座です。

※本講座は下記の日程による全5回講座です。チケットは全回通し券のみとなります。

第1回:1月12日(火)
第2回:1月19日(火)
第3回:2月9日(火)
第4回:2月16日(火)
第5回:3月8日(火)
各回、いずれも午前7時00分~8時30分(6時30分開場)
定員:80名(先着順)

【講義内容】

第一講 総合知の時代――「文系は役に立たない」はほんとうか 1月12日(火)

関係書籍:
吉永良正『複雑系とは何か』(講談社現代新書)
山脇直司「シュライエルマッハ―」(『哲学の歴史7』中央公論新社、所収)

第二講 中間管理職のための仕事術――独断専行の研究 1月19日(火)

関係書籍:
『作戦要務令』*(当日配布)

第三講 世界を知る――ビジネスパーソンのための宗教入門 2月9日(火)

関係書籍:
大澤真幸×橋爪大三郎『ふしぎなキリスト教』(講談社現代新書)
佐藤優×橋爪大三郎『あぶない一神教』(小学館新書)

第四講 論理力を鍛える――論理的思考法の身につけ方 2月16日(火)

関係書籍:
野矢茂樹『無限論の教室』(講談社現代新書)
芳沢光雄『論理的に考え、書く力』(光文社新書)
澤田昭夫『論文の書き方』(講談社学術文庫)

第五講 古典を読みこなす――今読むべき哲学書10 3月8日(火)

関係書籍:
竹田青嗣・西研『完全解読 ヘーゲル「精神現象学」』(講談社選書メチエ)
竹田青嗣・西研『超解読 ヘーゲル「精神現象学」』(講談社現代新書)    

関連書籍は、事前に目を通したうえで参加された方が講義の内容を理解しやすくなるかと思いますが、当日は持参しなくても進められるようにいたします。
朝食は持ち込み自由。コーヒー、お茶はご用意いたします。


【キャンセルに関しまして】

お申し込み確定後のキャンセルは承っておりませんのでご了承ください。


【申し込みのシステム、Peatixについて】

チケットが見つからない、ログインができないなどのシステムに関する質問に関してはPeatix様へとお問い合わせください。
<Peatixに関するお問い合わせ>

▼TEL

0120-777-581(10:00-18:00 年末年始 GWを除く)

▼MAIL

http://ptix.co/PXN8lj

【領収書の発行について】

領収書については、Peatix上で発行が可能になります。

詳しくはヘルプページをご覧ください。

Event Timeline
Jan 12 - Mar 8, 2016
[ Tue ] - [ Tue ]
7:00 AM - 8:30 AM JST
Add to Calendar
Venue
Tickets
全5回受講料 ¥50,000

On sale until Mar 8, 2016, 6:00:00 AM

Venue Address
東京都千代田区大手町2-6-1 朝日生命大手町ビル5階 Japan
Directions
東京駅日本橋口徒歩1分・大手町駅B7出口向かい
Organizer
講談社早朝講座
168 Followers