Event is FINISHED

津田匡保×石原篤 「これからの広告会社ができること」 『これからの「売れるしくみ」のつくり方』(グラフィック社)刊行記念

Description

今秋、博報堂ケトルに所属する石原篤さんが一冊の本を上梓しました。

タイトルは『これからの「売れるしくみ」のつくり方』。

SP(セールスプロモーション)職出身で、

売り場の仕掛けづくりやイベントなど、プロモーション領域で活躍してきた石原さんは、

この数年、「もっとリアリティをもってクライアントの商品(サービス)を

“売る”ことに関与していかなければ、広告会社に未来はない!」と

強烈な危機感を感じるようになり、この本を書き始めたと言います。

クライアントの商品が“売れた”とき、その裏にはどんな“しくみ”があるのか?

その“しくみ”を広告会社がつくるためには、どんな視点や実行力が必要なのか?

「消費者だけを見ていればいい時代は終わった」という石原さんが

同書の執筆を通して考えたことを、お話しします。

またゲストに、石原さんが「今いちばん会いたかった人」として同書にも登場された、

ネスレ日本の津田匡保さんをお迎えします。

津田さんは、現在約20万人が登録する人気プログラム、

「ネスカフェアンバサダー」を立ち上げた方です。

企業発の“売れる”コミュニケーションはどのようにして生まれたのか、

石原さんが改めてじっくりお話を伺っていきます。

石原 篤(いしはら・あつし)

クリエイティブディレクター

1977年生まれ。東京都国立市出身。法政大学大学院工学研究科建設工学修了後、2002年博報堂入社。プロモーションデザイン局に配属。200711月より博報堂ケトルに所属。主な仕事に「MOSDO!(モスバーガー×ミスタードーナツ・業務提携プロジェクト)」「Mercedes-Benz Connection(メルセデス・ベンツ日本 / ブランド情報発信拠点)」「StarFes.JT SevenStars・特別協賛音楽フェス)」「flumpool ギタリスト阪井一生 ビジュアル面での休業& ダイエット復活!プロジェクト(A-Sketch)」「チョコパイ・30周年キャンペーン(ロッテ)」「niko and ... TOKYOniko and ... グローバル旗艦店)」「antenna*(キュレーションマガジン・ブランディング)」「忍者女子高生(サントリー C.C.レモン・バイラル動画)」など。フリーペーパー「Village Vanguard Magazine」編集長、カルチャー誌「3 SAN>」編集長。

【出演】

津田匡保氏(ネスレ日本)

石原篤氏(博報堂ケトル)


【日時】
2015年12月7日(月)
20:00〜22:00 (19:30開場)

【場所】
本屋B&B
世田谷区北沢2-12-4 第2マツヤビル2F

【入場料】
1500yen+500yen/1drink




Event Timeline
Mon Dec 7, 2015
8:00 PM - 10:00 PM JST
Add to Calendar
Venue
B&B
Tickets
前売/席確保(1500+500yen 1drink) ¥2,000
Venue Address
東京都世田谷区北沢2-12-4 2F Japan
Directions
下北沢駅南口徒歩30秒
Organizer
本屋B&B
10,565 Followers