Event is FINISHED

売野機子「大好きな漫画家と、大好きな漫画について語る」
ゲスト:ふみふみこ
『MAMA』完結記念トークイベント

Description

少年合唱団の寄宿舎を舞台に、少年たちの「才能」と「運命」を繊細な感情表現で綴った『MAMA』は、「コミック@バンチ」連載時から注目を集め、数々の漫画賞にノミネートされた話題の作品です。

このたび、12月9日発売の第6巻でコミックスが完結するのを記念し、作者・売野機子にとって初めてとなるトークイベントを開催いたします。

ゲストに売野機子が敬愛する漫画家ふみふみこ、司会にトミヤマユキコを迎え、『MAMA』の制作裏話から作品の魅力について、そして大好きな漫画について、たっぷりお話しします。

売野本人が自作について語る大変貴重な機会ですので、是非ご参加ください。


※イベント参加特典として、会場限定のオリジナルポストカードと描き下ろしペーパーを配布いたします。


*******************************
■プロフィール

●売野機子(うりの・きこ)

1985年生まれ。漫画家。

2009年、「楽園」(白泉社)にて『薔薇だって書けるよ』『日曜日に自殺』が掲載されデビュー。20103月に刊行された作品集『薔薇だって書けるよ』(白泉社)が好評を博す。初長編連載となる『MAMA』(新潮社)は数々の漫画賞にノミネートされるなど一躍注目を集め、129日に発売される第6巻で完結となる。その他のコミックスに『ロンリープラネット』(講談社)『同窓生代行―売野機子作品集2』『しあわせになりたい―売野機子作品集3』(共に白泉社)がある。

●ふみふみこ

1982年生まれ。漫画家。

2006年、4コママンガ『ふんだりけったり』で第11回「Kiss」ショートマンガ大賞・佳作を受賞してデビュー。「COMICリュウ」20113月号掲載『女の穴』でストーリーマンガデビュー。20119月に刊行された処女コミックス『女の穴』(徳間書店)は各方面で大反響を呼び、2014年に実写映画化された。「COMICリュウ」20125月号より『ぼくらのへんたい』連載開始。現在も好評連載中。他のコミックスに実写映画原作でもある『恋につきもの』(徳間書店)『さきくさの咲く頃』(太田出版)『そらいろのカニ』(幻冬舎コミックス)『めめんと森』(祥伝社)『さくらの園』(秋田書店)『人工精霊タルパちゃん』『ふんだりけったり』(共に講談社)『神主さんと僕の彼女』(集英社)がある。

トミヤマユキコ

1979年生まれ。ライター・研究者。

『週刊朝日』『文學界』などで書評やコラムを執筆する傍ら、早稲田大学ほか都内複数の大学で少女マンガ研究に関する講義を行う。日本テレビ「ZIP!」コミックコーナー担当。


購入されたチケットは理由の如何を問わず、取替・変更・キャンセルはできません。ご了承ください。
※開場は開演の30分前になります。

Event Timeline
Wed Dec 16, 2015
6:30 PM - 8:30 PM JST
Add to Calendar
Venue
Tickets
自由席 ¥2,000

On sale until Dec 16, 2015, 4:00:00 PM

Venue Address
東京都新宿区矢来町67 Japan
Organizer
主催:新潮社 共催:ラカグ
4,158 Followers