Event is FINISHED

管啓次郎×学生『本は読めないものだから心配するな』トークナイト

Description

 現代詩人で、英語・フランス語・スペイン語など複数言語を使って翻訳を手掛ける、明治大学の管啓次郎先生をお招きして、11月22日(日)に箱崎2Fのカフェ&ギャラリーで、学生とトークッセッションを行います。

 学生時代からの読書経験や、長期に渡る海外渡航、著書『本は読めないものだから心配するな』の話を交えながら、旅・詩・世界文学について、存分に語っていただきます。

 昨年に引き続き、学生による同好会、西南学院大学読書会十二会が主催するイベントです。ぜひお越しください。

管啓次郎×学生『本は読めないものだから心配するな』トークナイト
日時:2015年11月22日(日)19:00スタート(18:30開場)
会場:カフェ&ギャラリー・キューブリック(ブックスキューブリック箱崎店2F・
    福岡市東区箱崎1-5-14 JR箱崎駅西口から博多駅方面に徒歩1分)
参加費:一般1500円/学生500円(ワンドリンク付・要予約)
問合せ:メール natsuki.c5@gmail.com
    電話  090-7537-1140 (担当 : 吉門)
主催 : 西南学院大学 読書会十二会
共催 : 西南学院大学内GP「ことばの力養成講座」


管啓次郎さん.jpg管啓次郎(すが・けいじろう)プロフィール
1958年生まれ。詩人・翻訳家・明治大学大学院理工学研究科ディジタルコンテンツ系教授。著書に『斜線の旅』(読売文学賞、インスクリプト)、『本は読めないものだから心配するな』(左右社)。翻訳書にル・クレジオ『歌の祭り』(岩波書店)、サン・テクジュペリ『星の王子さま』(角川書店)など。


読書会「十二会」
きっかけは2012年11月24日に作家の池澤夏樹さんとディスカッションしたことでした。私を含めた数名の学生が対談相手に選ばれ、準備のために河出書房の世界文学全集を読む会を開きました。私たちは池澤さんとのディスカッションが終わった後も、読書会を続けることにしました。英語圏以外の世界各国の文学ないし、国や言語縛られない作家の作品、普遍的な価値を得ている(得るだろう)作品を課題図書にした会です。現在も続けています。また、外部から講師を招くことを積極的に行っています。昨年は京都大学の教授で『ロリータ』の新訳を行った若島正先生に来ていただきました。今年は詩人で明治大学教授の管啓次郎先生を11月にお招きします。

十二会twitter→@seinan_junikai

Event Timeline
Sun Nov 22, 2015
7:00 PM - 9:00 PM JST
Add to Calendar
Venue
カフェ&ギャラリー・キューブリック
Tickets
一般/予約/¥1500(当日会場払)
学生/予約/¥500(当日会場払)
Venue Address
福岡県福岡市東区箱崎1-5-14 ベルニード箱崎2階 Japan
Organizer
ブックスキューブリック箱崎店
1,142 Followers