Event is FINISHED

ポスト・ソーシャル研究会 第1回「監視社会論の変遷をたどるーデイヴィッド・ライアン『監視社会』を読む」

チケットは学生:800円、社会人:2000円です!
Description
個人がTwitterやLINE、Facebookといった「ソーシャルメディア」を使うことが当たり前になり、ソーシャルメディアを活用することがビジネスとなる社会の中で、ハロウィンブームやUSJの来場者数増加、フェス人気など、リアルに根付いた新しい消費の在り方が登場してきていると言われています。

しかしながら昨今では、STAP細胞の問題、バカッター問題、佐野研二郎氏のエンブレム問題や新国立競技場問題など、ソーシャルメディアで議論が過熱し、炎上したものが、そのままマスメディアを介して大問題に発展していくようになってきました。

正直、その議論というのは目を塞ぎたくなるものも少なくありません。そうしたソーシャルメディアの姿に少し疲れてきている人も多いのではないでしょうか。

ポスト・ソーシャル研究会は、ソーシャルメディア≪以後≫の社会や個人の在り方を考えるために開かれたものです。「ひとりで読むのは少しむずかしい!」という本をみんなで読んでいこうという気軽な会です。

隔週土曜日に開催しています。
定期的にゲストもお呼びしたいと考えています。


一緒に読書会を運営してくださるメンバーを募集しています!ご連絡はこちらまで
E-mail:takitomomo19@gmail.com


日時:2015年12月5日(土)14:00-16:00
会場:都内某所(東武東上線・東武練馬駅周辺を予定。※山手線内に変更の可能性あり)
人数:10名程度(思想や社会学に関心がある人だけでなく、建築やメディア系の方、関心のある方は誰でも大歓迎です。)
会費:学生:800円、社会人:2000円

Peatixの登録が難しい!という方は、下記アドレスに「お名前」「参加人数」をお知らせください。
E-mail:takitomomo19@gmail.com

今回のテーマ:「監視社会論の変遷をたどるーデイヴィッド・ライアン『監視社会』を読む」と題しまして、監視社会論では馴染みのあるライアンの『監視社会』を紐解きながら、「SNS時代における『監視社会』って?」というところまで踏み込んだ話をみなさんとしていきたいと思います。

【イベントの流れ】
①自己紹介
②課題本の紹介
③一人一人感想を数分話す
④フリートーク
⑥まとめの感想
Event Timeline
Sat Dec 5, 2015
2:00 PM - 4:00 PM JST
Add to Calendar
Venue
都内某所
Tickets
参加料(学生) ¥800
参加料(社会人) ¥2,000
Venue Address
東京都板橋区 Japan
Organizer
Hikaru Hayakawa
1 Follower