Event is FINISHED

ハードウェア・アイディアソン・横浜 | International Space Apps Challenge Tokyo

宇宙データを使って、ものづくりしたいチームの事前勉強会
Description
4月20日、21日のハッカソンに先立ち、4月13日(土)にアイディアソンを行います。

横浜で開催されるこのイベントに参加した方が所属するチームが、ハッカソンの最終審査で yokohama fab またはASTRAX 特別賞を受賞もしくはそれに準ずる成果を出した場合に、ハードウェアの使用料を無料にいたします。

yokohama fab 特別賞の副賞
・宇宙グッズ(人数分)
・ハッカソン時のハードウェア使用料無料
・モバイルアプリの場合はアプリレビューを大手サイトへ掲載

ASTRAX 特別賞

・ハッカソン時のハードウェア使用料無料
・モバイルアプリの場合はアプリレビューを大手サイトへ掲載
・その他準備中


本番ハッカソンではyokohama fabさん、Fablab Shibuya さんのご協力の元、会場に3Dプリンタを設置いたします。宇宙データの利用について社会問題を解決するアイディアを出し合い、ものづくりの構想を考えましょう。
IllustratorやInkscapeが得意なデザイナーの方はもちろん、デザインはできないけどアイディアはある!ITを使った社会問題の解決に興味あり!という方も大歓迎。学生や様々な業種の方々のコラボレーションを期待します。

International Space Apps Challenge Tokyo ハードウェア・アイディアソン
宇宙観測データを使って、社会的課題を解決しよう!

開催概要

日程: 2013年4月13日(土)
場所: さくらWORKS
参加費: 500円
定員: 20名
対象: 宇宙観測データを使った課題解決に興味がある方であれば誰でも可
スケジュール:
 16:00 受付開始
 16:30 イベント開始・ルール説明
 17:00 使用可能なハードウェアについての説明
 18:00 アイディアソンおよび発表
 19:00 終了

※スケジュールは予定。変更になる可能性があります。


【4/20-21 ハッカソン本番のスケジュール】
・International Space Apps Challenge Tokyo(4/20-21朝まで) 会場にレーザーカッター、3Dプリンターを設置。ハードウェア・アイディアソンに参加された方がいるグループのみ利用可とする。

Fablab Shibuya が設置する3Dプリンタは 21日朝撤収(8:00-9:00ごろを想定)
 yokohama fab が持ち込む3D プリンターはハッカソン終了まで使用可。

・3Dプリンタ以外の出力については、20日(土)はデザインやシステム設計、デジタルデータ作成など事前準備を中心に行う。

・21日午前中(9:00-12:00)をハードウェア・コアタイムとして FabLab Shibuya で成果品の出力を行う。(レーザーカッターなど大型の機材、材料費など実費は、各グループによる個人負担)。

・21日の成果発表会(会場:DENSO IT-Lab / at 渋谷クロスタワー28F)へは、出力した作品を参加者自ら運搬してプレゼンする。




問い合わせ先
International Space Apps Challenge Tokyo 2013 運営委員会
http://tokyo.spaceappschallenge.org

・主催:International Space Apps Challenge Tokyo 2013 運営委員会
・共催:東京大学 地理空間情報科学研究センター
・協力:JAXA, オープンストリートマップファウンデーション・ジャパン(OSMF Japan)、日本科学未来館, Fablab Shibuya, Yokohama Fab
・協賛:デンソーITラボラトリー
Event Timeline
Updates
  • イベント詳細情報を更新しました。 Diff 2013-04-10 13:33:00
More updates
Sat Apr 13, 2013
4:00 PM - 7:00 PM JST
Add to Calendar
Venue
Tickets
一般
Venue Address
横浜市中区相生町3-61 泰生ビル2F Japan
Organizer
ISAC Tokyo 事務局
26 Followers