Event is FINISHED

円堂都司昭×宮沢章夫 「終末・都市・サブカルチャー」 『戦後サブカル年代記 ―日本人が愛した「終末」と「再生」―』刊行記念

Description
円堂都司昭さんによる最新刊『戦後サブカル年代記 -日本人が愛した「終末」と「再生」-』が、青土社より好評発売中。
本書は、ゴジラ『日本沈没』『ノストラダムスの大予言』『漂流教室』『宇宙戦艦ヤマト』『危険な話』 『世界の終りとハードボイルドワンダーランド』
『AKIRA』 『風の谷のナウシカ』『完全自殺マニュアル』 オウム真理教
『新世紀エヴァンゲリオン』『新・ゴーマニズム宣言SPECIAL 戦争論』
『虐殺器官』 セカイ系 「希望は、戦争」『進撃の巨人』 『永遠の0』 SEKAI NO OWARIなどをトピックに、戦後の歩みの全貌を「終末カルチャー」の歴史として描き出した、日本文化論の新たな決定版です。
今回B&Bでは、『戦後サブカル年代記 -日本人が愛した「終末」と「再生」-』刊行を記念してトークイベントを開催します。
対談のお相手には、昨年10月に『NHK ニッポン戦後サブカルチャー史』を上梓し、今月10月2日からは、NHK『ニッポン戦後サブカルチャー史 Ⅱ』の放送もスタートした、劇作家の宮沢章夫さんをお迎えします。
文芸・音楽評論家である円堂さんと、劇作家である宮沢さん。おふたりのまなざしの先に映る“戦後サブカルチャー”とはどのようなものなのか。さまざまな切り口があるなか、今回は特に80年代に重きを置き、「終末・都市・サブカルチャー」をテーマに語っていただきます。
どうぞお楽しみに!


【出演】
円堂都司昭(文芸評論家、音楽評論家)
宮沢章夫(劇作家)

【日時】
2015年10月24日(土)
19:00~21:00 (18:30開場)

【場所】
本屋B&B
世田谷区北沢2-12-4 第2マツヤビル2F

【入場料】
1500yen+500yen/1drink


Event Timeline
Sat Oct 24, 2015
7:00 PM - 9:00 PM JST
Add to Calendar
Venue
B&B
Tickets
前売/席確保(1500+500yen 1drink) ¥2,000
Venue Address
東京都世田谷区北沢2-12-4 2F Japan
Directions
下北沢駅南口徒歩30秒
Organizer
本屋B&B
10,553 Followers