Event is FINISHED

【シアター天狼院OPEN:10/9Fri. 10/10Sat.上映】『サム・サフィ』(ヴィルジニ・テヴネ監督)天狼院が福岡女子に贈るスペシャルMOVIE《福岡天狼院》

Description
*本イベントは事前決済制となります。Peatixもしくは店頭で決済が終了次第の受付完了となりますのでご注意ください。
*チケットは10月9日(金)の分と10月10日(土)の分からお選びください。

天狼院書店店主およびシアター天狼院支配人の三浦でございます。

天狼院書店は「READING LIFE」、すなわち、「本」とその先にある「体験」までも提供する次世代型書店です。
2013年9月に東京池袋に1店舗目「東京天狼院」をオープンし、2015年9月12日に「天狼院STYLE表参道」をオープンし、そして、満を持して、先日2015年9月26日に「福岡天狼院」をオープンすることができました。

福岡天狼院は、じつは、天狼院書店の実質的な旗艦店。
今マスメディアで話題になっている「東京天狼院」よりも、売り場面積にして2.6倍、仕掛けの数にして10倍という、本気モードの天狼院としてオープンしました。

その中でも、目玉のひとつが、「シアター天狼院」。
なんと、本屋の中に映画館をつくってしまったのです!

150インチ(横幅およそ4メートル)の巨大スクーンで、座席数が最大50席!
しかも、音響は最新鋭のDOLBYアトモスを搭載!
なんと、通常の映画館のDOLBYサラウンドよりも上位の音響設備を搭載してしまったのです!

今回、初めてその「シアター天狼院」が本・格・稼・働いたします!!!

そのこけら落としとなる作品が、『サム・サフィ』(ヴィルジニ・テヴネ監督)です。
福岡女子の皆様にぴったりの作品をと、巴里映画の代表であり、数々の大ヒット著作をお持ちの高野てるみさんと選び、この映画に決めました。

女子にとっての「自由」そして、女子にとっての「ふつう」について、描かれた作品です。
奔放な生活をしていた主人公のエバは、突然、「ふつう」の生活に憧れるようになります。
けれども、「ふつう」を目指せば目指すほどに、歯車が噛み合わずに、結局は「ふつう」になりきれない。

個性豊かな登場人物たちと物語が後半にむけて噛み合っていき、おもわず、拍手をしてしまいたくなるような痛快なラストが待っています。

書店での映画上映は、おそらく、ほとんどの人が体験したことがないのではないでしょうか?

天狼院書店は、カフェのメニューもデザートも充実しております。
そのメニューを楽しみながら、映画を鑑賞ください。

新しいスタイルの映画鑑賞をお楽しみいただければと思います。

【「サム・サフィ」について】
SAM SUFFITとは、「もう、たくさん」という意味。

’90年代に生きるエバは、自由な時代にうんざり気分。
今、マジメな生活こそ、一番刺激的だと考える。
エバが見つけた新しい仕事、新しい友達、新しい生活とは・・・・・・。

バルセロナからパリ、ブルターニュとエバは風のように生きる。ジプシー的生活を送っていたちょっと不良のエバが、ある日突然”フツーの生活”にあこがれを抱き、住み込みの家政婦をしたり、市役所の窓口担当の仕事をしたりと、フツーの生活を始める。そんなとき、ホモセクシャルのアーティスト、ピーターと知り合い、ピーターもまた、エバの存在によってフツーの恋愛、フツーの結婚願望を持つフツーの男に目ざめていく。エバとピーターの”フツー”探しをめぐる、パリの”原色スケッチ”ともいうべき、一風変わった面白ストーリー。
何が今、女の子にとって一番刺激的で大切なことなのか。女の子が等身大で描かれています。
この映画を観たら、誰もが「エバは自分によく似ている」と思うに違いありません。

【概要】
日時:10月9日(金)/10月10日(土)
10月9日(金)
19:00 開場
19:30 上映開始
10月10日(土)
10:00 開場
10:30 上映開始
定員:各30名様
入場料:1,500円
*本イベントは事前決済制となります。Peatixもしくは店頭で決済が終了次第の受付完了となりますのでご注意ください。
場所:天狼院書店「福岡天狼院」
Event Timeline
Oct 9 - Oct 10, 2015
[ Fri ] - [ Sat ]
7:30 PM - 9:00 PM JST
Add to Calendar
Venue
天狼院書店「福岡天狼院」
Tickets
『サム・サフィ』(10月9日分) ¥1,500
『サム・サフィ』(10月10日分) ¥1,500
Venue Address
福岡県福岡市中央区今泉1-9-12 ハイツ三笠2F Japan
Organizer
天狼院書店
1,323 Followers