Event is FINISHED

大塚ひかり×まんしゅうきつこ「日本のエロス」

『本当はエロかった昔の日本』(大塚ひかり著)刊行記念特別公開対談
Description

 日本男児はエロかった。やまとなでしこもエロかった。そしてエロいは偉かった!
 兄と妹の近親姦からはじまる『古事記』、不倫の恋満載の『源氏物語』、実は弥次喜多は男色カップルだった『東海道中膝栗毛』など、お堅いと思われがちな日本の古典文学は、実はエロスに満ちあふれています。

 時代と共に変わってきたモテる女の条件とは? 処女に価値がでたのはいつからか? 人妻が流行った時代とは? 「不倫が文化」って本当? あげまん、さげまんのルーツとは? 河童と男色の関係って? などなど、大ひかりさんの新刊『本当はエロかった昔の日本 古典文学で知る性愛あふれる日本人』には、目から鱗の事実が続々登場します。

 古典のおもしろみをあますところなく伝えている同書の刊行を記念し、人気漫画家まんしゅうきつこさんと、さらにディープに語っていただきます。お二人の初顔合わせとなる貴重な公開対談をお見逃しなく!

 *トーク終了後は、会場で本を買われた方を対象に大さん、まんしゅうさんのサイン会を行う予定です。なお時間の都合上、サインはお一人さま一冊とさせていただきます。



*******************************
■プロフィール


大塚ひかり
1961
年神奈川県生まれ。早稲田大学第一文学部日本史学専攻。『源氏の男はみんなサイテー』『ブス論』『愛とまぐはひの古事記』『女嫌いの平家物語』個人全訳『源氏物語』全六巻(以上、ちくま文庫)『快楽でよみとく古典文学』(小学館)『ひかりナビで読む竹取物語』(文春文庫)『本当はひどかった昔の日本 古典文学で知るしたたかな日本人』(新潮社)『昔話はなぜ、お爺さんとお婆さんが主役なのか』(草思社)など著書多数。

まんしゅうきつこ
1975
年埼玉県生まれ。日本大学藝術学部卒。ブログ『まんしゅうきつこのオリモノわんだーらんど』で注目を浴び、漫画家、イラストレーターとして活躍。著書に『アル中ワンダーランド』(扶桑社)『ハルモヤさん』(新潮社・「ゴーゴーバンチ」で連載中)など。


※購入されたチケットは理由の如何を問わず、取替・変更・キャンセルはできません。ご了承ください。
※開場は開演の30分前になります。

Event Timeline
Tue Dec 1, 2015
7:00 PM - 8:30 PM JST
Add to Calendar
Venue
Tickets
自由席  ¥2,000

On sale until Dec 1, 2015, 4:00:00 PM

Venue Address
東京都新宿区矢来町67 Japan
Organizer
主催:新潮社 共催:ラカグ
4,160 Followers