Event is FINISHED

Workshop on LiDAR Data Processing using LAStools

LAStoolsを使ったLiDARデータ処理講習会
Description

Location 場所

Knowledge Capital Salon, Grand Front Osaka

グランフロント大阪 北館7F、ナレッジサロン

参加費:
ワークショップ: 無料
懇親会: 4000円
定員: 24名(先着順) (ワークショップ/懇親会)

Lecturer 講師

Martin Isenburg http://rapidlasso.com

About the workshop ワークショップについて

We will start with a short and lively introduction to LiDAR processing with examples of different projects such as the Canary Islands where the vegetation-penetrating lasers uncovered elevation differences of up to 25 meters between the official government maps and reality, flood mapping in the Philippines, archaeological finds in Polish forests, and mapping biomass in Thailand, or other recent "laser adventures".

まず、短く活発な導入から始め、以下の様々なプロジェクトを例にLiDAR処理について解説します。
  • カナリー島での植生貫通レーザを利用した、公式の行政地図と現実との間の、25mに達する非被覆標高の差異
  • フィリピンの洪水マッピング
  • ポーランドの森林での考古学的な発見
  • タイでのバイオマスのマッピング
  • その他、最近のレーザー動向
This is followed by a hands-on session during which attendees will perform the core steps of a LiDAR processing workflow on their own Windows laptops using the software and data provided. If you were to be given a folder full of raw LiDAR point cloud files and your goal was to create several products from this data then we will teach you all the steps you should go through in a condensed, practical, and very intuitive manner. We will touch upon parts of

続くハンズオンセッションで、受講者はLiDAR処理ワークフローの核心的な手順を、自分のWindowsノートPC上で、ソフトウェアと用意されたデータを使用して実行します。
もし、受講者が生のLiDAR点群ファイルを格納しているフォルダーを持っていて、そのデータから何らかの成果を作成することが目的である場合には、受講者が進むべき全ての手順を、簡潔で、実践的、かつ直感的な方法で教えます。

(1) LiDAR quality checking such as pulse density, coverage, and flightline alignment,
(2) LiDAR preparation (compressing, buffering, tiling, denoising, classifying),
(3) manual editing of important miss-classified features,
(4) LiDAR derivative creation (DTM and DSM rasters, contours, CHM or nDSM rasters, pit-free and spike-free algorithms),
and - if time permits - (5) some intuition about how full-waveform is different from discrete LiDAR and their exploration with PulseWaves.

ハンズオンセッションでは、以下の項目について取り扱います。
(1) LiDAR品質のチェック (パルス密度、カバレッジ、フライトライン整列など)
(2) LiDARの前処理 (圧縮、バッファリング、タイリング、ノイズ除去、分類)
(3) 間違って分類された重大なフィーチャの手作業での編集
(4) LiDARからの派生物の作成 (DTMやDSMラスター、コンター、CHMやnDSMラスター、pit-free・spike-freeアルゴリズム)
- もし時間が許せば -
(5) 全波形型LiDARと離散型LiDARの違いと、パルス波と組み合わせた探査についての洞察など
Event Timeline
Fri Nov 13, 2015
2:00 PM - 6:00 PM JST
Add to Calendar
Venue
Tickets
ワークショップ / Workshop
懇親会 / Party ¥4,000
Venue Address
GRAND FRONT OSAKA North Building 〒530-0011 Osaka Prefecture, Osaka 北区大深町3−1 Japan
Directions
http://kc-i.jp/en/access/
Organizer
Georepublic (Daniel Kastl)
19 Followers