Event is FINISHED

第1回 ローカルメディアをかんがえる

ゲスト:『TOmagazine』編集長 川田洋平さん
Description
じぶんの暮らしにとって本当に必要な情報をどこで手に入れていますか?

30代までのスマートフォンの所有率が80%を超えました。
ネット新聞やキュレーションメディアで国内外の情報に触れ、SNSやブログで個人の発信する情報に触れる、ということが当たり前になっています

毎日スマホのタイムラインには膨大な情報が流れてきます。
それを瞬時に消化、ないしはタイトルをチラ見しただけでスルーします。
10分後、またタイムラインを見れば、さきほどとは違う情報が流れています。

このような情報過多の時代をわたしたちは生きています。

便利な時代になったのは間違いありませんが、、
自分にとって本当に必要な情報や
日常生活に役立つ情報を見つけるのが難しい時代でもあります。

自分の暮らしにかかわる範囲の、自分の生活圏の情報。
それは、ほどよく「ローカル」な情報です。
そういう情報が求められる時代です。

「ハイパーローカルな東京23区のカルチャーガイド」を謳う『TOmagazine』は、
東京23区を毎号1区ずつ特集していく雑誌メディアです。


狭すぎず広すぎない「区」という絶妙なサイズ感で切り取られた情報は、
そこで暮らす人や働く人にとって「じぶんごと」の情報です。

編集長の川田洋平さんは、毎号特集する区に引っ越し、自らそこに暮らしながら雑誌をつくってきました。

地元の方も驚く情報の掘り下げ方とプロダクトとしての圧倒的なクオリティで、『TOmagazine』 は紙モノのローカルメディアの中でも抜きんでた存在といえます。

京都で暮らすわたしたちが必要とするローカルメディアとは何なのでしょうか。みなさんは紙メディアかwebメディアかを問わず、自分の暮らしにかかわるメディアに触れていますか?

もし自分にとってそのようなメディアがなければ、自分たちでつくってしまうというのものよいかもしれません。

そのためのヒントが『TOmagazine』の中に潜んでいるはずです。


【定員】20名
【参加費】1,500円
【日時】2015年10月24日(土)14:00~17:00
【会場】REDIY
〒600-8848 京都市下京区朱雀宝蔵町73-1
【スケジュール】
13:30~ 開場

第1部
14:00~ トーク開始

第2部
15:00~ ワークショップ・発表
(参加者を何組かに分け、「京都版『TOmagazine』をつくるとしたら」と仮定して、目次と台割を作成しても
らいます)

第3部
16:00~ 質疑応答・交流タイム

17:00  終了

【このような方におすすめです】
  • すでにメディアをもっている(紙・web・SNS問わず)
  • メディアをもちたいと考えている
  • メディアをつくる仲間を探している
  • まちづくりに興味関心がある
  • 京都をメディアでよくしたいと考えている
  • 雑誌メディアが好きだ
  • 『TOmagazine』の読者
【ゲストプロフィール】
川田洋平さん
1988年埼玉生まれ。ハイパーローカルな東京23区シティカルチャーガイド『TOmagazine』編集長。大学卒業後ファッション系ウェブマガジンの編集に携わる。2013年2月『TOmagazine 足立区特集号』発売を機に独立。現在はクリエイティブカンパニー「東京ピストル」に所属し、広告制作やクライアントワークなどを手掛ける


開催概要

日時:2015年10月24日(土)
会場:REDIY
時間:14:00~17:00(開場 13:30)
主催:AZ Kyoto
共催: 株式会社めい
お問い合わせ:az_kyoto_pr※az-hd.co.jp
メール送信時には※部分を@にご変更ください。
Event Timeline
Sat Oct 24, 2015
2:00 PM - 5:00 PM JST
Add to Calendar
Venue
REDIY
Tickets
参加費 ¥1,500
参加費(学生無料)
Venue Address
〒600-8848 京都市下京区朱雀宝蔵町73-1 Japan
Organizer
amu KYOTO
90 Followers