Event is FINISHED

細野豪志×東浩紀「愛国と博愛の未来を考える ~団塊ジュニアの日本論~」

前売/2000円 当日/2500円 (1drink付き)◆==ゲンロン友の会/学生証提示で1500円に!==◆
Description

※当イベントは、テーブルがない席へのご案内になる可能性もございます。あらかじめご了承ください。

※当日は公開のインターネット中継が行われます。予めご了承ください。

去る3月14日には国会議員有志が抗議集会を開くなど、社会問題としてふたたび注目を浴びつつある在特会デモ。「韓国人を殺せ」など過激な主張が目立つ彼らの行動は、従来の右翼とは一線を画する、新しいタイプのナショナリズムの拡大を予感させる。その背景には、失われた20年で培われた鬱屈の感情があり、またソーシャルメディアをインフラとした新たな動員の戦略がある。

日本を愛するとはなんなのか。他民族との「共生」とはなにを意味するのか。そもそも私たちは、子供にどのような日本を手渡すべきなのか。

3.11以降特命大臣として原子力行政を担当し、新たな綱領では「共生社会」の構築を訴えた民主党幹事長・細野豪志がついにゲンロンカフェに降臨。同じ41歳、1971年生まれの東浩紀と、ひとりの父、ひとりの男として「日本の未来」「社会の未来」をめぐり激論を交わす。

ゲンロンカフェだからこそできる、最前線の政治家と哲学者による本音トーク。これこそが現代の新たな「饗宴(シュンポシオン)」だ!

登壇者プロフィール


細野豪志
1971年生まれ。滋賀県出身。衆議院議員。京都大学法学部卒。2000年に28歳で初
当選。
その後5回連続、小選挙区で勝利し当選している。
有事の際の国民保護法、海洋基本法、宇宙基本法などに関わった後、原発担当大
臣、環境大臣、民主党政調会長を歴任。現在は民主党幹事長。


東浩紀
1971年生まれ。東京都出身。哲学者・作家。専門は現代思想、表象文化論、情報社会論。東京大学大学院総合文化研究科博士課程修了。早稲田大学文学学術院教授。株式会社ゲンロン代表、同社発行『思想地図β』編集長。著書に『存在論的、郵便的』(新潮社、第21回サントリー学芸賞)、『動物化するポストモダン』(講談社現代新書)、『クォンタム・ファミリーズ』(新潮社、第23回三島由紀夫賞)、『一般意志2.0』(講談社)など多数。


【注意事項】

・コンビニ/ATMでのお支払いは 原則返金を受け付けられません。 ご注意ください。

・当日、ゲンロン友の会会員証または学生書提示で500円キャッシュバックいたします(併用不可、学生証は国立公立学校または学校法人が発行したもの)。

・チケット料金は税込価格です。

・開場は開演1時間前の19:30となります。

Event Timeline
Updates
  • タイトル は 細野豪志×東浩紀「愛国と博愛の未来を考える ~団塊ジュニアの日本論~」 に変更されました。 Diff 2013-03-25 12:08:00
More updates
Thu Apr 4, 2013
8:30 PM - 10:00 PM JST
Add to Calendar
Venue
Tickets
【一般席】前売分 1drink付  ※当日、友の会会員証/学生証提示で500円キャッシュバック ¥2,000
【追加席】前売分 1drink付  ※当日、友の会会員証/学生証提示で500円キャッシュバック ¥2,000

On sale until Apr 4, 2013, 12:30:00 AM

Venue Address
東京都品川区西五反田1-11-9 司ビル6F Japan
Organizer
ゲンロンカフェ
4,757 Followers