Event is FINISHED

Arduinoで電子工作!放射線線量計をつくろう!

放射線量測定ガイガーカウンターをSafecastメンバーと一緒に作る!
Description

【Safecastとは】

Safecastとは環境データを与え、人々に力を与えるプロジェクトです。Safecastは放射線レベルを地図上で表示し、センサーネットワークを築き、集積したデータを人々に自由に使ってもらえるよう提供しています。Safecastでは、誰でも組み立て、使用ができるGPS機能付き放射線線量計「bGeigie Nano(ビーガイギー・ナノ)」を提供しています。その活動はIAEA(国際原子力機関)でもプレゼンを行っており、世界で3つの会社でしか作れない国際基準を満たしたセンサーを使用し、国際的にも認められたプロジェクトを行っております。

Safecast公式サイト

【ワークショップについて】

今回のワークショップでは、Safecastの放射線量測定器bGeigie Nanoの組み立てワークショップと実際に放射線測定を行います。組み立てにはハンダ付けを行いますが、未経験者でもメンバーがサポートするため、大丈夫です。

ものづくりに興味のある方、自分で放射線線量計を作ってみたい方、SAFECASTに興味のある方などなど、是非ご参加、お立ち寄りください。

ワークショップ体験レポート


【ハッカソンについて】

Eyes, JAPANの開発している“FUKUSHIMA Wheel”をテーマに、SafecastのbGeigie Nanoが自転車についた場合、どのようなアイデア&ハックができるのか、その技術、デザイン、アイデアを競い合うコンテストです。

FUKUSHIMA Wheel


【開催場所】

Workshop:会津大学S教室

Hackathon:Eyes, JAPAN Co. Ltd.


【スケジュール】

Workshop編

10/10(土)Workshop Day 1

10:00 開会式

10:05 基調講演『Safecast -What’s Citizen Science-』ほかご講演

11:00 bGeigie Nano組み立て開始

17:00 組み立て完成!


10/11(日)Workshop Day 2

8:00 会津大学に集合

南相馬市へ移動

12:00 南相馬市内の計測活動など企画

18:00 会津若松市内で解散


Hackathon編

10/10(土)

10:00 開会式

10:05 基調講演『Safecast -What’s Citizen Science-』ほかご講演

11:00 会場移動

12:00 Hackathon開始

17:00 中間発表


10/11(日)

9:00 Hackathon 2日目開始

16:00 最終発表

17:00 結果発表

18:00 解散


【持ち物】

必須ではございませんが以下のようなご愛用の工具があればご持参ください。

・半田ごて

・精密ドライバー

・ライト付拡大鏡


【参加費】

50,000 円(bGeigie Nano キット代金のみ、講演講師費無料)

制作するキットは1つとなりますが、1回の申込みで最大2名まで参加可能です。


Event Timeline
Updates
  • 会場 は 会津大学 S2,3教室 に変更されました。 Diff 2015-10-08 14:54:01
More updates
Oct 10 - Oct 11, 2015
[ Sat ] - [ Sun ]
10:00 AM - 5:00 PM JST
Add to Calendar
Venue
会津大学 S2,3教室
Tickets
ハッカソンチケット
ワークショップ参加費(講師料無料) ¥50,000

On sale until Oct 9, 2015, 1:31:00 PM

Venue Address
福島県会津若松市一箕町大字上居合90 Japan
Organizer
Safecast Japan
8 Followers