Event is FINISHED

アジアマーケットで日本発のプロダクト・サービスがPR活動するときのポイントとは?

現地の動向を知るメディア、スタートアップ、エージェンシーの方々によるトークセッション
Description
「今後アジアでサービス展開したい!」「すでに、進出しているけどなかなかサービスを知ってもらえない」など、悩んでいる事業担当者、経営者の方は多いのではないでしょうか?

今回、PR Tableではアジアのスタートアップ情報を発信する「Tech In Asia」でビジネスデベロップメントを担当する日向氏、アジア圏で教育系アプリ「Clear」を展開するアルクテラス株式会社の新井社長、そして日本企業のアジア進出におけるコミュニケーション活動をサポートするVivid Creationsの齋藤社長をお招きして、「アジア圏におけるPR戦略」をテーマにトークセッションを開催いたします。

アジアマーケットのトレンドからプロダクト・サービスのPR戦略まで、リアルボイスでお届けするイベントになりますので、アジアマーケットを攻略したい事業担当者、経営者の皆さまのご参加をお待ちしております。

■日時
2015年10月8日(木)19:30〜21:30 (受付:19:00〜)
※トークセッションは1時間程度を予定しており、交流会の時間もございます

■会場
Sansan(株)イベントスペース
東京都渋谷区神宮前5-52-2 青山オーバルビル13F MAP

■内容
・アジアマーケットのトレンド、流行るプロダクト・サービスは?
・PR活動を行ううえで、おさえておくべきポイント
・PR活動のケーススタディ
・質疑応答

■参加費・定員
無料・50名程度

■登壇者プロフィール(順不同、敬称略)

・Tech in Asia 日向徳旭
アメリカに留学後、2009年からニューヨークのソフトウェア会社で、モバイルコンテンツ系会社への投資案件ソージング業務を担当。その後中国上海にて上場企業の株式調査の業務を担当。帰国後アジアのスタートアップ情報を発信するTech in Asiaの日本事業の立ち上げに参画。アジア中の起業家、投資家を集めたカンファレンス事業に従事。先月9月にはTech in Asia Tokyo カンファレンスを開催し、2016年はインドバンガロールでのカンファレンスの開催を予定。



・アルクテラス株式会社 代表取締役社長 新井豪一郎
イギリス、オーストラリア、米国、日本で育つ。 NTT、星野リゾートを経て「個々に最適化した教育を通じて世界の可能性を拓く」という思いに基づいて2010年10月、アルクテラス株式会社を創業。「勉強ノートのInstagram」であるClearをグローバル展開中。2013年末に国内でリリースした後、2015年4月タイでリリース、2015年10月台湾でリリース、2015年12月インドネシア、2016年3月米国、フィリピン、韓国でリリース予定。以降はインド、ブラジル、ロシアでのリリースを予定。

参考記事:TechCrunch


・Vivid Creations Pte Ltd 代表取締役社長 齋藤 真帆(さいとう・まほ)
神奈川県横浜市出身。大学卒業後、出版局を経て某メーカーで海外プロジェクトに携わり、台湾で働く。帰国後の2006年にシンガポールの日系企業に就職。2009年にイベント・展示会の企画運営及びマーケティングを行う会社Vivid Creationsを設立し、企業や自治体のマーケティングサポートや自社コンテンツとして、日本で大ブームとなったリアル脱出ゲームのシンガポール興行、英語落語公演などを企画・運営。日本の 誇るべき伝統文化から現代のポップカルチャーまで、日本の優れたコンテンツをASEAN諸国に紹介している。

参考記事:Lifehacker


・モデレーター 市來孝人
PR会社勤務の後独立し、メディアプランナー・エディター・DJ・MCなどとして活動中。2014年7月〜2015年6月、シンガポールの外国語ラジオ放送局「XFM」の日本語ラジオ番組「FM 96.3 SMILE WAVE」でレポーターを務めた。現在、WEBメディア「SENSORS」「AdGang」等の編集・執筆を担当。
Event Timeline
Updates
  • イベント詳細情報を更新しました。 Diff 2015-09-21 06:10:58
Thu Oct 8, 2015
7:30 PM - 9:30 PM JST
Add to Calendar
Venue
Sansan(株)イベントスペース
Tickets
チケット
Venue Address
東京都渋谷区神宮前5-52-2 青山オーバルビル13F Japan
Organizer
PR Table
177 Followers
Attendees
55 / 55