Event is FINISHED

村田沙耶香×瀧井朝世「新潮読書クラブ〈第一回 山田詠美『蝶々の纏足・風葬の教室』〉」

Description
この秋、新潮社のオフィシャル読書会が始まります!

現代文学の珠玉の名作や話題の海外文学、なかなか読む機会のなかった古典まで―—。毎回バラエティ豊かな新潮社の棚の中から課題図書を選び、その本の愛読者であるゲストをお呼びして、公開読書会を開催いたします。もちろん、参加者の皆様に、感想や読後感、そして偏愛(?)をシェアしていただく時間もございます。

第一回の課題図書は、山田詠美さんの『蝶々の纏足・風葬の教室』(新潮文庫)を取り上げます。美しい親友からの支配、教室という牢獄、初めて嗅いだ死の匂い――切ないほど残酷な思春期の感性をリリカルに描き、「10代のバイブル」として愛され続ける傑作です。“読書クラブ”の部長として会を進行してくださるのは、古今東西さまざまな本を読んできたライターの瀧井朝世さん。そして今回の “一緒に読む人”は、山田文学の熱狂的な愛読者である作家の村田沙耶香さんです。

かつてこの本に魅せられた方、この読書会をきっかけに初めてページをめくる方、どんな方でもお気軽にご参加ください。新潮読書クラブでは、新しい出会いをご用意してお待ちしております。

*新潮読書クラブの前半は登壇者による公開読書会、後半は参加者の皆様から発言していただく時間を設けます。
*課題図書を読んできていただくと、より楽しんでいただけるイベントです。
*新潮読書クラブは、sokoにて定期的に開催していく予定です。参加ごとにもらえるスタンプを集めると、素敵なプレゼントも……!

*******************************
◆プロフィール
村田沙耶香(むらた・さやか)
作家。1979年千葉県生まれ。玉川大学文学部芸術文化学科卒。2003年「授乳」で群像新人文学賞(小説部門・優秀作)受賞。2009年『ギンイロノウタ』で野間文芸新人賞、2013年『しろいろの街の、その骨の体温の』で三島由紀夫賞受賞。著書に『マウス』『星が吸う水』『ハコブネ』『タダイマトビラ』『殺人出産』などがある。

瀧井朝世(たきい・あさよ)
フリーライター。1970年生まれ。慶應義塾大学文学部卒。朝日新聞「売れてる本」欄、WEB本の雑誌「作家の読書道」、本の話WEB「作家と90分」、『波』『週刊新潮』『きらら』『anan』『CREA』『FRaU』『パピルス』『小説宝石』『ミステリーズ!』『読楽』などで作家インタビュー、書評、対談企画などを担当。2009年~2013年にTBS系「王様のブランチ」ブックコーナーに出演。現在は同コーナーのブレーンを務める。

※購入されたチケットは理由の如何を問わず、取替・変更・キャンセルはできません。ご了承ください。

※開場は開演の30分前になります。

Event Timeline
Updates
  • イベント詳細情報を更新しました。 Diff 2015-10-08 08:29:57
More updates
Wed Oct 14, 2015
7:00 PM - 8:30 PM JST
Add to Calendar
Venue
Tickets
自由席 ¥1,500

On sale until Oct 14, 2015, 4:00:00 PM

Venue Address
東京都新宿区矢来町67 Japan
Organizer
主催:新潮社 共催:ラカグ
4,160 Followers