Event is FINISHED

本田直之×福岡移住計画 あたらしい移住~脱東京->福岡行 スペシャルナイト 

Description

『あたらしい移住』~脱東京ー>福岡行~スペシャルナイト


■イベント概要

「あたらしい働き方はもう始まっている」

いままさに世界で生まれつつある「古い価値観や常識に縛られないあたらしい働き方」とはなんなのか?

その動きは、日本でも。震災後、あたらしい価値観とはたらきを実現している人たちがいる。大きなうねりが起きている、『移住』。レバレッジコンサルティング株式会社代表取締役 本田直之氏が、全国16地域を旅して取材した内容を、『あたらしい移住』として出版されたことを記念し、福岡移住計画と共同で、イベントを開催します。


◎本田直之著 脱東京 仕事と遊びの垣根をなくす、あたらしい移住



レバレッジコンサルティング株式会社代表取締役 本田直之氏、株式会社ランサーズ 取締役COO 足立和久氏、北九州家守舎 遠矢弘毅氏、福岡市経済観光局 山下龍二郎氏を迎え、「福岡はなぜ注目されるのか」をトークセッション形式でお届けいたします。

みなさまのご参加お待ちしております。

【日時】2015年10月3日(土)

18:30 会場・受付
19:00 開会
19:10 メインスピーカー 本田直之氏
20:00 「福岡はなぜ注目されるのか」エリアトーク
福岡市 × IT、スタートアップ(クリエイティブキャンプ)
糸島市 × クラウドソーシング(ふるさとテレワーク)
北九州市 × リノベーション(リノベーションスクール)

20:45 登壇者によるクロストーク

21:00 - 21:30 ワークショップ

*タイムスケジュールは変更する可能性がございます。


【場所】六本木ヒルズ内 会議室

【チケット代金】

セッション参加チケット: 特別招待券無料

-------------------------------------------

※当日券は、会場の様子により若干の発行を想定しております。
【定員】先着150名


■登壇者 本田直之 氏

レバレッジコンサルティング株式会社代表取締役。
シティバンクなどの外資系企業を経て、バックスグループの経営に参画し、常務取締役としてJASDAQ 上場に導く。現在は、日米のベンチャー企業への投資育成事業を行う。ユニオンゲートグループ取締役、Aloha Table 取締役、エポック取締役、コーポレート・アドバイザーズ取締役、米国Global Vision Technology社取締役、東京レストランツファクトリー顧問、アスロニア顧問などを兼務。

ハワイ、東京に拠点を構え、年の半分をハワイ、3カ月を日本、2カ月をヨーロッパ、1カ月をオセアニア・アジア等の国を旅しながら、仕事と遊びの垣根のないライフスタイルを送る。これまで訪れた国は50カ国を超える。

著書に「レバレッジシリーズ」をはじめ、『ノマドライフ 好きな場所に住んで自由に働くために、やっておくべきこと』、『なぜ、日本人シェフは世界で勝負できたのか』等があり、著書累計250万部を突破し、韓国・台湾・中国で翻訳版も発売。サンダーバード国際経営大学院経営学修士(MBA)、明治大学商学部産業
経営学科卒、(一社)日本ソムリエ協会認定ワインアドバイザー、アカデミー・デュ・ヴァン講師、明治大学・上智大学非常勤講師



■糸島市 登壇者 足立和久氏(ランサーズ取締役COO)

ランサーズ株式会社 取締役COO。 日本最大級のクラウドソーシングプラットフォーム「ランサーズ」において、 事業開発、事業戦略を担当。ランサーズ参画以前は、2012年よりグリー株式会社のマーケティング事業本部で 事業開発室長とデベロッパーリレーションズ部長を兼任。 2005年より楽天株式会社において楽天市場事業のECコンサルタント、事業戦略等を担当。


■福岡市 登壇者 山下龍二郎 氏(福岡市役所経済観光文化局)

福岡市役所経済観光文化局 創業・立地推進部 企業誘致課。
#FUKUOKA http://hash.city.fukuoka.lg.jp/news/archives/21




■北九州市 遠矢弘毅氏(北九州家守舎代表取締役)

1967年 鹿児島県生まれ。リクルート、会計事務所勤務を経、2006年財団法人北九州産業学術推進機構にてインキュベーションマネジャー。2010年フリースペースを併設したコミュニティカフェcafe causa開業。2012年株式会社ユナイトヴィジョンズ代表取締役就任。2014年株式会社北九州家守舎代表取締役、2015年株式会社あくねや取締役、株式会社タンガテーブル取締役。






■米田 智彦氏(モデレーター)ライフハッカー[日本版]」編集長

1973年福岡市生まれ。青山学院大学卒。

研究機関、出版社、ITベンチャー勤務を経て独立。編集者・ディレクターとして出版からウェブ、ソーシャルメディアを使ったキャンペーン、イベント企画まで多岐にわたる企画・編集・執筆・プロデュースを行う。2011年の約1年間、家財と定住所を持たずに東京という“都市をシェア”しながら旅するように暮らす生活実験「ノマド・トーキョー」を敢行。2013年、その内容をまとめた『僕らの時代のライフデザイン』(ダイヤモンド社)を出版。最新刊は『デジタルデトックスのすすめ 「つながり疲れ」を感じたら読む本』(PHP研究所)。2014年3月、「ライフハッカー[日本版]」編集長に就任。オルタナティブな働き方、暮らし方について取材、発信を続けている。


■村上萌(モデレーター)

NEXTWEEKEND代表
“次の週末に取り入れたい”をコンセプトに今より少し先の理想のライフスタイルを提案。プロデュースチームNEXTWEEKENDを主宰し、週末を楽しくするウェブサイトの運営を始め、サンドイッチ屋やイベント、その他空間や商品などのプロデュースを手がける。雑誌NEXTWEEKENDは10/2に発売






須賀大介 氏 (モデレーター)
福岡移住計画
株 式会社スマートデザインアソシエーション代表。移住交流推進機構元理事。地域プロデューサー。3年前に東京の会社を継続しながら、福岡市に家族で移住。福岡移住者をサポートする活動『福岡移住計画』を立ち上げる。http://fukuoka-ijyu.jp 他地域で島根、茨城などの活性化にも挑む。


■ 福岡移住計画について

福岡移住計画は、Iターンの実際の移住者と、その移住者をサポートした同士によって、福岡移住することで何が起きるのか?という、生の体験と、実験を下敷きにしながら、福岡の可能性を広げるための、さまざまなプロジェクトを実験的に生み出していくため、人×人、人×企業を結びつけ、活動している民間の任意団体です。

詳細はこちらのWebサイトにて

URL: http://fukuoka-ijyu.jp/

■プレスの方へ

取材ご希望の方は、福岡移住計画事務局まで(貴社媒体名、取材者のお名前を記載して以下メールまでご連絡ください)

info@fukuoka-ijyu.jp




Event Timeline
Updates
  • イベント詳細情報を更新しました。 Diff 2015-10-01 15:49:53
More updates
Sat Oct 3, 2015
6:30 PM - 9:30 PM JST
Add to Calendar
Venue
東京都港区 六本木6−10−1 六本木ヒルズ森タワー 会議室
Tickets
特別招待席
招待席
パブリックビューイング席(会場隣の会議室で見ます。交流会は入れます)

On sale until Sep 30, 2015, 6:30:00 PM

Venue Address
東京都港区 六本木6−10−1 六本木ヒルズ森タワー 会議室 Japan
Organizer
福岡移住計画
329 Followers
Attendees
139 / 140