Event is FINISHED

「ロボット法学会」設立準備研究会

ロボット法原則の提言に向けて
Description

たくさんの参加申込ありがとうございました。

満席となりましたので、締め切りさせていただきます。


参加費は無料となっております。

Peatixでの申込みを希望されない方は、お名前及び参加人数をご明記の上、info@robotlaw.jp までご連絡くださいますよう、よろしくお願いいたします。

*参加申込にあたって送信された個人情報は、ロボット法学会設立準備研究会の事務において必要な各種手続、ご案内及びご連絡等において利用します。

*メールでのお申込みも多数ございますので、peatix上の上限数を130とさせていただきました。メールでのお申し込み状況によっては、さらに減る可能性がございます。ご了承くださいますよう、よろしくお願いいたします。

以下、イベントの詳細となります。

【全体テーマ】ロボット法原則の提言に向けて

【趣旨】

l ロボットを活用し共生する社会を実現するための制度上の課題を研究し、来たるべきロボット共生社会に向けて必要な原則や指針や示し、産官学の情報交換の場を設け、技術と産業の発展および利用者保護に資する研究を行うことを目的とする。

l 学会設立準備研究会においては、今後の学会設立に向けた趣意説明を行い、「ロボットをとりまく人間の保護と責任」として法的課題を概観するとともに、「技術・産業発展と施策のあり方」について議論を行う。設立準備研究会を経て、発起人を募り、多くの方々の賛同を得て2016年度の学会設立を目指す。

【開催日】2015年10月11日(日)

【会場】 日本科学未来館7階イノベーションホール

【ウェブ】http://robotlaw.jp/

【プログラム】

10:00-10:05 開会挨拶

10:05-10:30 ロボット法学会設立の意義

10:30-12:30 パネルディスカッション1 「ロボットをとりまく人間の保護と責任」

<登壇予定者(敬称略)>

司会:新保 史生(慶應義塾大学)

   夏井 高人(明治大学)

   平野 (中央大学)

   小林 正啓(花水木法律事務所)

   赤坂 亮太(慶應義塾大学)

12:30-14:00 休憩

14:00-14:20 ビデオレター from We Robot:

      Woodrow Hartzog (Cumberland School of Law, Samford University)

14:20-14:50 ライトニングトーク

14:50-16:50 パネルディスカッション2 「ロボットの技術・産業発展と施策のあり方」

<登壇予定者(敬称略)>

司会:横澤 誠  (京都大学)

   佐脇 紀代志(経済産業省)

   東 博暢  (日本総合研究所)

   渡辺 智暁 (慶應義塾大学)

   工藤 郁子 (慶應義塾大学)


Event Timeline
Updates
  • イベント詳細情報を更新しました。 Diff 2015-10-03 15:49:15
More updates
Sun Oct 11, 2015
10:00 AM - 5:00 PM JST
Add to Calendar
Venue
Tickets
参加

On sale until Oct 10, 2015, 11:00:00 PM

Venue Address
東京都江東区青海2−3−6 Japan
Directions
新交通ゆりかもめ 「船の科学館駅」下車、徒歩約5分/「テレコムセンター駅」下車、徒歩約4分
Organizer
ロボット法学会設立準備研究会事務局
142 Followers