Event is FINISHED

あなたも地球もハッピーになる「教える力」10倍アップ特別講座

なぜ女性で小柄の私に内戦をしてきた軍人の人たちが耳を傾けてくれるのか?
Description

なぜ繊細さも内向的であることも「武器」になるのか?

あなたの弱みは強みだったら?

人は正論では動かされなかったら何で動かされるのか?


想像してください。

もしもあなたが軍人に「教える」ことになったら?

内戦をしてきた国の軍人です。

イラク派遣から戻ってきたばかりの人もいます。


私には軍人経験のかけらもないし、

重い装備も担げないし、

多分10分でリタイアしてしまうと思います。


それなのに、気がつけば、最初は死んだような目をしていた彼らがいつの間に輝いているのです。


そして、私の講義の後、彼らはこう言ったのです。


「長年軍隊にいて葛藤があったけど、『人間』らしくあることを自分に求めていいんだって思った。」


「国に戻ったらこんなこと言えないけど、僕はずっと『反政府勢力』ともっと対話をするべきだって思ってたんだ。」


「僕は2回目のイラク派遣で、ようやく『敵』も人間だって気づいた。僕たちは敵だって人間として扱うべきなんだ。」


そして、米軍の将軍級(General)の最高司令官の人が、実はこんなこともあってね。。。と、深い体験を語りだすのです。


それだけではありません、私は、たった3分話しただけで国連特使に世界的なプログラムの講師としてスカウトされたのです。


私は実践の中で学んでいたのです。「人の前に立つ」「教える」ためには何が大切なのかということを。


そして、気づいたのです。

これこそ日本人が得意なことなのではないか?と。


今日本人こそ世界に求められているリーダー像の一つではないか?と。


そんな私ですが、スピーチやプレゼンがとても苦手でした。講師やリーダーといった立場も避けてきました。


大学のスピーチの授業では咳が止まらなくなり、親に「国連で働きたい」って言ったら、「そんなバカなこと言わないの」と叱られてメチャクチャ凹んだのでした。


私よりも優秀な人たちは何人もいたのですが、私には粘り強さという強みがあったのだと思います。


2001年に国連の平和支援の一員として東ティモールに派遣されたのです。

選挙支援の仕事でした。村々を一つ一つ周って人口を調べ選挙名簿を作るのでする。体力の要る仕事でしたが夢中で仕事をしました。


その後、試験には何度も落ちたものの、導かれるように道が拓き、ニューヨーク国連本部を経て、志願して国連の平和支援の最前線であった南スーダンに派遣されました。そして、多国籍チームのリーダーに抜擢されたのです。


「わたしに務まるんだろうか?」という思いの中で、わたしの肩を押してくれたのは上司の応援と南スーダンの現状に触れる中で募っていた「私ならもっとこうするのに」という想いでした。


それは思った以上の難関でした。アフリカ、アジア、アメリカ等国籍がばらばらの人たちが突然何もない南スーダンに召集され一緒にチームを組むことになるのです。しかも、紛争が終わったばかりの南スーダンです。住居もシャワーも整っていない極めてストレスレベルが極度に高い中での生活と勤務です。


会議では全員がストレスを発散するように自己主張を始め、メールも山のように貯まる一方。すぐにこのままでは燃え尽きるのは時間の問題だと気付きました。


さて、身体が強いわけでもない、体力があるわけでもない私は考えました。その私がこの灼熱の南スーダンで生き延びてこの職務を果たすためには、リーダーがやるたった一つのことはいったい何なんだろう?と。


試行錯誤の毎日。正直分からないから、メンバーが求めているもの、政府の人たちが求めているものを理解することから始めようと思いました。時には知事や大佐、敵対する人達同士が言うことにも耳を傾けました。


その中で、それ自体が私の大きな強みであることを発見していきました。争いの根が深いと言われたスーダンでさえ、個人レベルでは争い合う人の間で信頼関係が生まれることを体験したのです。


争いのある環境だからこそ、人は理解されることを切実に求めている。私は繊細で感じる力があるからこそ争う人たちが何を求めているのかが分かった。


そして、内向的であるからこそ、その場で起きていることを観察でき、答えのない状態や不確実性 (uncertainty) をホールドできる力があったこと。


それは、頭の中がパっ

Event Timeline
Thu Sep 17, 2015
1:00 PM - 4:30 PM JST
Add to Calendar
Venue
Tickets
一般 ¥15,000
Venue Address
東京都品川区小山3−27−5 Japan
Directions
武蔵小山駅(南北線・三田線・目黒線)より徒歩1分
Organizer
Sandra Sweetman
2 Followers