Event is FINISHED

SYNAPSE Salon #3 グレッグ・イーガン著『ゼンデギ』を語る会――コンピュータ上に「私」を残す

Description
当代屈指の SF 作家、グレッグ・イーガンをご存知でしょうか。

数学のバックグラウンドを持つイーガンは、宇宙論からナノテクノロジー、量子論や認知科学にいたるまで、最先端科学の知見を入念に作品に取り入れる「ハード SF 作家」としての異彩を放ちながら、現代のわたしたちの社会通念や生命倫理、そして知覚に深い問いを投げかけています。

そして、今年日本でも翻訳版が刊行された最新作『ゼンデギ』では、VR(仮想現実)システムや人工知能を題材に、「コンピュータ上に人間のコピーをつくる」ことがテーマとなっています。

息子のために、自分自身をコンピュータ上に遺そうと考える主人公が取った行動から、わたしたちは何を読み解くことができるでしょうか?

今回は、邦訳版のカバーイラストを担当したデザイナーの小阪淳さんと、イーガン作品を愛する神経科学の研究者、田尾賢太郎さんとともに、たくさんの問いに満ちた『ゼンデギ』を読み解いていきます。(タイトル CG: 小阪淳)


・日時 9月26日(土)16:30~18:30(開場16:00)

・場所 ダーウィンルーム 2階ラボ
東京都世田谷区代沢 5-31-8 下北沢駅南口徒歩5分) 


・登壇者

小阪淳(デザイナー、『ゼンデギ』表紙イラスト担当)

19942000年まで SF マガジン(早川書房)装画を担当。 2000年から朝日新聞にてビジュアル連載をはじめる。文化庁メディア芸術祭 審査委員会推薦作品。2006年、Sony Explora Science(北京)に4作品常設。 同年より、文部科学省「一家に一枚宇宙図 2007」制作に参加。2007年、カンヌ国際広告祭 2007 Cyber Lions 銅賞受賞。2010年、東京書籍『宇宙に恋する10のレッスン』出版(共著)、2011年、高岡市市場再開発プロポーザル。2011年東京都写真美術館「映像をめぐる冒険 vol. 4 見えない世界のみつめ方」参加。

田尾賢太郎(システム神経生理学/理化学研究所)

1985年、徳島県生まれ。2008京大学学部卒2013京大学大学院学系研究科卒。博士(学)。 2010〜2013年まで日本学術振興会特別研究員(DC1)、2013年より独立行政法人理化学研究所科学合研究センタBSI)研究 在学中の主な研究テーマは神経細胞の活動依存的な形態形成。現在は脳におけるドーパミンの機能について研究している。

・主催

SYNAPSE Lab.

住田朋久・菅野康太・飯島和樹・おかべしょうた・塚田有那)


・参加費 1000円(要事前予約)

・お問い合わせ info@synapse-academicgroove.com


・参考

小阪淳さん、田尾賢太郎さんは SYNAPSE 企画による IMA での連続トークイベント「写真とサイエンス―視野を拡張するビジュアル表現―」にも出演されています(SYNODOS でのイベント・レポート

早川書房 グレッグ・イーガンの新作『ゼンデギ』登場! (2015/06/22)

Greg Egan’s Home Page

Event Timeline
Updates
  • イベント詳細情報を更新しました。 Diff 2015-09-10 00:03:25
More updates
Sat Sep 26, 2015
4:00 PM - 6:30 PM JST
Add to Calendar
Venue
Tickets
一般席 ¥1,000

On sale until Sep 25, 2015, 11:59:00 PM

Venue Address
〒155-0032 東京都世田谷区代沢 5-31-8 Japan
Organizer
SYNAPSE
33 Followers
Attendees
30 / 50