Event is FINISHED

「みんなの街」をデザインする from ポートランド

Description
常に”全米で最も住んでみたい都市”に選ばれる街ポートランド。その街の魅力は行政でも企業でもなく住民自身が作っています。一体どんな人が中心にいるのでしょうか?オレゴン州ポートランドのCity Repair Projectの共同 創業者である Mark Lakemanさんはまさにその張本人です。

「プロジェクトに人々をどう巻き込んでいくのか」
自分が望むコミュニティを自分たちの手で想像すること、をテーマにCiti Repairプロジェクトは人々が集う場づくりを住民の手で創りだす活動をおこなってきました。
http://tokyourbanpermaculture.blogspot.jp/
http://tabizine.jp/2015/05/08/35954/

クリエイティブで楽しい方法をどのように考えだし、変革についての価値やビジョンをどう住民と共有するか。違法行為として案を却下していた行政さえも味方に巻き込んでいった、その考え方や手法を実際に「体験」してみるトークイベントとワークショップです。

▼日時:2015年9月29日(火)
 トークイベント 10:30〜12:00
「楽しくクリエイティブな手法でみんなの場所を創り出す
 ワークショップ 13:00〜15:00
「交差点リペアワークショップ」
▼会場:自由大学
▼出演:公演&ワークショップ:
    MarkLakeman氏
    ファシリテーター・ソーヤー海氏
▼お申込み:Peatix にて先着順
トーク30名 2,000円
ワークショップ20名 5,800円
両方の参加 7,000円  
▼当日の持ち物(ワークショップ参加用)
・はさみ
・のり
・折り紙 or 色紙

▼その他情報:
City Repairをより理解できるよう、ソーヤー海さんがパーマカルチャーの基礎や見えない構造(政治、経済、文化など)について学ぶ講義を行います。受講
申込みは自由大学ウェブページより受け付けています。
「実践!アーバンパーマカルチャー」 
https://freedom-univ.com/lecture/urbanparmaculture.html

▼内容
無機質な交差点を”通過する場所”から”温かみのある交流の場所” へ造り替えたい、CityRepairでは住民を巻き込みゲリラ的に交差点に大きな絵を描くというプロジェクトを敢行しました。違法行為とされるスタートでしたが犯罪率の低下など街の治安が改善し、今では行政に推進される活動となっています。

お役所や関係者・近隣住民の合意をとるために時間をかけプロジェクトが迷走する、そんなアプローチからどうすれば抜け出せるかのヒントがあふれています。

前半のトークイベントでは、変革に対する価値やビジョンを共有し、受け身だった住民にも勇気を与え、最後には行政さえも巻き込んでいった「プロジェクトに人々をどう巻き込んでいくのか」をファシリテーター・ソーヤー海さんが参加者と一緒に読み解いていきます。

後半のワークショップでは、実際にCity Repair が行ってきた活動をもとに考案された「交差点リペアワークショップ」を通して、自分がプロジェクトを起こす時にどのように人を巻き込んでいくか、story-tellingの重要さを体感することになるワークショップを開催。クリエイティブで楽しい方法であなたの身近な場所を少しずつ変えていく、その考え方を共有するワークショップです。
Event Timeline
Updates
  • イベント詳細情報を更新しました。 Diff 2015-09-28 08:09:44
More updates
Tue Sep 29, 2015
10:30 AM - 3:00 PM JST
Add to Calendar
Venue
自由大学
Tickets
トークイベント ¥2,000
両方参加 ¥7,000
Venue Address
東京都港区南青山3-13 Japan
Directions
○電車の場合: 東京メトロ表参道駅A4出口から国道246号を外苑方面へ徒歩1分 港区立表参道駅前駐輪場の隣です。
Organizer
自由大学
201 Followers