Event is FINISHED

はじまりのはじまりー80年代後半からの新たな動向の目撃者の証言

中村政人個展「明るい絶望」関連イベント
Description
[ シリーズ・検証、中村政人の視線 その1 ]
1989年-94年当時の日本のアートシーンを知る関係者を迎え考察


90年代前半のアートシーンを検証し、現在と未来のアートのあり方を考察するためのトークシリーズ。
当時中村と共に活動した作家、批評家、ギャラリスト等、多彩なゲストを登壇者としてお迎えします。

[ 展覧会詳細は、中村政人個展「明るい絶望」特設サイトにてご覧ください ]

======


「はじまりのはじまり ー80年代後半からの新たな動向の目撃者の証言」


 会場:3331 Arts Chiyoda 1階 ラウンジ


 出演/村田真(美術ジャーナリスト)× 中村政人(アーティスト)


 聞き手/中ザワヒデキ(美術家)


初回は美術ジャーナリストの村田真氏をゲストに迎え、美術家の中ザワヒデキ氏をまじえて80年代後半、主に東京での現代アートシーンを検証していきます。

中村政人の本格的なデビュー前、ひとつ上の世代による現代アートシーンの形成期から、90年代初頭のまったく新たな動向の誕生までを目の当たりにしてきたジャーナリストの視点により、中村政人と東京アートシーンを振り返ります。

      ▲ザ・ギンブラート 1993 年 東京 ©Masato Nakamura

      ▲中ザワヒデキ 1992 年 東京 ©Masato Nakamura

床屋マーク/原宿 ©Masato Nakamura

 《出演者プロフィール》

村田真(美術ジャーナリスト)
1954年、東京生まれ。ぴあ編集部を経てフリーランスの美術ジャーナリスト。著書に『美術家になるには』『アートのみかた』、共著に『社会とアートのえんむすび』『日本の20世紀芸術』など。東京造形大学、慶応義塾大学、実践女子大学非常勤講師、BankARTスクール校長を務める。


中村政人(アーティスト)

1963年生まれ。アーティスト。東京藝術大学絵画科准教授。「美術と社会」「美術と教育」との関わりをテーマに様々なアート・プロジェクトを進める。2010年6月よりアーティスト主導、民設民営のアートセンター「アーツ千 3331」を立ち上げる。平成22年芸術選奨受賞。2011年より震災復興支援「わわプロジェクト」、2012年より東京・神田のまちの創造力を高めるプロジェクト「トランスアーツトーキョー」を始動。


中ザワヒデキ(美術家)
日本人男性美術家。1963年新潟県生まれ。千葉大学医学部卒。
1983-1989年:アクリル画。1990-1996年:バカCG。
1997-2005年:方法絵画。2006年- :本格絵画、新・方法、他。
宣言「方法主義宣言」「新・方法主義宣言」。著書「近代美術史テキスト」「西洋画人列伝」「現代美術史日本篇1945-2014」。特許「三次元グラフィックス編集装置」「造形装置および方法」。CD「中ザワヒデキ音楽作品集」。

Event Timeline
Updates
  • イベント詳細情報を更新しました。 Diff 2015-09-07 06:38:02
Sat Oct 10, 2015
3:00 PM - 5:00 PM JST
Add to Calendar
Venue
3331 Arts Chiyoda
Tickets
一般 ¥1,200
学生 ¥800
Venue Address
東京都千代田区外神田6-11-14 Japan
Organizer
3331 Arts Chiyoda
968 Followers
Attendees
14 / 45