Event is FINISHED

Alma DEUTSCHER Tokyo Debut Concert #1

ヴェンツェル フックス クラリネットセレナーデ シャンパンコンサート
Description

In Britain

“Child prodigy Alma Deutscher appeared on stage to give an unbelievably assured introduction to her ‘Dance of the Solent Mermaids.’ The work could easily have been mistaken for one of a great classical composer, but even at her tender age she stamped her personality on every note. Needless to say, the reception from the crowd was rapturous.”

– Lymington Times, 26 September 2014


In Israël

“If someone had accidentally entered the first half of the opening concert, he would no doubt have assumed that the piano trio was composed by a major composer, probably Viennese, from the early years of the nineteenth century. The participation of the little violinist Alma Deutscher, playing with captivating sound, would have perhaps surprised him a little, but would not have challenged the stylistic identification. But no, it turns out that Deutscher, in a wondrous display of stylistic understanding and taste, composed the trio herself. And before it she played, this time on the piano, a sonata that she wrote as well, here in 18th century style.”

– Haaretz, 31 July 2013


In Spain

“Alma Deutscher came onto the stage with a violin in her hands and her face lit up with happiness, airily radiant as a cloud. Alma started to play her little 200 year old Italian violin as if by a magic art. It’s truly incredible that the two movements of her violin concerto, which she premièred in Oviedo, and the Dance of the Solent Mermaids, are so accomplished. (We) were stunned by her playing. All children have a soul. Alma, in addition, has a soul for the stage (in Spanish: alma means ‘soul’). She was born with it.”

– La Nueva España, 25 January 2015


Alma Deutscher (Born in 2005)

Born in Basingstoke, Alma Deutsche lives with her family in Dorking, Surrey, England. Already capturing world attention as a violinist, pianist and composer, she completed her first major composition at the age of 7, the opera “The Sweeper of Dreams,” which has been highly commended by the English National Opera. She is now working on a full length opera based on the Cinderella story. Among her early works are a piano sonata and movements for a violin sonata, viola sonata, piano trio, string quartet, and songs.

In preparation for her coming performance with the Israël Philharmonic she played for Zubin Mehta, who called her “an angel.” She began composition of the violin concerto last year, and is currently sketching the piano concerto to be performed in Tokyo.

Tokyo Sinfonia & Robert Rÿker

Lauded as the most exciting orchestra in Japan, the Tokyo Sinfonia is unique in the world. Personable, flexible and delightfully creative, is is distinguished by rich sound, lively expression, and friendly rapport with the audience. Emboding the warmth and immediacy of Robert Rÿker’s affectionate approach to music, it has won much praise for the imaginative programming and inviting presentation of its hugely enjoyable events.

Maestro Rÿker has conducted the Tokyo Sinfonia in over 100 concerts, founded orchestras in three nations, served as music director, principal conductor or music advisor of 10 orchestras and opera companies around the world, and appeared in over 50 cities on four continents.

イギリスにて

神童アルマ・ドイチャーはステージに登場すると、信じられないほどしっかりと、自身の作曲による「ソルネットマーメイドのダンス」について話し始めた。古典派の作曲家の作品と容易に間違えられるような出来栄えであり、子どもながら、どの音符にも個性が刻印されている。言うまでもなく、聴衆には熱狂的に受入れられた。

2014926 - Lymington Times 評論


イスラエルにて

もし誰かが、偶然にコンサート会場に足を踏み入れて演奏を聴いたとしたら、そのピアノ三重奏曲は、たぶん19世紀初期のウィーンの主要な作曲家の作品だと思うだろう。小さく愛らしいアルマ・ドイチャーがヴァイオリンを演奏しているのに少し驚くかもしれないが、その時期の作品だと信じるだろう。ところが違う。アルマ自身が、三重奏曲を自分で作曲したというのだ。様式を理解し、個性も生かして。そしてさらに、やはり自分で作曲した18世紀様式の曲を、今度はピアノで演奏したのだ。

2013731 - Haaretz 評論


スペインにて

アルマ・ドイチャーはヴァイオリンを手にステージに登場し、その顔は雲のように軽やかに明るく、幸せに輝いていた。アルマは200年前のイタリア製の小さなヴァイオリンを、まるでマジックのように弾き始めた。オヴィエドにて初演されたヴァイオリン協奏曲の2つの楽章とソルネットマーメイドのダンスをアルマが作曲したのはまったく驚異的であり、聴衆はアルマの演奏の素晴しさに忽然とした。すべての子どもたちが魂を持っているが、アルマはさらに、ステージのための魂も持っている(スペイン語でAlmaは魂の意味)。天性の才能である。

2015年1月25 - La Nueva España 評論


アルマ・ドイチャー(2005年生れ

ベイジングストークに生れ、家族と共にイギリスのサリー、ドーキングに住む。ヴァイオリニスト、ピアニスト、作曲家として、既に世界的注目を集め、7歳で最初の曲「ドリーム スウィーパー」を作曲し、英国国立オペラより高く賞賛される。現在はシンデレラの物語に基づくオペラを創作中である。早期の作品には、ピアノソナタ、ヴァイオリンソナタの一部の楽章、ヴィオラソナタ、ピアノ三重奏、弦楽四重奏、歌曲がある。

イスラエル・フィルとの共演の準備として、ズビン・メータの前で演奏したところ、メータをして「天使」と呼ばせた。昨年、ヴァイオリン協奏曲の作曲を始め、東京で演奏するために現在はピアノ協奏曲を作曲中。

東京シンフォニア ロバート・ライカー

東京シンフォニアは、イマジネーション溢れるプログラム構成で、ステージと観客との距離が近いアットホームな雰囲気のコンサートが好評の室内オーケストラ。あたたかい音色、いきいきとした表現力を大切にし、オーケストラは大きいサイズの室内楽、メンバー全員がソリストをモットーとする。王子ホール、シャネルネクサスホール、新生ホール、ロシア大使館大ホール、東京メソニックセンター、日本外国特派員協会、名古屋、横浜、仙台などで演奏活動を行う。

ロバート・ライカーは、数少ない個性豊かな優れた音楽家と評され、100回以上の東京シンフォニアコンサートを指揮。4大陸50都市以上で音楽活動、3つの国でオーケストラを創設。指揮する音楽は、バランスの良さ、繊細なペース、深い表現力で高く賞賛される。

終演後は出演者と一緒にシャンパンタイム
(Followed by post-performance champagne reception)

開演 19:00、 開場 18:30
CONCERT START TIME : 19:00 <> DOORS OPEN from : 18:30

PROGRAM:

Dance of the Solnet Mermaids (Deutscher)

Concerto for Violin & Strings (Deutscher) - Violin solo, Alma Deutscher

Overture to Cinderella (Deutscher)

Concerto for Piano & Strings (Deutscher) - Piano solo, Alma Deutscher


TICKETS / INFORMATION
料金: (コンサート&シャンパンタイム)
1名 6,000円 2名以上のグループの場合 1名 5,500円
1学生 3,000円

Tickets: Single ¥6,000; Group ¥5,500 each; Student ¥3,000

お支払いはクレジットカードまたはペイパルで
(右側の「チケットを申し込む」ボタンをクリック)
Buy your tickets on-line using credit card / Pay Pal
(Click the BUY TICKETS button on right side bar of this page)

または、メールまたはお電話で
or
contact us directly by -
Email : tickets@tokyosinfonia.com or Phone : (03) 3588 0738

Event Timeline
Wed Oct 14, 2015
7:00 PM - 9:30 PM JST
Add to Calendar
Venue
銀座 王子ホール Oji Hall, Ginza
Tickets
Single ¥6,000
Group (2 or more persons) ¥5,500
Student ¥3,000

On sale until Sep 15, 2015, 5:00:00 PM

Venue Address
東京都中央区銀座4丁目7番5号  Japan
Directions
●JR 有楽町駅下車・ 銀座口から徒歩7分
●地下鉄 銀座駅下車・A12出口から徒歩1分
●地下鉄 銀座一丁目駅下車・9出口より徒歩5分
●地下鉄 東銀座駅下車・A2出口から徒歩2分
Organizer
東京シンフォニア Tokyo Sinfonia
232 Followers