Event is FINISHED

ドキュメンタリーマガジン「neoneo」5号刊行記念 敗戦70年亀井文夫『日本の悲劇』『戦ふ兵隊』上映会+トーク

『日本の悲劇』18:15開場/18:30上映開始/『戦ふ兵隊』+トーク19:15開場/19:25上映開始
Description

「neoneo」5号刊行記念トークセッション

トーク出演:阿部隆(日本ドキュメント・フィルム)×neoneo編集委員ズ(金子遊、吉田孝行、若林良)

※ドキュメンタリーマガジン「neoneo」5号とバックナンバー、亀井文夫関連作品のDVD販売あり
※イベント終了後、近隣で打ち上げあり




『日本の悲劇』(1946年/39分)
監督:亀井文夫
出演:ドキュメンタリー 製作国:日本 音声:日本語

なぜ、日本は破滅の道に突き進んでいったのか
「侵略行為」を問う亀井の野心的実験作


1945年8月、日本は近代史上最悪とも言える歴史的な敗戦を喫した。なぜ、日本は勝てる見込みのない戦争に踏み込み、数え切れないほど多くの生命を奪う/失うこととなったのか。亀井文夫が日本の“侵略”行為を、さまざまなニュース映像を再編集することであらためて振り返ったドキュメンタリー。ラスト、昭和天皇が軍服姿から制服姿へとオーバーラップするシーンは圧巻で、公開後1週間でフィルムが没収・上映禁止とされた問題作。



『戦ふ兵隊』(1939年/66分)
監督:亀井文夫
出演:ドキュメンタリー 製作国:日本 字幕:日本語 音声:日本語

戦禍における人間の普遍性に焦点を当てた
戦争ドキュメンタリーの原点であり最高峰


日中戦争における戦意高揚を目的として、陸軍からの要請により制作された「プロパガンダ映画」のはずが、出来上がったのは映画史上特筆すべき「反戦映画」であり、またドキュメンタリーとしての魅惑に満ちた作品だった。亀井文夫は兵士の勇猛さではなく、兵士たちの人間性や、中国人の悲しみを徹底的に見据え続ける。検閲により上映不許可となり、長く幻の作品となっていた「亀井の原点」であり最高傑作。
Event Timeline
Sat Sep 5, 2015
6:00 PM - 9:00 PM JST
Add to Calendar
Venue
アップリンク・ファクトリー
Tickets
『日本の悲劇』一般・自由席 ¥1,200
『日本の悲劇』アップリンク会員、neoneo5号持参か購入 ¥1,000
『戦ふ兵隊』+トーク/一般・自由席 ¥1,500
『戦ふ兵隊』+トーク/アップリンク会員、neoneo5号持参か購入 ¥1,200

On sale until Sep 5, 2015, 12:00:00 AM

Venue Address
渋谷区宇田川町37‐18トツネビル1F Japan
Organizer
UPLINK
5,584 Followers