Event is FINISHED

オランダ・ドイツ・スイス 近代建築の流れをたどる旅

Description

近代建築の歴史を遡ると、オランダのデ・スティルとドイツのバウハウスのふたつの大きな流れにたどりつきます。そしてル・コルビュジエの生まれたスイス。この3つの国の建築デザインはその後もそれぞれに発展をつづけ、レム・コールハース、ヘルツォーク&ド・ムーロン、ピーター・ズントーら、世界中から注目される建築家を輩出しています。

このレクチャーでは、各国の建築の紹介をしながら、それぞれの歴史をふまえて、各時代の特徴、気候風土や地域性との関係についてお話しします。あわせて、具体的な旅のルートや旅の計画を立てる時に、建築物見学などの調べ方も伝授!1988年から今夏まで、計7回の3か国滞在経験から選りすぐりの情報が満載です。


オランダ・ドイツ・スイス 近代建築の流れをたどる旅

2015年9月19日(土)17:00 – 19:00 ※16:40受付開始

定員15名 ¥1000+1drink 当日¥1500+1drink

持ち物:筆記用具

※当日はレクチャーを聞きながらお召し上がり頂ける、ドイツのビールやフードをご用意しております。当日の受付にてオーダーできますので、ぜひ、ワールドミュージックとともに味覚の旅もお楽しみください。


フード提供店は本場のドイツ料理が楽しめるお店JJ's GRILL & CAFEさんです。

http://jjsgrillcafebar.web.fc2.com/


お申し込み前に必ずお読みください → BOOKING & CANCEL POLICY

※ご来場いただいた方から順にお好きなお席に着席いただいております。

※定員に達した場合、お席のみ(テーブルなし)でよければご用意できる場合がございます。ご希望の方はスタッフまでお問い合わせください。


SAAでは他にも様々な国にまつわるイベントを開催しております。お気軽に参加ください。

http://saa-studio.com/


講師プロフィール:下坂浩和/建築家(しもさかひろかず) 

1965年生まれ。1990年シアトルのワシントン大学留学の後、1991年神戸大学大学院修了。同時に設計事務所に勤務。主な担当作品に龍谷ミュージアム(2010年)、宇治市源氏物語ミュージアム(1988年)、六甲中学校・高等学校本館(2013年)ほか。2010年以降、国内プロジェクトと並行して中国、ベトナム、サウジアラビアなどの海外プロジェクトも担当。ほぼ毎年、休暇を利用してミュージアムと建築めぐりの旅を楽しんでいる。

Event Timeline
Updates
  • イベント詳細情報を更新しました。 Diff 2015-09-09 07:37:42
More updates
Sat Sep 19, 2015
5:00 PM - 7:00 PM JST
Add to Calendar
Venue
SAA
Tickets
前売りチケット(1drinkは会場にてお支払いください。) ¥1,000
事前予約チケット(1500円と1drinkは会場にてお支払いください。)
Venue Address
大阪市西区江戸堀1-16-32 1F Japan
Directions
地下鉄四つ橋線・肥後橋駅 9番出口より徒歩1分
Organizer
SAA-STUDIO
241 Followers