Event is FINISHED

研究者メディア懇親会

Description

2012年末にiPS細胞で山中伸弥教授がノーベル賞を受賞したあと、森口事件などドタバタがあり、科学メディアの誤報や修正の弱さなどなど、つい最近のSTAP事件にも繋がる脆弱さについてSNS上でさまざま議論が起こったわけですが、これは、普段から研究者とメディアの接点が少なく付き合いが薄いために当たり前の情報共有がされていない為なのではないか、要するにもっと普段から一献傾ける、即ち飲み会をすべきでは無いか、と京大のえふわらとKADOKAWAの玉置がTwitterで盛り上がった上始めたのがこの会です!

2012年末に京都で第一回が開催されてから、大阪、東京を含め10回弱ほど催されてきました。ここ3回ほどはせっかくの集まりだから研究者とメディア側からプレゼンターを立ててショートプレゼンを楽しもうということになり、この度、初めて会費も集めて、登壇者にも多少還元しながら楽しくやっていこうというのが趣旨であります。

登壇者は研究者側が菊池康紀さん、大関真之さん

メディア側が安西洋之さん、伊藤カズユキさん

となります。

プレゼンのあと、懇親会も用意する予定なので「飲み会も行くよ」という方は、下記の参加方法を確認して、チケットをお申し込みください。

では、よろしくお願いします!

KADOKAWA 玉置泰紀

京都大学 藤原幸一

■内容

[A 登壇者によるプレゼン]

18:30~

[B 懇親会]

21:30~

■参加方法・実費について

Peatixでのチケット申込・価格はどちらも[無料]となっていますが、

それぞれ以下の参加費を会場にて頂戴いたします。

[A 登壇者によるプレゼン] 参加費 1,000円

[B 懇親会] 会場にて、別途懇親会の実費を頂戴いたします。


[A 登壇者によるプレゼン]と、[B 懇親会]の参加チケットがございますので
両方参加される方は[A]と[B]のチケットをお申し込みください。


■登壇者

安西洋之/ビジネスプランナー
横浜生まれ。上智大学文学部仏文科卒業後、いすゞ自動車勤務。その後、ミラノと東京を拠点にビジネスプランナーとして活動。自動車、インダストリアルデザイン、ユーザーインタフェース、IT、電子部品、食品、素材、文化論等、全方位に関与。著書に『世界の伸びている中小・ベンチャー企業は何を考えているのか?』(クロスメディア・パブリッシング)、『ヨーロッパの目、日本の目』(日本評論社)、『「マルちゃん」はなぜメキシコの国民食になったのか?』(共著、日経BP社)。
ローカリゼーションマップ
http://www.localizationmap.com/
さまざまなデザイン ―ヨーロッパの目、日本の目―
http://milano.metrocs.jp/
▼プレゼン内容
「ミラノ万博とローカリゼーション」



伊藤カズユキ/KISSonix代表、作曲家・アレンジャー・立体音響3D空間プロデューサー・発明家
1982年にレコード会社「ワーナー・パイオニア(現ワーナー・ミュージック)」にアーティストとしてスカウトされ、プロ作曲家活動を開始。レコーディングエンジニアとしての才にも恵まれ、作家活動の傍ら音響機器メーカー「ティアック株式会社」のプロユースレコーディング機器ブランド「TASCAM」の開発アドバイザー兼インストラクターを務め、音響技術の開発に携わる。
プレゼン内容
「独自に開発したKISSonix3Dサウンド、あらゆるステレオ音声再生環境を、2スピーカーだけで5.1chサラウンドのような3Dサウンド(立体音響空間)に変える立体音響(3Dサウンド)エンコードシステムのハードウェア・ソフトウェア開発、およびそれを使った3Dサウンドエンコード事業、よい音へのこだわりについて」


菊池康紀 / 東京大学「プラチナ社会」総括寄付講座・特任講師
2009年3月東京大学大学院工学系研究科化学システム工学専攻にて博士課程修了、 博士(工学)。同専攻助教を経て、2012年4月より現職。専門は、プロセスシステム工学、知識の構造化。2013年より九州大学 カーボンニュートラル・エネルギー国際研究所 (I2CNER)・訪問研究者、2013年より千葉大学 環境健康フィールド科学センター・客員准教授、2014年より科学技術振興機構 研究開発戦略センター・特任フェローを兼任。UNEP/SETAC Life Cycle InitiativeやUNEP IRPのWGメンバーも務め、2015年から西之表市地方創生審議会アドバイザー、南種子町地方創生推進委員会委員を兼任している。
プレゼン内容
「自治体、地域企業と大学が連携した共同PJにおけるメディアへの期待」



大関真之/京都大学大学院情報学研究科システム科学専攻・助教
自由気侭な研究者。1982年生まれ。大学院修士課程在学中より駿台予備学校物理科講師で教壇に立ちながら、理論物理の計算に没頭。
2008年東京工業大学大学院物性物理学専攻博士課程修了。
2010年より京都大学大学院情報学研究科システム科学専攻助教。
2011年から約1年間イタリアローマ大学にて在外研究活動に従事。
そのときのイタリア生活奮闘記が自身のHP上で読めるとか。
[HP] http://www-adsys.sys.i.kyoto-u.ac.jp/mohzeki/index.html
[イタリア生活奮闘記] http://www-adsys.sys.i.kyoto-u.ac.jp/mohzeki/Publish/Italy.html
プレゼン内容
「ボルツマン機械学習によるカンニング検出技術 ~君の側にある身近な最新技術~」


問い合わせ:玉置泰紀(KADOKAWA)

tamaki-y@kadokawa.jp

Event Timeline
Updates
  • イベント詳細情報を更新しました。 Diff 2015-08-07 02:04:07
More updates
Fri Aug 21, 2015
6:30 PM - 9:30 PM JST
Add to Calendar
Venue
東京都千代田区五番町3-1 五番町グランドビル1F セミナールームA
Tickets
[A]8/21(金)研究者メディア懇親会 登壇者によるプレゼン
[B]8/21(金)研究者メディア懇親会 懇親会参加
Venue Address
東京都千代田区五番町3-1 五番町グランドビル1F Japan
Directions
東京メトロ「市ヶ谷駅」(有楽町線・南北線) 都営地下鉄「市ヶ谷駅」(新宿線) ・・・3番出口より徒歩1分/JR総武線「市ヶ谷駅」より 徒歩1分
Organizer
エンタテインメント街づくり研究会
139 Followers